LOGIN

2019年犀川本流、前半レポート

杉浦雄三のフィールドガイド

杉浦雄三=写真と文
この記事では、フィッシングガイドでもある杉浦雄三さんが釣行をレポート。
主に長野県や岐阜県の本流の状況をほぼリアルタイムで紹介していきます。

《Profile》
杉浦 雄三(すぎうら・ゆうぞう) 愛知県高浜市でフライフィッシングのトータルサポートを行なう「TEAL」を運営。クロダイをねらう海のサイトフィッシングも得意だが、犀川、高原川、宮川など中部地方の本流釣りにも詳しい。ここ数年はカナダに足を運び、スティールヘッドをねらって腕を磨いている
●TEAL www.teal-flyfishing.com/


流れが大きく変わっている


2019年もスタートした長野県犀川本流です。

犀川上流は2/16日に解禁日を迎えました。今年は解禁日が週末の土日と重なりとても混み合った解禁日となりました。多くのアングラーがいた中でかなり明暗が別れたのではないでしょうか。

犀川は昨年の6月と10月の大洪水でかなりの被害を受け、流れが大きく変わっています。


今年はとても雪が少ない年です。写真は2月なのに、まだ例年の半分しかありません

土砂が流れ込み埋まってしまったポイント、逆にしっかりと掘れて本来の深みができたポイントも多々ありました。自然のままで蛇行を繰り返しすものだ、ということを再確認しました。


準備する手にも力が入ります。まずは1尾を目指して!!

解禁の朝は少し寒くトラウトたちの活性が低いように感じました。私も同行の皆さんにもヒットがなく、暫くは沈黙の時間が流れていきました。


最高の景色の中でのフライフィッシング。とても贅沢な時間が過ぎていきます

解禁時のタックル

ロッド THOMAS&THOMAS DNASpey8番12.9ft。リールはWildSpey10/11/12番

ライン バリバス・マスタースペックヘビーDラインの8/9番。シンクティップとSecond Tipは私のオリジナル。Second Tipは長いほうを使い、オリジナルシンクティップのDeep4。

リーダー 0X9ftのテーパーナイロンリーダー、ティペットには0Xフロロカーボンティペットを60㎝ほど結ぶ

フライ DeepTubeカジカストリーマー。ウエイトがしっかりと入ったキールタイプのストリーマーです。まだ低水温のこの時期は活性が低いトラウトが多いのでベタ底をゆっくりとコツコツと叩くようにストリーマーをスイングさせる釣りがよいと思います。キールタイプで頭が沈むタイプのフライは根掛かりも極端に少なく、この釣りにはとても向いています。

カジカストリーマーのタイイングはこちら
冬〜早春のストリーマーを巻く



解禁日はやっぱりストリーマー。スイング中にガツンとフライを引ったくるあの感触がヤミツキ


※この記事は、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。


2019/4/26

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2019年12月号 Mid Autumn

第1特集
フライライン大宇宙

第2特集
渓で夜を過ごすという冒険、リバーステイ


#3〜4の渓流用ラインを中心にフライラインを特集します。現在日本で入手可能なメーカーの解説や、38本の振り比べなど、どれを選べばよいか悩んでいるフライフィッシャーのための記事を作りました。記事をとおして感じるのは、メーカーがそれぞれにこだわりを持って作っていることと、ラインは「良し悪し」ではなく、「好き嫌い」で選んでよいのではないか、ということです。個人のキャスティングのクセ、使うフライやロッド、よく行くフィールドなどによって、評価基準は千差万別。あなたに合った1本を見つけてください!
第2特集では「リバーステイ」。源流へ行くのではなく、渓流で泊まる3つのストーリーをお届けします。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING