LOGIN

2019年中禅寺湖釣行レポート

湖は戦略の釣りだと痛感!

杉浦雄三=写真と文

この記事では、フィッシングガイドでもある杉浦雄三さんが釣行をレポート。
主に長野県や岐阜県の本流の状況をほぼリアルタイムでポイントマップとともに紹介していきます。
ですが、今回は栃木県・中禅寺湖への釣行。
湖の釣りは初心者同然の杉浦さん。学ぶことが多かったようです。


《Profile》
杉浦 雄三(すぎうら・ゆうぞう) 愛知県高浜市でフライフィッシングのトータルサポートを行なう「TEAL」を運営。クロダイをねらう海のサイトフィッシングも得意だが、犀川、高原川、宮川など中部地方の本流釣りにも詳しい。ここ数年はカナダに足を運び、スティールヘッドをねらって腕を磨いている
●TEAL www.teal-flyfishing.com/

2019年4月23日と24日に栃木県の日光市にある中禅寺湖に行ってきました。

私のような中部地方在住の人間にとっては、本当に遠い存在ですが、釣れているという話が続々入ってくるので、昨年20年ぶりに中禅寺湖へ足を運びました。

私の自宅から中禅寺湖まではおよそ6時間。20年前は3日間やって、小さいニジマスを1尾釣るのが精一杯でしたが、去年は2回の釣行でレイクトラウト9尾。ブラウントラウト1尾という結果。とても楽しい経験ができました。

そこで今年も同じ時期、ティムコの嶋崎了さん、地元の山越大樹さんに付き合ってもらい、遊びに行きました。

中禅寺湖。本州では、湖の釣りの中心地といってもよいかもしれません。

そして今年は、去年も釣行の際にアドバイスをもらった湖フライフィッシングのエキスパート、キャプチュードの山口直哉さんも一緒です。山口さんのことは、FlyFisherの読者のみなさんならご存知だと思います。




山口さんのようなエキスパートが釣り方やフライそしてタックルなどを色々と雑誌やDVDなどで公開することで私みたいに湖素人にも釣れるチャンスがグッと上がったのも事実です。


中禅寺湖のポイントは大きく分けて山側と国道側と2つに分けられていて、我々は初日、ここ数日間実績の高いポイントへ入ることになりました。


※この記事は、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。



2019/5/2

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2019年6月号 Early Summer

特集
侃々諤々 フライキャスティング論

フライフィッシャーにとって、フライキャスティングは永遠の課題、といってよいでしょう。「シングルハンドのキャスティング」だけ取り上げても、そのスタイルと考え方の多様さに舌を巻きます。つまり、「いろんな人がいろんなことを言っている」という状態に、見えます。ですが、本当にそうでしょうか? 今号では、多くの名手にご登場いただき、それぞれのキャスティング論について、実演、もしくはインタビューとして紹介しています。私たちはただ、フライを思ったところに、思った形で、美しく飛ばしたいだけなんです。なのに、この議論に終わりはあるのでしょうか……。ああ、楽しい!
このほか、九州の釣り旅、スカジットラインの選び方、セイシェルのGTなど、幅広く取り上げています。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING