LOGIN

クレージーチャーリー

基本は表層スローリトリーブ

FlyFisher編集部=写真と文

パターン名

クレージーチャーリー

タイヤー名

佐古啓樹(さこ ひろき)

パターンカテゴリー

クラブ、シュリンプ、その他

使用場所

海/漁港など

対象魚

メバル

マテリアル

●フック……がまかつ管付き丸セイゴ12号(アイから数ミリの部分を上方向に曲げる)
●スレッド……ユニモノ・ファイン
●テイル……ケイムラカラーのシンセティック素材
●ボディー……ビニールリブ・クリア
●ウイング……ポーラーベア
●アイ……ダンベルアイ

使い方

基本的には表層をスローリトリーブで使用するが、ボトム近くまで沈めてリトリーブすることもある

使う地方

全国

使用時期

オールシーズン

2017/7/18

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2018年12月号 Fall

特集は「あの尺ヤマメを逃した理由」。
間違いなくドライフライをくわえたかに見えたのに、痛恨のすっぽ抜け……。誰もが一度はそんな経験をしているはずですが、その理由ははっきりしないことがほとんどです。今回はエキスパートたちが、これまで見聞きしてきたバラシの要因を考察。また、カメラがはっきりとらえたすっぽ抜けの瞬間を解析します。来シーズンに悔しい思いをしなくてすむために、じっくり読んでみてください。
そのほか、秋も楽しめる北海道の釣り場紹介も掲載。さらにぺゾンのバンブーロッドについても、たっぷり誌面を使って掘り下げています。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING