LOGIN
TACKLE SHOP DUSK

スカジットタクティクス入門│第1回

スカジットタクティクスを全9回でお伝えしていく

文・写真=仲野靖

この記事はFlyFisher 2013年5月号に掲載されたものを再編集したものです

Profile なかのやすしさん

18歳でフライをはじめ、渓流、本流、ソルトとさまざまな釣りを体験しながら、現在は遡上魚と大型魚の釣りを特に好む。海外のフィールドでの経験も多く、アメリカやカナダのほか、ノルウェー、ロシア、チリ、アルゼンチンなどでも釣果を上げている。

 

序論

ニジマス

シーズンもまさにこれからという2月。近日中に、まずはスカジットキャストについての概論を記してほしいと編集部から依頼が来た。

我々フライフィシャーにとっては、最も心弾む、心ここにあらずの夢見心地の時期であり、また、私個人にとってはウインタースティールのシーズン真っ只中である。文筆などは最も避けたい作業なのだが、そうも言っていられない。

スカジットキャスティングについての説明・解説を求められた時に、正確を期すために必ず含めなければならないキーワードがある。それは「サステインドアンカー」と「ローディングシークエンス」だ。これらは何度でもその意味をお伝えしなければいけないものであり、2つのメカニズムのコンビネーションなしに、スカジットキャストは語れない。換言すれば、スカジットキャストの黄金方程式 (ゴールデンセオリー)であり、必ず理解をしておかなければならない必須項目なのだ。

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。


2024/5/10

最新号 2024年9月号 Mid Summer

【特集】渓流ドライフライQ&A

Q.ドライフライのコツ、トップ3を教えてください。
Q.渓流に適したタックルを教えてください。
Q.釣れるフライ、釣れないフライというのはありますか。
Q.釣りの友だちって必要ですか。
Q.渇水と平水、フライパターンに変化はありますか。
Q.魚を見つけるコツはありますか。

など、今号では、基礎的なものから、渇水の釣り方、サイトフィッシングのコツなど、渓流のドライフライ・フィッシングについて、エキスパートに多数の質問をぶつけました。

「タイトループ」セクションはぶら下がりのパターンとして世界的に使われているクリンクハマー・スペシャルの生みの親、ハンス・ヴァン・クリンケンさんの寄稿とインタビュー。

そして、クロダイポッパーの釣りを10年以上前から大阪湾で実践しているパイオニア、筒井裕作さんが、最近注目が集まる、東京湾で初挑戦します。

今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。今号では、特別付録として来年のカレンダー「Beulah CALENDAR 2025」が付属します。


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING