LOGIN

「ウーリーバガー」の巻き方

The Expert Fly Dressing

山口直哉=出演

※この動画は、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。


湖の定番として、長年多くのフライフィッシャーから信頼を寄せられているウーリーバガー。

背中(オーバーボディー)のピーコックは水中でバランスを取るために留めており、リトリーブ中にも姿勢を維持してくれます。このことによって、テイルのマラブーも絡まりにくいというメリットがあります。

さらにマラブーはフックのベンド部分に取り付けることによって、より絡まりにくいストリーマーにすることができます。

ベーシックなフライですが、エキスパートならではの工夫が随所に見られる1本です。

出演:山口直哉
収録時間:18分17秒

(FlyFisher2010年1月号より)
※映像内の情報は、収録当時のものです。







2017/1/22

つり人社の刊行物
ソルト&ウォームウォーターフライフィッシャー
ソルト&ウォームウォーターフライフィッシャー 本体2,500円+税 A4変型判カラー160ページ
ますます盛り上がりをみせるソルトウォーター&ウォームウォーターのフライフィッシングの現在を余すことなく収録。 フライフィッシングの中でもあまり注目されてこなかったマイナーなジャンルですが、世界的に見ればあながちマイナーとも言い切れません。む…
つり人社の刊行物
ソルト&ウォームウォーターフライフィッシャー
ソルト&ウォームウォーターフライフィッシャー 本体2,500円+税 A4変型判カラー160ページ
ますます盛り上がりをみせるソルトウォーター&ウォームウォーターのフライフィッシングの現在を余すことなく収録。 フライフィッシングの中でもあまり注目されてこなかったマイナーなジャンルですが、世界的に見ればあながちマイナーとも言い切れません。む…

最新号 2020年6月号 Early Summer

特集
選びきれない幸せ。
最新フライロッド・カタログ

現在日本で購入できるグラファイト(と少しグラス)ロッドをメーカーごとに分けて紹介します。取り上げたのは各メーカーの最新モデルとハイエンド・フラッグシップモデル。メジャーなメーカーのものは基本的に、渓流で使いそうな3番、近年充実してきた6番前後のダブルハンド、ソルトウオーターも視野に入れた8番を実際にキャストしたフィーリングも掲載しました。
どれもこれもが釣り道具としてすばらしい性能を持ちがながら、その上で個性を主張しています。これだけある中から選ぶことができる幸せな悩みを、ぜひ味わいましょう。 ほか、特集とはまったく逆方向、クラシックなハーディーのバンブーロッド39本を紹介。先達がロッド作りにどれほど情熱を傾けてきたかに触れます。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING