LOGIN
TACKLE SHOP DUSK

スカジットタクティクス入門│第7回

スカジットタクティクスを全9回でお伝えしていく

文・写真=仲野靖

フローティングボディにシンクティップという組み合わせが基本になるスカジットのラインシステム。このシステムを生かし、スティールヘッドはもちろん、ニジマスやアメマスといった日本のフィールドを楽しむための対象魚をスイングで釣っていく際、仲野さんは、「たとえばフローティングボディーはシンクティップを支えるウキである。というような、日本で長く紹介されていた考え方をしてしまうと、実際に必要なラインコントロールがかえって理解しにくくなると思います」と話す。

それはどういう意味だろうか?ウエットフライの釣りも含むフライを水中に泳がせる釣りにおいて、「フライを流すにあたっては、そもそもできうることと、効果があるのでするべきことの2つがあり、ある程度その理解を深めておいたほうがよい」と仲野さんは話す。その際、前回も解説したとおり、実際にスカジットのラインシステムをしっかりターンオーバーさせ、クロス方向にフライまでを含めてきちんとプレゼンテーションキャストできれば、たとえばそのあとのライン形状は「フローティングボディーの先にシンクティップがぶら下がっている」ような状態にはけっしてならない。あくまで「先端のシンクティップから手前のフローティングボディーまでが、滑らかに繋がった状態」になるといえる。

スカジットのスイングの釣りとは、端的に一言、まずはその形をしっかり作り、それをできるだけ維持しながら、一投ごとに安定した状態でフライを一定のコースに流していくことを目指す釣り方だ。そこでは、フライラインの各部に掛かるテンションは所与のものとして取り入れ、それをバランスさせることを考える。そしてライン各部のテンションをバランスさせる際は、より具体的には水中にあるシンクティップの先端付近がなるべく安定した形で流れていくことを意識する。なぜならそれにより、先にあるフライもおのずと安定して流す(泳がせる)ことができるからだ。

仲野さんが水中にあるシンクティップの先端を「起点」と表現するのは、つまりそこが「その先のフライをコントロールするための事実上の起点」になるためである。

 

 

flyfisher photo
※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

2024/7/8

最新号 2024年9月号 Mid Summer

【特集】渓流ドライフライQ&A

Q.ドライフライのコツ、トップ3を教えてください。
Q.渓流に適したタックルを教えてください。
Q.釣れるフライ、釣れないフライというのはありますか。
Q.釣りの友だちって必要ですか。
Q.渇水と平水、フライパターンに変化はありますか。
Q.魚を見つけるコツはありますか。

など、今号では、基礎的なものから、渇水の釣り方、サイトフィッシングのコツなど、渓流のドライフライ・フィッシングについて、エキスパートに多数の質問をぶつけました。

「タイトループ」セクションはぶら下がりのパターンとして世界的に使われているクリンクハマー・スペシャルの生みの親、ハンス・ヴァン・クリンケンさんの寄稿とインタビュー。

そして、クロダイポッパーの釣りを10年以上前から大阪湾で実践しているパイオニア、筒井裕作さんが、最近注目が集まる、東京湾で初挑戦します。

今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。今号では、特別付録として来年のカレンダー「Beulah CALENDAR 2025」が付属します。


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING