LOGIN

第5回 ヘンフェザント

マーチブラウンの定番マテリアル

岩崎 徹=解説

一般的にヘンフェザントといわれているのは、ヨーロッパの比較的大型のキジのもの。マーチブラウンのウイングなどに使われるクイルが代表的ですが、そのほかにも、ハックル素材などにも活用できます。

岩崎 徹(いわさき・とおる)
1948年生まれ。タイイングマテリアルを取り扱う「キャナル」代表。羽根や獣毛など、希少種も含めて、これまでに数々のマテリアルを取り扱ってきた経験を持つ。各素材の効果的な利用方法はもちろん、世界のマテリアル事情にも詳しい。


ヘンフェザントとは、日本のキジとは違うのでしょうか?

ヘンフェザントとして使われているコウライキジ(リングネックフェザント)はユーラシアの鳥で、日本のものは亜種でちょっと色が違うんです。日本のキジは首の周りが緑ですよね。一方、コウライキジは白いのが特徴です。

なぜか分かりませんが、ユーラシア大陸を西へ行けば行くほど、同じ種類でも鳥のサイズが大きくなるんですよ。このキジもまったく同じ種類でも、西側へ、たとえばイギリスなんかいくと大きくなります。

普通にみなさんが使っているヘンフェザントなんですけど、やはりイギリスから来たものは大きい傾向にあります。イギリスで獲れたものかどうかは定かではありませんが、圧倒的にサイズが違うんです。ふた回りくらい大きいイメージです。

アメリカ大陸にもヨーロッパから移植されたコウライキジがいるんですけれど、アメリカのものはヨーロッパよりも小さいんですよ。不思議ですよね、エサや環境が違うからでしょうか?

ウエットフライのウイングなどに使われるクイルは、どのようなものがよい素材といえますか?

前述のように、ヘンフェザントといえば、ヨーロッパから来たものが一般的になります。それ以外の地域からのものは小さすぎて使いにくいことが多いですね。よって、ヨーロッパ産のクイルがマテリアルとしてはよいものといえます。それでも普通のサイズのクイルで、フックサイズ8番くらいが限界ですね。
大きいサイズのヘンフェザント・クイル。ウイング材として安定したサイズが望めるのは、ヨーロッパ産

ちなみにショルダーのほうにいけば、6番くらいが巻けるものもあります。背中の中央寄り(肩部分)の羽根ですね。ただし、色が濃くなって模様もあまり明確ではなくなります。全体的にショルダーの羽根のほうが、薄くて長いのが特徴です。

ヘンフェザントは鳥の羽根自体が小さいので、たとえばシルバー・マーチブラウンといったパターンは、大きいサイズでは作れない……ということになるんです。無理して巻いても6番が限界でしょう。それ以上の大きさのパターンは、ヘンフェザント・クイルを使ったウイングはほとんど採用されていません。中国産のヘンフェザントだったら10番フックでも巻きにくいかな……っていう感じです。

羽根の断面構造はターキークイルなどと同じです。羽軸に近い部分が厚くて、だんだん薄くなります。
ヘンフェザント・クイルの大小を比較。マーチブラウンなどのウイングとして定番のマテリアルだが、6番以上のパターンには他のマテリアルを使ったほうがよい

クイル以外はハックルとしても使用可能ですか?

ヘンフェザントのハックルは、どの部分を使ってもきれいな模様が出ますが、特にブレスト(胸部)はファイバーが柔らかいのが特徴です。

この部分はウエットフライのスロートにも使われますね。ソフトハックルとかテンカラの毛バリであれば、もう少し硬めのネック(首)周りが適しているのではないでしょうか。ある程度水中で動かすフライならファイバーの根元がしっかりしていたほうがいいと思います。こちらはパートリッジにも似ていますので、よく使われる部分です。
ヘンフェザントは、全体的にどの部分も虫っぽい質感のフライに適した色合い。右側の首の付け根が「ネック」。一方中央から左端にかけての部分が「バック」

また、バック(背中)のほうのファイバーも軟らかめです。ミセスシンプソンなどのストリーマーに使われたりもしますけど、よりウエットフライ寄りのマテリアルだといえます。
ヘンフェザントのバック(左)とネック(右)の羽根。ファイバーの動きを強調したい場合は、根元のしっかりしたネックがおすすめ

ヘンフェザントのテイルはどのように使えますか?

テイルは正直いってあまり使われない素材です。一番有名なのはサーモン・マーチブラウンのウイング材でしょうか。10番前後のサーモンフックに巻くので、長いものが必要なんですね。クイルだと長さが足りないので……。

ただし、テイルはバラけやすいのが特徴です。どちらかというと根元に近い部分のほうがバラけにくいので、ウイングとして使うのは根元のほうがよいかもしれません。
左側に伸びるのが、ヘンフェザントのテイル。バラけやすいため、ウイング材としては適さない。フェザントテイル・ニンフなどに使うのは、主にコック(オス)フェザントのもの

ほかには、ストーンフライのレッグにするとか、ニンフのウイングケースにするとか、昔から使われているものとしては、そのあたりでしょうか。

ちなみにフェザントテイル・ニンフなどで使われるのは、いわゆるコックフェザント、オスのキジのテイルです。ヘンフェザントと呼ばれているものは、やはり日本のキジではなくて、コウライキジに限ります。


次回
【隔週連載】タイイングマテリアル目利き図鑑
第6回「フェザントテイル」は
2017年2月19日(月)公開予定です。

2018/2/5

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

最新号 2020年12月号 Mid Autumn

特集
共鳴するウエットフライ
エキスパートが実践していること

 今号の特集はウエットフライ。十人十色、という言葉がこれほどマッチするフライフィッシングはないかもしれません。エキスパートたちには「この釣りを始めたきっかけ」から、今実践しているテクニックまで、さまざまな質問をぶつけてみました。すると、実は似たような釣り方をしていることも少なくない、ということに気づかされました。
 先般22年ぶりの復刊となった、佐藤成史さん著『瀬戸際の渓魚たち』。Special Topicsと題しまして、阿武隈高地の天然イワナについて現状を取材してきました。日本列島形成の背景をもとに浮かび上がってきたのは、イワナたちの「山越え」という仮説。人類の営みと比べたら気の遠くなるような時間をかけて脈々と受け継がれてきたイワナたちの「血」。そんな歴史を感じることのできる幸福と、現状への警鐘があぶり出されています。
 巻末の長編特集は、来日も幾度となく果たし、「フライキャスティング」に大変革をもたらしたといってよい、メル・クリーガーさんを紹介しています。メルさんをよく知る5名に、知られざる側面を含めた彼の功績、人となりを語ってもらいました。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING