LOGIN
フライフィッシングショップ ビギナーズ・マム

刈田敏三のハッチ&ドリフター速報01

4月23日:栃木県・鬼怒川

刈田敏三=写真と文
この連載では、水生昆虫研究家の刈田敏三さんがチェックした流下を速報形式でレポート。
現状では月1回の予定ですが、人気が出れば公開頻度はアップしていきます!


《Profile》
刈田 敏三(かりた・としぞう)
1955年生まれ。水生昆虫研究家、カメラマン。FlyFisherへの寄稿のほか、水生昆虫・河川環境教室の講師なども務める。日本のマッチング・ザ・ハッチにおいて、水生昆虫の生態、同定、メソッドの提唱と、果たした功績は大きい。ウェブサイト「刈田スタディオ」:http://karita.photolib.jp/  
 

マダラ系はスピナーにも注目を!

マダラハッチの後にはスペントストームが来る!

9時50分 塩谷町の鬼怒川上平橋下流に到着。河岸に着いてまず驚いたのは、岸際の水中にある石が白く、青い草まで沈んでいた……。つい最近、20cm以上も水位が上がっているのだ。水田の代掻きなのか、植物片もゾロゾロと流下している。これでは、ネットの中はゴミだらけ……。水温は、12.3℃。

※この続きは月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

2019/4/25

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING