LOGIN

第8回 ポーラーベア

現在は輸入禁止。自然界のフラッシャブー

岩崎 徹=解説

ストリーマーのウイングなどに使われることの多いポーラーベア。現在では輸入が禁止されているので、やがては貴重な素材になってしまうヘアマテリアルの、特徴について紹介します。

岩崎 徹(いわさき・とおる)
1948年生まれ。タイイングマテリアルを取り扱う「キャナル」代表。羽根や獣毛など、希少種も含めて、これまでに数々のマテリアルを取り扱ってきた経験を持つ。各素材の効果的な利用方法はもちろん、世界のマテリアル事情にも詳しい。

ポーラーベアとは、どんなマテリアルですか?

ポーラーベアはホッキョクグマ(シロクマ)の毛です。絶滅の危険性も危惧されており、ワシントン条約でほぼ輸入が途絶えている状況です。

現在は、バブル期にラグとして日本に入ってきたものが、マテリアルとして出回っているような状況ですね。これからの輸入は不可能に近いので、国内の流通はいずれなくなってしまうと思われます。とはいえ、今はフライマテリアル以外の利用方法はほとんどないようですので、すぐに消えてしまうことはないと思いますが……。

ちなみに、以前輸入が可能だった時に仕入れていた先としては、カナダかフィンランドですね。いずれにせよ今後は貴重なマテリアルになるでしょう。
現在は輸入ができないホッキョクグマの毛。透明感のあるヘアが特徴

どのような使い方がありますか?

ストリーマーのウイングがメインですが、最近ではアンダーファーをダビング材として使う場合も多いようですね。

ヘアは中空構造で浮力があるので、ドライフライにも使うことはできると思います。また、いろいろな色に染めやすいのも、このマテリアルの強みですね。

最近では、本流で使うフライとして「イントゥルーダー」に人気が出たタイミングで、使用マテリアルの一つであるポーラーベアもかなり売れました。
アンダーファーはダビング材としても使用可能

ポーラーベアは染色しやすく、さまざまなカラーが出回っている

部位によって違いはありますか?

首のほうが毛は短く、お腹のほうは長いですね。体の中央のほうが、密度があって毛先が揃っていますので、使いやすいといえるかもしれませんね。

お腹に近いほど毛の長さがまばらになります。一番毛が長いのは脇の下と後ろ足の内側。つまり体を丸めた時に隙間となる場所は、長い毛でカバーされているんですね。
毛足の長いポーラーベア。なるべく長さが揃っているものが望ましい

そうした長いヘアは、使い道があるとすればソルトウオーターのフライだと思います。染めてもきれいですし、きらめきもあるから、”ナチュラルのフラッシャブー”といえるかもしれませんね。

また、季節によっても違いがあるようで、冬毛のほうが、密度があり、夏毛から生え変わった直後のタイミングのほうが痛みもありません。ちなみにメスのほうが、夏でも毛が短くなりにくいようです。


次回
【隔週連載】タイイングマテリアル目利き図鑑
第9回「バックテイル」は
2017年4月16日(月)公開予定です。

2018/4/4

つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…
つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…

最新号 2021年12月号 Mid Autumn

【特集1】水中を釣る、15の視点
【特集2】シンキングラインカタログ

今号は「水中の釣り」の特集です。ウエットフライ、ニンフ、湖のストリーマーと14人の考え方と釣り方、そしてシンキングラインのカタログを掲載しています。
現在、単純に「ウエットフライの釣り」と使うフライの種類で釣り方をカテゴライズすることができなくなってきました。そこで、名手たちに実際に行っている釣り方とそれぞれの考え方をお聞きしたところ、「スイングの釣り」に対して「縦の釣り」と大きく2つに分けたほうがイメージしやすいことが見えてきました。さらには「縦の釣り」も「送り込みの釣り」「ナチュラルの釣り」「トレースの釣り」など微妙に違うメソッドが確立されているようです。
ニンフはルースニングとヨーロピアンニンフィングの考え方、そしてルースニングとアウトリガーのハイブリッドとも呼べるような「ヤッチーニンフ」、湖では、底ベタを釣るレイクトラウトフィッシングを取り上げました。
また、前号で反響が大きかっったゲーリー・ラフォンテーンの「The Dry Fly」についての各エキスパートの感想記事にもページを割いています。


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING