第10回スタンダードドライのウイング編

代表的な素材が作るウイングスタイル

嶋崎 了=解説

今回は、スタンダード・ドライフライで使われているウイング形状を紹介。ライトケイヒルやロイヤルコーチマンなど、往年のパターンに採用されているウイングの特徴を見てみます。

嶋崎了(しまざき・りょう)
1965年生まれ。江戸川区在住。フライ歴35年。
渓流を中心に、本流、湖もオールラウンドに楽しんでいる。
ティムコ社フライ用品開発担当として、『TMCバイス』、『TMCアジャスタブルマグネットボビン』、『Jストリーム』シリーズなど主要製品を数多く手がける。


Q スタンダードパターンの代表的なウイングと、それぞれの特徴を教えてください。

A クイルや獣毛系のウイングが使われますが、それぞれフライのバランスを高めるためには、やはり欠かせないパーツです。


代表的なものはダッククイルのホワイトカラー、レモンウッドダック、カーフテイル、ディアヘア、そしてハックルティップなどです。

スタンダードフライのウイングの目的は雰囲気だけではありません。視認性、イミテートのリアルさ、フライのバランス、そして回転防止などです。もちろんウイングがなくても魚は釣れますが、やはり使いにくいフライになると思います。

パラシュートとスタンダードパターンにおいて、タイイングの難易度に関しては、慣れてしまえばそれほど変わらないと思います。

必要性からいえば、パラシュートパターンだけでも釣りには困りませんが、スタンダードパターンのよさを知れば知るほど、フライフィッシングの面白さが増すはずです。以下に代表的なスタイルを紹介します。

バンチウイング

取り付けが簡単で、メイフライの羽をリアルに表現できます。重量も軽く、ライトなスタンダードフライに向いています。代表的なパターンではレモンウッドダックやマラードダックを使った「ライトケイヒル」、「クイルゴードン」などがあります。
軽い素材として、メイフライのウイングを表現できる

ウイングの長さはハックルよりもやや長いくらい

スタンダードパターンでは、テイルにも使えるレモンウッドダック

クイルウイング

取り付けの難度は最も高いウイングといえますが、特にホワイトカラーのクイルウイングは視認性や耐久性、そして見た目の美しさでは群を抜いていると思います。代表的なものはやはりロイヤルコーチマンでしょう。

グレーのダッククイルも使用したフライもありますが、虫っぽさが効果的に表現できる一方、やはりホワイトに比べて視認性は劣ります。
白いウイングは視認性もよく、フライとしての美しさも一級

正面から見た時に、左右のウイングが外側にそるような形で取り付ける

ホワイトカラーのダッククイル。ウイングを作る時は、対になった羽根の同じ箇所を切り取って使う

カーフテイル

タイイングには多少コツが必要ですが、クイルウイングに比べれば容易で、慣れれば簡単に取り付けられるマテリアルです。よくある失敗例は、マテリアルを付けすぎて、フライ自体が重たくなってしまうことですね。

カーフテイルは縮れぐあいの個体差が激しい素材です。実際に使用して自分の好みに合ったものを捜してみましょう。

うまく取り付けられれば耐久性、視認性がよく、性能面でも安定しています。ウイング材として優秀な素材ですが、BSE問題により現在では入手が困難になっています。特に白いカーフテイルが店頭にあれば、価格も安価なので迷わず購入をおすすめします。
カーフテイルのウイングは、耐久性があり、釣り上がりに使うパターンにもおすすめ

こちらも長さは、ハックルより長いくらいが目安。ボリュームを持たせすぎると、フライが重くなるので注意

現在、カーフテイル(特にホワイトカラー)は貴重なマテリアル

ディアヘア系ウイング

獣毛をウイングに用いるウルフパターンやハンピーなどに代表されるディアヘアですが、取り付けは比較的簡単です。耐久性も高いのですが、ナチュラルカラーのために視認性はよいとはいえません。

カーフテイル同様、マテリアルの付けすぎには注意が必要です。ヘアの質感など個体差が激しいマテリアルなので、フライサイズや目的によりヘアの太さには注意したいですね。

また中空率も異なり、高いものは軽くて浮力もよいのですが、巻いた時にフレアしがちです。こちらもやはり実際に使ってみて判断することになります。
ディアヘアは中空構造なので、浮力も高い

一束をシャンクに乗せ、左右に振り分けるようにしてウイングを作る。フレアさせすぎずに留めたい

ディアへのウイングを作る時は、フックサイズによりヘアの長さ(太さ)を選びたい

ハックルティップ

タイイングが比較的簡単で、特にホワイトカラーなどのものは視認性もよく、バランスのまとまりもよくなります。

しかし使う部位によっては、耐久性に乏しく、1尾釣ったら切れてしまうこともあります。基本的にウイングのサイズを決める時に、長めの場合はコックネックを、短めの場合はヘンネックを使っています。

このウイングの形状的に、キャスト中に回転しやすいというデメリットもありますが、スペントパターンなど、虫のシルエットを表現しやすいという面もあります。

スペントなどを表現したい時には、このウイング

ハックルティップの場合は、他のウイングよりも角度を広く取り付けることも多い

ウイングの長さによって、コックネック(写真)やヘンネックを使い分ける
※作例のフライはホワイトカラーのハックルティップを使用



次回
【隔週連載】嶋崎了のフライタイイング基礎知識
第11回「エルクヘアのダウンウイング編」は
2018年1月1日(月)公開予定です。

2017/12/18

最新号 2018年3月号 Early Spring

まだまだ寒さの厳しい日が続きます。外に出て本格的に魚と遊べるのは、もう少し先。というわけで今号では、暖かい室内で道具を愛でる特集を組みました。 表紙を飾るのは、100年以上も前に作られたフライリール。ほかにもバンブーロッドの名品、エーベル・リールの物語、筆者愛用の品々と、その背後に隠された物語などを紹介しています。 道具にこだわるのは、フライフィッシャーの楽しみのひとつ。うっかりハマると抜け出せない、玩物喪志の幸福を味わう一冊です。 また、今号では名手たちのフライボックスの一部を原寸大で掲載。春の解禁前、ご自身のボックスも、これらを真似て埋めてみてはいかがでしょうか。 ほかにもオレゴン在住のフライフィッシャーからのレポートや、刈田敏三さんが紹介する“ちょっとヘン”な水生昆虫の話など、今号も盛りだくさんの内容でお届けします。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING