LOGIN

嶋崎了のタイイングライブ

第1回「ザ・実弾!」編 2020年5月19日、19時30分スタート

FlyFisher編集部=写真と文



『嶋崎了のタイイングライブ01 ザ・実弾!』

■開催日:2020年5月19日(火)
■時間:19時30分〜21時

終了いたしました。ご視聴ありがとうございました!
この動画のアーカイブは会員特典としてご覧いただけます。




※有料メンバー登録すると動画がご覧いただけます。




嶋崎 了(しまざき・りょう) 1965年生まれ。江戸川区在住。フライ歴35年。
渓流を中心に、本流、湖もオールラウンドに楽しんでいる。
ティムコ社フライ用品開発担当として、『TMCバイス』、『TMCアジャスタブルマグネットボビン』、『Jストリーム』シリーズなど主要製品を数多く手がける。 フライフィッシャーONLINEでは「嶋崎了のフライタイイング基礎知識」、「嶋崎了のタイイング基礎講座」を連載


2020年5月19日(火)、嶋崎了さんによるタイイングのライブを行ないます。

今回は、普段嶋崎さんが渓流で使用している信頼のドライフライを3パターン、セレクトしてタイイングしていただきます。

紹介する3本はシンプルかつ使用頻度の高い、非常に実践的なフライ、ということでタイトルを「ザ・実弾!」としました。

実際に巻いていただくフライは以下の3本。



エルクヘア・カディス

(こちらの記事「嶋崎了のタイイング基礎講座01」の補足する内容も含みます)


【マテリアル】
●フック……102Y 9〜17番(スタンダード系フック全般)
●スレッド……ベネッキ・ウルトラファインスレッド各色
●ハックル……コックネック・グリズリー
●ボディー……スーパーファインダビング各色
●ウイング……ナチュラル・ブルエルク



ピーコックパラシュート


【マテリアル】
●フック……212Y 9〜17番
●スレッド……ベネッキ・ウルトラファインスレッド・ブラック
●ハックル……コックネック・ブラック
●ウイングポスト……ハイビズドライウイング各色
●テイル&ボディー……ピーコックハール



ブユ


【マテリアル】
●フック……212Y 19番
●スレッド……ベネッキ・ウルトラファインスレッド・ブラック
●ウイング……CDCナチュラル
●ボディー……シールズファー・ブラック


です。


ライブ配信ですので、バイスを準備して一緒に巻いてみるのもよいですし、事前にタイイングに関するご質問をいただくことも可能です(すべての質問にお答えできない可能性があります)。

質問は件名に「嶋崎タイイングライブ質問」と明記し、以下のURLよりメールにてお送りください。
info@tsuribito.co.jp

ログイン後、以下に表示される視聴URLにてお楽しみください!

また、映像はその後アーカイブとしてFlyFisher ONLINEのMOVIEページで公開しますので、見逃した方(FlyFisher ONLINE会員限定です)もご覧いただけます。


今後予定しているライブ配信


山口直哉の中禅寺湖白熱教室オンライン
2020年5月26日(火)19時30分〜21時


「杉浦雄三の浜名湖クロダイ白熱教室オンライン」
2020年6月5日(土) 19時30分〜21時


「田口清輝のバグトーーク メッセンジャーフロッグのタイイング」
2020年6月13日(土) 19時30分〜21時 


「仲野靖のスカジットジャーニー」
2020年6月16日(火) 19時30分〜21時 


2020/5/17

つり人社の刊行物
ソルト&ウォームウォーターフライフィッシャー
ソルト&ウォームウォーターフライフィッシャー 本体2,500円+税 A4変型判カラー160ページ
ますます盛り上がりをみせるソルトウォーター&ウォームウォーターのフライフィッシングの現在を余すことなく収録。 フライフィッシングの中でもあまり注目されてこなかったマイナーなジャンルですが、世界的に見ればあながちマイナーとも言い切れません。む…
つり人社の刊行物
ソルト&ウォームウォーターフライフィッシャー
ソルト&ウォームウォーターフライフィッシャー 本体2,500円+税 A4変型判カラー160ページ
ますます盛り上がりをみせるソルトウォーター&ウォームウォーターのフライフィッシングの現在を余すことなく収録。 フライフィッシングの中でもあまり注目されてこなかったマイナーなジャンルですが、世界的に見ればあながちマイナーとも言い切れません。む…

最新号 2020年6月号 Early Summer

特集
選びきれない幸せ。
最新フライロッド・カタログ

現在日本で購入できるグラファイト(と少しグラス)ロッドをメーカーごとに分けて紹介します。取り上げたのは各メーカーの最新モデルとハイエンド・フラッグシップモデル。メジャーなメーカーのものは基本的に、渓流で使いそうな3番、近年充実してきた6番前後のダブルハンド、ソルトウオーターも視野に入れた8番を実際にキャストしたフィーリングも掲載しました。
どれもこれもが釣り道具としてすばらしい性能を持ちがながら、その上で個性を主張しています。これだけある中から選ぶことができる幸せな悩みを、ぜひ味わいましょう。 ほか、特集とはまったく逆方向、クラシックなハーディーのバンブーロッド39本を紹介。先達がロッド作りにどれほど情熱を傾けてきたかに触れます。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING