LOGIN

第8回 ポーラーベア

現在は輸入禁止。自然界のフラッシャブー

岩崎 徹=解説

ストリーマーのウイングなどに使われることの多いポーラーベア。現在では輸入が禁止されているので、やがては貴重な素材になってしまうヘアマテリアルの、特徴について紹介します。

岩崎 徹(いわさき・とおる)
1948年生まれ。タイイングマテリアルを取り扱う「キャナル」代表。羽根や獣毛など、希少種も含めて、これまでに数々のマテリアルを取り扱ってきた経験を持つ。各素材の効果的な利用方法はもちろん、世界のマテリアル事情にも詳しい。

ポーラーベアとは、どんなマテリアルですか?

ポーラーベアはホッキョクグマ(シロクマ)の毛です。絶滅の危険性も危惧されており、ワシントン条約でほぼ輸入が途絶えている状況です。

現在は、バブル期にラグとして日本に入ってきたものが、マテリアルとして出回っているような状況ですね。これからの輸入は不可能に近いので、国内の流通はいずれなくなってしまうと思われます。とはいえ、今はフライマテリアル以外の利用方法はほとんどないようですので、すぐに消えてしまうことはないと思いますが……。

ちなみに、以前輸入が可能だった時に仕入れていた先としては、カナダかフィンランドですね。いずれにせよ今後は貴重なマテリアルになるでしょう。
現在は輸入ができないホッキョクグマの毛。透明感のあるヘアが特徴

どのような使い方がありますか?

ストリーマーのウイングがメインですが、最近ではアンダーファーをダビング材として使う場合も多いようですね。

ヘアは中空構造で浮力があるので、ドライフライにも使うことはできると思います。また、いろいろな色に染めやすいのも、このマテリアルの強みですね。

最近では、本流で使うフライとして「イントゥルーダー」に人気が出たタイミングで、使用マテリアルの一つであるポーラーベアもかなり売れました。
アンダーファーはダビング材としても使用可能

ポーラーベアは染色しやすく、さまざまなカラーが出回っている

部位によって違いはありますか?

首のほうが毛は短く、お腹のほうは長いですね。体の中央のほうが、密度があって毛先が揃っていますので、使いやすいといえるかもしれませんね。

お腹に近いほど毛の長さがまばらになります。一番毛が長いのは脇の下と後ろ足の内側。つまり体を丸めた時に隙間となる場所は、長い毛でカバーされているんですね。
毛足の長いポーラーベア。なるべく長さが揃っているものが望ましい

そうした長いヘアは、使い道があるとすればソルトウオーターのフライだと思います。染めてもきれいですし、きらめきもあるから、”ナチュラルのフラッシャブー”といえるかもしれませんね。

また、季節によっても違いがあるようで、冬毛のほうが、密度があり、夏毛から生え変わった直後のタイミングのほうが痛みもありません。ちなみにメスのほうが、夏でも毛が短くなりにくいようです。


次回
【隔週連載】タイイングマテリアル目利き図鑑
第9回「バックテイル」は
2017年4月16日(月)公開予定です。

2018/4/4

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

最新号 2020年12月号 Mid Autumn

特集
共鳴するウエットフライ
エキスパートが実践していること

 今号の特集はウエットフライ。十人十色、という言葉がこれほどマッチするフライフィッシングはないかもしれません。エキスパートたちには「この釣りを始めたきっかけ」から、今実践しているテクニックまで、さまざまな質問をぶつけてみました。すると、実は似たような釣り方をしていることも少なくない、ということに気づかされました。
 先般22年ぶりの復刊となった、佐藤成史さん著『瀬戸際の渓魚たち』。Special Topicsと題しまして、阿武隈高地の天然イワナについて現状を取材してきました。日本列島形成の背景をもとに浮かび上がってきたのは、イワナたちの「山越え」という仮説。人類の営みと比べたら気の遠くなるような時間をかけて脈々と受け継がれてきたイワナたちの「血」。そんな歴史を感じることのできる幸福と、現状への警鐘があぶり出されています。
 巻末の長編特集は、来日も幾度となく果たし、「フライキャスティング」に大変革をもたらしたといってよい、メル・クリーガーさんを紹介しています。メルさんをよく知る5名に、知られざる側面を含めた彼の功績、人となりを語ってもらいました。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING