LOGIN

第9回 バックテイル

大型ストリーマーの定番ウイング材

岩崎 徹=解説

ソルト用のストリーマーのウイング素材としても使い勝手のよいバックテイル。強い匂いが印象的なマテリアルですが、その特徴と流通環境の背景を見ていきます。

岩崎 徹(いわさき・とおる)
1948年生まれ。タイイングマテリアルを取り扱う「キャナル」代表。羽根や獣毛など、希少種も含めて、これまでに数々のマテリアルを取り扱ってきた経験を持つ。各素材の効果的な利用方法はもちろん、世界のマテリアル事情にも詳しい。

バックテイルとは、どんな素材ですか?

ホワイトテイルディアの尻尾の毛ですね。毛皮は輸入されるものは、基本的に鞣(なめ)したものになります。そのため、バックテイルも今は鞣された状態で入ってきます。そうなると扱い的にはディアヘア と一緒ですね。

バックテイルとしてはその匂いが特徴的ですが、昔ながらの匂いのある硬いバックテイルは、鞣されていないものなんです。その状態では現在日本では輸入できないんですね。

ちなみにエゾジカの尻尾は毛が短くてマテリアルには向かないのですが、歩いているホンシュウジカを見ていると、意外と使えそうだな……と思ってしまいます(笑)。

オスとメスでも違いがあり、ホワイトテイルディアにもいくつかの亜種がいるので、個体差も大きいマテリアルといえますね。
バックテイルはシカの尻尾。タイイング時にフレアしにくく、ウイング材としても扱いやすい

尻尾全体でも、どの部位を使うかによって、毛の太さ、長さは大きく異なる

主にどのような使い方をされますか?

やはりストリーマーのウイングですね。小さいものではカーフテイルも使いますが、大きいフライではバックテイルになります。獣毛のストリーマーとして「バックテイル・ストリーマー」という分類があるほどですからね。

一つのバックテイルのなかでも、部位によって毛の質感は変わってきます。根元のほうは太いので、スレッドを掛けた際に比較的フレアしやすい傾向にあり、先端はその逆で、細くフレアしにくくなっています。

また、毛の縮れ具合にも大きな個体差があり、ストレートに近いものよりもある程度縮れているもののほうが、ウイングとして留めた際にボリューム感を表現しやすいというメリットもありますね。

バックテイルは、毛の太さもさまざまで、色も染めやすいので、特に大きいフライを巻く時には使い勝手のよいマテリアルです。

カナダやアメリカではバックテイルを鞣す必要はほとんどない(=日本に輸入できない)ので、マテリアルとしては以前より入手しづらくなってきている側面がありますが、よいマテリアルなので、これからも扱っていきたいですね。
オス・メスでも差があるバックテイル。特にメスのものは毛が太く短い傾向にあるという

染色しやすいのもバックテイルの大きな強み。さまざまなカラーに染められ、ソルトウオーター用のフライにも欠かせない素材となっている

2018/4/16

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

最新号 2020年12月号 Mid Autumn

特集
共鳴するウエットフライ
エキスパートが実践していること

 今号の特集はウエットフライ。十人十色、という言葉がこれほどマッチするフライフィッシングはないかもしれません。エキスパートたちには「この釣りを始めたきっかけ」から、今実践しているテクニックまで、さまざまな質問をぶつけてみました。すると、実は似たような釣り方をしていることも少なくない、ということに気づかされました。
 先般22年ぶりの復刊となった、佐藤成史さん著『瀬戸際の渓魚たち』。Special Topicsと題しまして、阿武隈高地の天然イワナについて現状を取材してきました。日本列島形成の背景をもとに浮かび上がってきたのは、イワナたちの「山越え」という仮説。人類の営みと比べたら気の遠くなるような時間をかけて脈々と受け継がれてきたイワナたちの「血」。そんな歴史を感じることのできる幸福と、現状への警鐘があぶり出されています。
 巻末の長編特集は、来日も幾度となく果たし、「フライキャスティング」に大変革をもたらしたといってよい、メル・クリーガーさんを紹介しています。メルさんをよく知る5名に、知られざる側面を含めた彼の功績、人となりを語ってもらいました。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING