LOGIN

第10回 ピーコックアイ

独特な光沢感のある万能マテリアル

岩崎 徹=解説

ドライ、ニンフ、ウエット、ストリーマー……さまざまなパターンに使われるピーコック。なかでもピーコックアイは使用頻度の高い素材ですが、今回はその特徴を見ていきます。

岩崎 徹(いわさき・とおる)
1948年生まれ。タイイングマテリアルを取り扱う「キャナル」代表。羽根や獣毛など、希少種も含めて、これまでに数々のマテリアルを取り扱ってきた経験を持つ。各素材の効果的な利用方法はもちろん、世界のマテリアル事情にも詳しい。

ピーコックアイとは、どんな素材ですか?

ピーコックアイとは、クジャクのランプフェザー、つまり腰部分の羽根が変形したものになりますね。そのサイドがピーコックソードになります。

ピーコックアイの色は、鳥が生きている時にはゴールドっぽいブロンズカラーです。これが抜け落ちて時間が経つにつれて緑っぽくなって輝きもなくなっていきます。なので、新鮮なものほど金に近い色をしていますね。

年に1回生え替わるので、夏には抜けます。再び秋から生え始めて、翌年の春に生え揃うといった流れになります。4月の繁殖期が最も美しい状態で、その後は徐々に抜け始めるようになります。

タイイングマテリアルとして売られているピーコックアイは、羽根全体の先端の部分になります。長いものでは70cmほどもあります。根元のほうの芯は、以前はヘラブナ用のウキなんかにも使っていたようですね。

ちなみに、生きている鳥も羽根によくない環境で生活していれば、ピーコックアイでもフリューの密度がスカスカになってしまったりするようです。もちろん地面に落ちた羽根もそうですね。これはバクテリアの影響です。

部分ごとにどのような特徴がありますか?

使い道としてはさまざまですが、最もフリューが長いのはアイのすぐ下の部分ですね。ボディーに巻く際は、ファイバーのティップ側から巻くかバット側から巻くかで変わってきますし、正転で巻くか逆転で巻くかによっても変わってきます。
ボディーに巻く際には、最もフリューの長い、アイの下部分のファイバーが適している

まずは自分なりの方法で巻いてみて、うまくいかなければその逆も試してみるとよいと思います。もちろん束ねて巻くのもよいですね。

また、ストリップして使う場合は、アイ部分の裏側の白っぽいところがおすすめです。個体差はあるのですが、白っぽいもののほうが、巻いた時に縞が明確に出ます。


さらに、サーモンフライなどのトッピングとして使う場合は、アイの中のもののほうが、平たくて美しく留めやすいと思います。
フリューを除いてシャンクに巻くと、虫の体節を表現したような縞模様が出る。これはアイ部分の裏が白っぽいところを使うのがよい

アイの部分はフリューも平たく生えているので、スレッドを掛けた際にもつぶしやすい。サーモンフライのトッピングほか、ストリップトピーコックなどで使用されることが多い

やはりクジャクの羽根のなかでも一番需要があるのは、アクセサリーなどにも使われるアイの部分といえますね。

2018/5/21

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

最新号 2020年12月号 Mid Autumn

特集
共鳴するウエットフライ
エキスパートが実践していること

 今号の特集はウエットフライ。十人十色、という言葉がこれほどマッチするフライフィッシングはないかもしれません。エキスパートたちには「この釣りを始めたきっかけ」から、今実践しているテクニックまで、さまざまな質問をぶつけてみました。すると、実は似たような釣り方をしていることも少なくない、ということに気づかされました。
 先般22年ぶりの復刊となった、佐藤成史さん著『瀬戸際の渓魚たち』。Special Topicsと題しまして、阿武隈高地の天然イワナについて現状を取材してきました。日本列島形成の背景をもとに浮かび上がってきたのは、イワナたちの「山越え」という仮説。人類の営みと比べたら気の遠くなるような時間をかけて脈々と受け継がれてきたイワナたちの「血」。そんな歴史を感じることのできる幸福と、現状への警鐘があぶり出されています。
 巻末の長編特集は、来日も幾度となく果たし、「フライキャスティング」に大変革をもたらしたといってよい、メル・クリーガーさんを紹介しています。メルさんをよく知る5名に、知られざる側面を含めた彼の功績、人となりを語ってもらいました。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING