LOGIN

第1回 ターキークイル

色合いの意味と、使いどころ

岩崎 徹=解説

ウエットフライのウイングに多用されるターキークイル。今回は、その模様の秘密を探ります。飼育されている鳥と、現在輸入が難しくなっているワイルド(野生の)ターキー。その違いについて解説します。

岩崎 徹(いわさき・とおる)
1948年生まれ。タイイングマテリアルを取り扱う「キャナル」代表。羽根や獣毛など、希少種も含めて、これまでに数々のマテリアルを取り扱ってきた経験を持つ。各素材の効果的な利用方法はもちろん、世界のマテリアル事情にも詳しい。


飼育段階で色が変わるターキークイル

Q ターキークイルの色味のバラツキには、どんな背景がありますか?

基本的に、同じターキーでも野生の鳥と飼育されている鳥では、羽根の色合いが違います。

モットルド模様の羽根は基本的に野生の鳥、ワイルドターキーになります。しかしモットルドクイルなどは、現在残念ながら入荷が非常に困難です。鳥インフルエンザという問題があって、健康証明書がないと日本に輸入ができないんです。
現在では貴重なワイルドターキーのモットルド模様のフェザー

こちらも同じく野生のターキーのフェザー。上の写真のフェザーに比べて、やや白っぽいタイプ

ですが、飼っている鳥でないと健康かどうかの判断ができないので、輸入できのるのは、必然的に飼育されている鳥になってしまうんですよ。

飼育されたものは、皆さんよくみる白黒のまだら模様がメインなんです。
飼育されているターキーのフェザー。こちらは色の濃いタイプだが、そのなかでも模様はさまざま

これを長いこと飼っていると、最終的に真っ白になってしまいます。食用になる鳥というのは、ニワトリでもそうですが、白い羽根のほうが、清潔感があって好まれるんです。

ただ茶色から白になる過程で、グレーとかシルバーとか、変わった色が出ることがあるんです。ややモットルドの変形というか、白黒まだらというか。さらには、ほぼ黒のものやシルバー、白っぽいグレーまであるわけです。
同じく飼育されたターキーの、白いフェザー。飼われている時間が長いほど羽根が白くなるという

ちなみに1羽をみても、そこからとれる羽根の色はさまざま。羽根の色が変わる各段階の鳥が飼育されているわけですが、セカンダリーだけでなく、プライマリークイルも色が変化していきます。

濃い薄いという差は当然ありますけど、色の質的なものは似ています。他の個体に比べて、同じ鳥からとれる羽根は模様の形、ガラというのは大体似たようなものになります。
飼育されたターキーのフェザーを拡大

フェザーの濃淡で好みの色をカバーできる

Q 羽根の色は数種類用意しておいたほうがよいのでしょうか?

ターキークイルを使うのは、ウエットフライのウイングが多いと思います。モットルド、ブラウンモットルドなどはよく使われますが、これも明るい色からダークなものまであるんですよね。
モットルドカラーのワイルドターキー・クイル

しかし実際使う時は、羽根の一部分だけを切り出してフックに留めるので、フライにした際にはそこまで大きな差はないかと思います。フェザーレベルで好みの色がなくても、濃淡部分を利用することで、フライの仕上がりはカバーできなくはないといえます。

さらにいえば、この代用がピーコックになります。今、ブラウンの濃いタイプの入荷がわりと少ないので、その代わりとして、ピーコックを使う人も多いですね。

ファイバーの“厚み”に注目する

Q ファイバーの長い羽根の、先端部分を使うのもアリでしょうか?

大きさを見てみても、大小結構差があるんですよね。大きくて長いものまでさまざまですが、ウエットフライのウイングとしては、それほど大きくないもののほうが使いやすいと思います。
こちらもワイルドターキー2本。個体によってサイズも色合いもさまざま

それは“厚み”に関係があります。羽軸に近い部分は厚みがあって、だんだん先端にいくにしたがって薄くなるんです。ファイバーの短いものはこのテーパーがきつくなるんですよね。

スレッドを掛ける時に、ある程度この厚みがないと、シワが寄りやすいんです。だから長いものの先端を無理して使うと、薄い紙を縛り付けているような感じになり、シワを生む原因になります。

したがって、あまり大きなサイズの羽根を使うのはおすすめしませんね。サーモンフライのように大きなサイズのフックに巻くのであれば問題ありませんが、やはりフックサイズに合わせて羽根のサイズも変えたほうがきれいなフライが巻けます。そういった意味で、通常のウエットであれば、それほど大きくないものが使いやすいでしょう。
こちらが、ファイバーの断面。この先端にかけて細くなるテーパーの付いた厚みが、スレッドを掛けた際に綺麗にウイングを留めるキーになる

ちなみに2番フックくらいまではセカンダリークイルが使えますが、より大きなサーモンフライを巻くのであれば、ターキーテイルを使うことが多いと思います。

また、プライマリークイルはウイング材としては使いませんが、バイオットがメインになるでしょう。

ターキークイルにはいろんな模様があるので、この差を知ると、もっとタイイングが楽しくなるはずです。いまだに見たことのないような模様に出会うことがありますから。

次回
【隔週連載】タイイングマテリアル目利き図鑑
第2回「ターキーテイル」は
2017年12月26日(火)公開予定です。

2017/12/13

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

THE LATEST ISSUE

FlyFisher 2020年9月号Mid Summer

 フックにマテリアルを留めるというテクニックだけでも本が何冊もできてしまうほどの奥深さがありますが、今回は、フライの構造や素材の選び方など、編集部が「面白い!真似したい!」と感じたものを取材しました。渓流から海まで、フライフィッシングの広がりも味わえます。そのほか、国内主要メーカーのフック一覧や、ピーコックコンプリートの解説などもしました。  そして、水生昆虫研究家の刈田敏三さんによる「ドリフティング」も紹介しています。長年の水生昆虫研究にプラスして、水中カメラで渓流に泳ぐヤマメの行動研究を始めた刈田さんによる、より実践的な釣り方と考え方の提案です。  名前は知っていても、その実像はあまり触れられなかった、エンリコ・パグリシさんへのインタビューも実現しました。名前の正しい発音は「パグリシ」ではなく、「プッリージ」だったことが判明するなど、楽しくもヒントに溢れる内容です。したがって今後小誌では、エンリコ・プッリージさんと表記します。  大好評、備前貢さんの「オホーツク通信」では、今回もさまざまなタイイングの技が紹介されています。中でも、ピーコックハールをティンセルで挟んでねじるという、ボリュームと強度を同時に出せる手法を使った、豊満なプロポーションのロイヤルウルフは最高です!
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

THE LATEST ISSUE

FlyFisher 2020年9月号Mid Summer

 フックにマテリアルを留めるというテクニックだけでも本が何冊もできてしまうほどの奥深さがありますが、今回は、フライの構造や素材の選び方など、編集部が「面白い!真似したい!」と感じたものを取材しました。渓流から海まで、フライフィッシングの広がりも味わえます。そのほか、国内主要メーカーのフック一覧や、ピーコックコンプリートの解説などもしました。  そして、水生昆虫研究家の刈田敏三さんによる「ドリフティング」も紹介しています。長年の水生昆虫研究にプラスして、水中カメラで渓流に泳ぐヤマメの行動研究を始めた刈田さんによる、より実践的な釣り方と考え方の提案です。  名前は知っていても、その実像はあまり触れられなかった、エンリコ・パグリシさんへのインタビューも実現しました。名前の正しい発音は「パグリシ」ではなく、「プッリージ」だったことが判明するなど、楽しくもヒントに溢れる内容です。したがって今後小誌では、エンリコ・プッリージさんと表記します。  大好評、備前貢さんの「オホーツク通信」では、今回もさまざまなタイイングの技が紹介されています。中でも、ピーコックハールをティンセルで挟んでねじるという、ボリュームと強度を同時に出せる手法を使った、豊満なプロポーションのロイヤルウルフは最高です!

最新号 2020年9月号 Mid Summer

特集
晴釣雨巻
現場から生まれた、個性的タイイング

フックにマテリアルを留めるというテクニックだけでも本が何冊もできてしまうほどの奥深さがありますが、今回は、フライの構造や素材の選び方など、編集部が「面白い!真似したい!」と感じたものを取材しました。渓流から海まで、フライフィッシングの広がりも味わえます。そのほか、国内主要メーカーのフック一覧や、ピーコックコンプリートの解説などもしました。
 そして、水生昆虫研究家の刈田敏三さんによる「ドリフティング」も紹介しています。長年の水生昆虫研究にプラスして、水中カメラで渓流に泳ぐヤマメの行動研究を始めた刈田さんによる、より実践的な釣り方と考え方の提案です。
 名前は知っていても、その実像はあまり触れられなかった、エンリコ・パグリシさんへのインタビューも実現しました。名前の正しい発音は「パグリシ」ではなく、「プッリージ」だったことが判明するなど、楽しくもヒントに溢れる内容です。したがって今後小誌では、エンリコ・プッリージさんと表記します。
 大好評、備前貢さんの「オホーツク通信」では、今回もさまざまなタイイングの技が紹介されています。中でも、ピーコックハールをティンセルで挟んでねじるという、ボリュームと強度を同時に出せる手法を使った、豊満なプロポーションのロイヤルウルフは最高です!
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING