LOGIN

第10回 ピーコックアイ

独特な光沢感のある万能マテリアル

岩崎 徹=解説

ドライ、ニンフ、ウエット、ストリーマー……さまざまなパターンに使われるピーコック。なかでもピーコックアイは使用頻度の高い素材ですが、今回はその特徴を見ていきます。

岩崎 徹(いわさき・とおる)
1948年生まれ。タイイングマテリアルを取り扱う「キャナル」代表。羽根や獣毛など、希少種も含めて、これまでに数々のマテリアルを取り扱ってきた経験を持つ。各素材の効果的な利用方法はもちろん、世界のマテリアル事情にも詳しい。

ピーコックアイとは、どんな素材ですか?

ピーコックアイとは、クジャクのランプフェザー、つまり腰部分の羽根が変形したものになりますね。そのサイドがピーコックソードになります。

ピーコックアイの色は、鳥が生きている時にはゴールドっぽいブロンズカラーです。これが抜け落ちて時間が経つにつれて緑っぽくなって輝きもなくなっていきます。なので、新鮮なものほど金に近い色をしていますね。

年に1回生え替わるので、夏には抜けます。再び秋から生え始めて、翌年の春に生え揃うといった流れになります。4月の繁殖期が最も美しい状態で、その後は徐々に抜け始めるようになります。

タイイングマテリアルとして売られているピーコックアイは、羽根全体の先端の部分になります。長いものでは70cmほどもあります。根元のほうの芯は、以前はヘラブナ用のウキなんかにも使っていたようですね。

ちなみに、生きている鳥も羽根によくない環境で生活していれば、ピーコックアイでもフリューの密度がスカスカになってしまったりするようです。もちろん地面に落ちた羽根もそうですね。これはバクテリアの影響です。

部分ごとにどのような特徴がありますか?

使い道としてはさまざまですが、最もフリューが長いのはアイのすぐ下の部分ですね。ボディーに巻く際は、ファイバーのティップ側から巻くかバット側から巻くかで変わってきますし、正転で巻くか逆転で巻くかによっても変わってきます。
ボディーに巻く際には、最もフリューの長い、アイの下部分のファイバーが適している

まずは自分なりの方法で巻いてみて、うまくいかなければその逆も試してみるとよいと思います。もちろん束ねて巻くのもよいですね。

また、ストリップして使う場合は、アイ部分の裏側の白っぽいところがおすすめです。個体差はあるのですが、白っぽいもののほうが、巻いた時に縞が明確に出ます。


さらに、サーモンフライなどのトッピングとして使う場合は、アイの中のもののほうが、平たくて美しく留めやすいと思います。
フリューを除いてシャンクに巻くと、虫の体節を表現したような縞模様が出る。これはアイ部分の裏が白っぽいところを使うのがよい

アイの部分はフリューも平たく生えているので、スレッドを掛けた際にもつぶしやすい。サーモンフライのトッピングほか、ストリップトピーコックなどで使用されることが多い

やはりクジャクの羽根のなかでも一番需要があるのは、アクセサリーなどにも使われるアイの部分といえますね。

2018/5/21

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2019年9月号 Mid Summer

特集
釣り旅東北

第2特集
ディープに踏み込む名手たちのフライ論

今号は日本のフライフィッシングの原風景ともいえる東北へ行ってきました!
秋田、岩手、山形、宮城、福島……。現地のフライフィッシャーにフィールドを案内していただきながら、ポイント選びのコツだけでなく、おすすめのスポットを紹介しています。
また、第2特集として、エキスパートのフライに対する考え方を伺いました。縦巻きハックル、ピーコックのコンプリートを使いこなすウエットフライ、経験をフライに反映するための考え方、ジョインテッドフライ、個性爆発のバスバグ、北海道のビッグドライなどを取り上げます。
好評連載、備前貢さんによる「オホーツク通信」は北海道産マテリアル、エゾジカ・ヘアについて熱く語ります!
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING