LOGIN

第14回 エルク、ディアの下処理 編

ファーを除き、毛先を揃える

嶋崎 了=解説

浮力が高く、視認性にも優れるドライフライの定番マテリアルである、エルクヘアやディアヘア。カディスパターンのウイングにもよく使われますが、今回紹介するのは、その下処理。フックに留めるまでの状態にする、ヘアマテリアルの扱い方を解説します。

嶋崎了(しまざき・りょう)
1965年生まれ。江戸川区在住。フライ歴35年。
渓流を中心に、本流、湖もオールラウンドに楽しんでいる。
ティムコ社フライ用品開発担当として、『TMCバイス』、『TMCアジャスタブルマグネットボビン』、『Jストリーム』シリーズなど主要製品を数多く手がける。

Q1 エルク、ディアの下処理には、どんな手順が必要ですか?

まずは、使用するフックサイズに適したヘアを切り取り、そのまま束を手で保持した状態でアンダーファーを取り除きます。

その時に、極端に短い毛や癖のあるものは同時に除いてしまいます。その際、ヘアの束の先端を持って根元から抜き取るように作業すれば、短い毛を取り除きやすいでしょう。


この後、毛先を揃えるためにヘアスタッカーを使います。
ヘアの根元付近に残るのがアンダーファー。ヘアスタッカーを効果的に使うためにも、まずはこれを取り除く必要がある

Q2 ヘアスタッカーを使う際のコツを教えてください。

先端を筒に入れて振動を与えれば、毛先は揃ってくれますが、スタッカーから取り出す際に束がバラけないように注意してください。


ちなみに、スタッカーを垂直に叩くと当然先端が揃うのですが、毛の曲がり(カーブ)の方向までは揃いません。そこで、スタッカーの角を打ち付けるように使うと、ヘアの曲がりの向きもある程度揃えることができます。




次回
【隔週連載】嶋崎了のフライタイイング基礎知識
第15回「ソフトハックル編」は
2018年2月26日(月)公開予定です。

2018/2/12

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2019年6月号 Early Summer

特集
侃々諤々 フライキャスティング論

フライフィッシャーにとって、フライキャスティングは永遠の課題、といってよいでしょう。「シングルハンドのキャスティング」だけ取り上げても、そのスタイルと考え方の多様さに舌を巻きます。つまり、「いろんな人がいろんなことを言っている」という状態に、見えます。ですが、本当にそうでしょうか? 今号では、多くの名手にご登場いただき、それぞれのキャスティング論について、実演、もしくはインタビューとして紹介しています。私たちはただ、フライを思ったところに、思った形で、美しく飛ばしたいだけなんです。なのに、この議論に終わりはあるのでしょうか……。ああ、楽しい!
このほか、九州の釣り旅、スカジットラインの選び方、セイシェルのGTなど、幅広く取り上げています。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING