LOGIN

第2回 タイイングスレッド編

嶋崎了のフライタイイング基礎知識

嶋崎 了=解説
嶋崎了(しまざき・りょう)
1965年生まれ。江戸川区在住。フライ歴35年。 渓流を中心に、本流、湖もオールラウンドに楽しんでいる。 ティムコ社フライ用品開発担当として、TMCバイス、Jストリームシリーズなど主要製品を数多く手がける。

マテリアルをフックに留めるために重要なスレッド。 たくさんのカラーバリエーションがあるのは分かります。だけど、製品ごとの特性や扱いやすさなどに違いはあるのでしょうか?


Q スレッドにはどのような種類があるのでしょうか?

A まず素材は、代表的なものとしてナイロンとポリエステルがあります。


さらにワックスがかかっているタイプ(ワックストスレッド)とそうでないものがあります。 ワックスがかかっているものはスレッドが滑りにくいのが特徴です。

日本で入手しやすいワックストスレッドの代表格はダンビル社のもの。 ワックスをしていない、あるいは多少かかっているかも、というのはものはユニ社とヴィーバス社といったところでしょうか?
一般的なスレッドは大きく3つ。右からユニ、ヴィーバス、ダンビル

個人的にはワックストスレッドが好きで、こちらのほうが少ない回転数でマテリアルをしっかり留められるからです。ベテランにはダンビルを愛用している人も多いですね。
ダンビルのスレッドには「WAXED」の文字が

ただ、ダンビルは強度的にやや劣るので初心者の方にはユニやヴィーバスのほうがおすすめです。

Q それぞれの特徴を教えてください。

A ダンビル社のものはナイロン製でしなやか、伸びもあります。 ユニとヴィーバスはポリエステル製です。


ダンビルの伸びは使い比べてみれば誰でも実感できるはず

ユニとヴィーバスは似たような感じで、ポリエステル製で、切れにくく丈夫です。ワックスもほとんどかかっていません。

上がユニ、下がヴィーバス。ともに似たような巻き上がりになる

スレッドが伸びる順に並べればダンビル、ユニ、ヴィーバスになると思います。

Q 使う太さの目安はありますか?

A 8/0(ハチゼロと読みます)を目安にしてよいでしょう。ダンビルの場合は6/0になります。

それぞれの太さはボビンに表記されている。これは8/0

ちなみにスレッドの場合は数字が大きくなるにつれて細くなります。つまり、6/0と8/0なら、6/0のほうが太くなります。

ダンビルの場合、捻ればロープ状になりますし、解けばフラットな状態で使えます。こうすると面でマテリアルを押さえつけやすく、スレッドを巻きつけた部分に凹凸ができにくいのです。
ダンビルは縒りを解けばフラットになる

ダンビルでテイル材を留めるとこのようにフラットになる

Q スレッドの色はどのように選べばよいですか?

A まずは暗い色と明るい色の2種類があればよいと思います。


カラーは明暗を意識してセレクトするのがおすすめ

スレッドはフライの色に合わせて使い分けるのが一般的ですが、はじめはダークブラウン、ダークグレーなどの暗めの色と、ペールイエローやアイボリーなど明るい色を用意しておくと幅広いフライに対応できるでしょう。

次回
【隔週連載】嶋崎了のフライタイイング基礎知識
第3回「ドライフライ向けテイル材の種類編」は
2017年9月11日(月)公開予定です。

2017/8/28

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

最新号 2020年12月号 Mid Autumn

特集
共鳴するウエットフライ
エキスパートが実践していること

 今号の特集はウエットフライ。十人十色、という言葉がこれほどマッチするフライフィッシングはないかもしれません。エキスパートたちには「この釣りを始めたきっかけ」から、今実践しているテクニックまで、さまざまな質問をぶつけてみました。すると、実は似たような釣り方をしていることも少なくない、ということに気づかされました。
 先般22年ぶりの復刊となった、佐藤成史さん著『瀬戸際の渓魚たち』。Special Topicsと題しまして、阿武隈高地の天然イワナについて現状を取材してきました。日本列島形成の背景をもとに浮かび上がってきたのは、イワナたちの「山越え」という仮説。人類の営みと比べたら気の遠くなるような時間をかけて脈々と受け継がれてきたイワナたちの「血」。そんな歴史を感じることのできる幸福と、現状への警鐘があぶり出されています。
 巻末の長編特集は、来日も幾度となく果たし、「フライキャスティング」に大変革をもたらしたといってよい、メル・クリーガーさんを紹介しています。メルさんをよく知る5名に、知られざる側面を含めた彼の功績、人となりを語ってもらいました。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING