クレージーチャーリー

基本は表層スローリトリーブ

FlyFisher編集部=写真と文

パターン名

クレージーチャーリー

タイヤー名

佐古啓樹(さこ ひろき)

パターンカテゴリー

クラブ、シュリンプ、その他

使用場所

海/漁港など

対象魚

メバル

マテリアル

●フック……がまかつ管付き丸セイゴ12号(アイから数ミリの部分を上方向に曲げる)
●スレッド……ユニモノ・ファイン
●テイル……ケイムラカラーのシンセティック素材
●ボディー……ビニールリブ・クリア
●ウイング……ポーラーベア
●アイ……ダンベルアイ

使い方

基本的には表層をスローリトリーブで使用するが、ボトム近くまで沈めてリトリーブすることもある

使う地方

全国

使用時期

オールシーズン

2017/7/18

最新号 2017年12月号 Fall

特集は「川を読む」。秋田県の役内川を例に、まさに「ここに尺ヤマメがいた」というポイントをピックアップ。流れのようす、底石の入り方、水面の波立ちぐあいなどなど、良型が付く場所の特徴を解説します。 また伝説的ともいうべきリールの名品「ボンホフ」と、その製法を忠実に踏襲しようと試みた男の物語を収録。道具に対する釣り人の情熱と愛を感じる内容です。 そのほか、イワナが浮いてフライをくわえる瞬間までばっちり見えるような源流釣行、北海道のアメマス事情、またキューバやオーストラリアのソルトゲームなども掲載。渓流オフシーズンの今だからこそ、じっくり読みたい一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING