LOGIN

第14回 エルク、ディアの下処理 編

ファーを除き、毛先を揃える

嶋崎 了=解説

浮力が高く、視認性にも優れるドライフライの定番マテリアルである、エルクヘアやディアヘア。カディスパターンのウイングにもよく使われますが、今回紹介するのは、その下処理。フックに留めるまでの状態にする、ヘアマテリアルの扱い方を解説します。

嶋崎了(しまざき・りょう)
1965年生まれ。江戸川区在住。フライ歴35年。
渓流を中心に、本流、湖もオールラウンドに楽しんでいる。
ティムコ社フライ用品開発担当として、『TMCバイス』、『TMCアジャスタブルマグネットボビン』、『Jストリーム』シリーズなど主要製品を数多く手がける。

Q1 エルク、ディアの下処理には、どんな手順が必要ですか?

まずは、使用するフックサイズに適したヘアを切り取り、そのまま束を手で保持した状態でアンダーファーを取り除きます。

その時に、極端に短い毛や癖のあるものは同時に除いてしまいます。その際、ヘアの束の先端を持って根元から抜き取るように作業すれば、短い毛を取り除きやすいでしょう。


この後、毛先を揃えるためにヘアスタッカーを使います。
ヘアの根元付近に残るのがアンダーファー。ヘアスタッカーを効果的に使うためにも、まずはこれを取り除く必要がある

Q2 ヘアスタッカーを使う際のコツを教えてください。

先端を筒に入れて振動を与えれば、毛先は揃ってくれますが、スタッカーから取り出す際に束がバラけないように注意してください。


ちなみに、スタッカーを垂直に叩くと当然先端が揃うのですが、毛の曲がり(カーブ)の方向までは揃いません。そこで、スタッカーの角を打ち付けるように使うと、ヘアの曲がりの向きもある程度揃えることができます。




次回
【隔週連載】嶋崎了のフライタイイング基礎知識
第15回「ソフトハックル編」は
2018年2月26日(月)公開予定です。

2018/2/12

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2019年12月号 Mid Autumn

第1特集
フライライン大宇宙

第2特集
渓で夜を過ごすという冒険、リバーステイ


#3〜4の渓流用ラインを中心にフライラインを特集します。現在日本で入手可能なメーカーの解説や、38本の振り比べなど、どれを選べばよいか悩んでいるフライフィッシャーのための記事を作りました。記事をとおして感じるのは、メーカーがそれぞれにこだわりを持って作っていることと、ラインは「良し悪し」ではなく、「好き嫌い」で選んでよいのではないか、ということです。個人のキャスティングのクセ、使うフライやロッド、よく行くフィールドなどによって、評価基準は千差万別。あなたに合った1本を見つけてください!
第2特集では「リバーステイ」。源流へ行くのではなく、渓流で泊まる3つのストーリーをお届けします。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING