LOGIN

FF EXPO 下田郷レポート

行政主導のFFイベント!

山本克典=写真と文
2019年11月10日(日)、新潟県三条市下田郷アウトドア・スポーツ・観光推進協議会主催による、参加費無料のフライフィッシングイベント「Fly Fishing EXPO下田郷(しただごう)」が八木ヶ鼻オートキャンプ場にて開催されました!




国内のフライフィッシングブランドと三条市の人気アウトドアメーカー、地元のものづくり企業、B級グルメをはじめとする飲食店が集まりました。

メインテントではタイイングデモやトークショー、そして抽選会が行なわれ、1日のみの開催が惜しまれる声も聞かれるほど。

三条市の國定勇人市長ご本人のブログでもアピールされるほど、地元三条市のやる気もみなぎるイベントでした。


國定市長です!





まずは出展社ブースです。


uoso


WALTON


C&F DESIGN


竹竿工房JADE


SHIMANO


SHAKU HUNTER


株式会社シューユウ


SWEET FISH 


TIEMCO


テヅカアートクラフト


TEAL


TOYOKOGYO


トラウトアンドキング


Captured 


Heritage Club Limited


VARIVAS


Fly Fishing Shop ROSE &TSR


Snow Peak HEADQUARTERS


WESTCAPTAIN STAG


E&E


日野浦刃物工房増田切出工場



メインテントではタイイングデモが行なわれました。

タイヤーの横に設置したモニタにタイヤーの手もとを表示する試みは好評。





このほか、エキスパートがそれぞれの釣りを語るトークショーも開催。





B級グルメコーナーの匂いと雰囲気は、今までのフライフィッシングイベントにはなかったですね。






キャスティング、タイイングとも、初心者教室を設けています。




三条市経済部営業戦略室の栗山陽子さんもフライキャスティングに初挑戦。



こちらはタイイング教室。




そして最後は出展社からの協賛品の抽選会。クジを引くのは五十嵐川漁協組合長、飯塚喜一さん(写真右)。合計10名の方にプレゼント。




協賛品にはレディントンのリールも含まれました。



初開催、下田郷の八木ヶ鼻オートキャンプ場という三条市内から車で30〜40分離れた場所での開催でしたが、予想以上の盛り上がりでした。

来年も開催予定とのこと。

またお会いしましょう!




出展メーカー
フライフィッシング関連
uoso
WALTON
C&F DESIGN
竹竿工房JADE
SHIMANO
SHAKU HUNTER
株式会社シューユウ
● SWEET FISH 

つり人社
TIEMCO
手塚アートクラフト
TEAL
TOYOKOGYO
トラウトアンドキング
Captured 
Heritage Club Limited
VARIVAS
Fly Fishing Shop ROSE &TSR

タイイングデモ登壇タイヤー
●杉浦雄三
●安田龍司
●山口直哉
●嶋崎 了

アウトドアメーカー
Snow Peak HEADQUARTERS
WESTCAPTAIN STAG

三条市企業ブース
E&E
日野浦刃物工房
増田切出工場

新潟発B級グルメ出店
こくわ屋藤兵衛
横田精肉店
村長の家
とんかつ三条
侍ラーメン
佐藤豆腐店
道の駅漠学の里しただ
道の駅庭園の郷保内


主催:下田郷アウトドア・スポーツ・観光推進協議会(TEL 0256-34-5605)https://www.city.sanjo.niigata.jp/ –>

2019/11/13

つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…
つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…

最新号 2021年6月号 Early Summer

渓流のドライフライ・フィッシング、ロングティペット・リーダーの名手として知られる渋谷直人さん。今号は彼の渓流フライフィッシングに対する、テクニックではなく、思考法を中心に語っていただきました。ここでいうテクニックとはほぼ運動能力と同義で、どうしても反復練習や経験が必要になります。しかし思考に関しては、知るだけで明日から役に立つはず。日本の渓流でヤマメ、イワナをねらうための金言、格言、ハッとさせられる言葉が並びます。
表紙にも入れましたが、いくつか例を以下に挙げます(これはほんの一部です)。
「ドライフライ・フィッシングとは水面で行なうエサ釣りである」
「尺ヤマメを釣りたかったら、まずは見つけること」
「遠くへ投げるよりも、魚に近づく技術を磨く」
「見えないフライは、勝負にならない」
「よい時間帯は午前10時〜午後4時と思い込んで間違いない」

このほか、小特集としてUVマテリアルについて名手たちの考え方を取り上げます。


[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING