LOGIN
ささきつりぐ

忍野ノート2023

VOL.7 5月21日

佐々木岳大=文と写真

穏やかな流れのライズ…実に忍野的な光景

《Profile》

佐々木 岳大(ささき・たけひろ) 1974年生まれ。神奈川県南足柄市在住。ホームグラウンドは地元の丹沢など。C&Fデザイン社に勤務。マッチング・ザ・ハッチの釣りのほか、ドライフライ、ニンフを使った小渓流の釣りも得意としている。
 

陽射しの強い晴天の日の日中も、標高の高い忍野は湿度が低く過ごしやすい。
どのポイントでもライズが見られるほど、まとまったハッチがある訳ではないのだが、川岸を行ったり来たりして、ライズがあれば狙ってみたり、深場の底にはりつく大型魚が見つけられれば、超ヘビーなシステムでサイトニンフィングを楽しんだりして日中を過ごした。

時おり、メイフライのスピナーが流下する時間帯があったりもするのだが、特定種のハッチがまとまらない印象で1日が終わりそうな気配だったのだが…。

鼻先を出さないライズの群れ



午後、上流から下流まで数時間かけて移動しながら釣ったのは、逆に言えば足を止めて狙うポイントがなかったと言えるのかもしれない。

1尾釣っては移動を繰り返し、何となくダラけた印象で【忍野フィッシングマップ:護岸上のストレート】を通りかかると、護岸のすぐ上流ポイントにフライフィッシャーの姿がない。
陽気のせいか、この日は全体的に釣り師が多く、空いているポイントも少なかったので軽い気持ちでようすを見てみることにした。

数尾のマスがすさまじい頻度でライズしているが、鼻先が水面から出ることはない

流心の両脇で、数尾のマスが群れでライズを繰り返しているのが確認できる。
どのマスも捕食頻度が高いせいで、狭い範囲のどこかで、常にマスのライズが確認できるような状況。

しかし、モクンモクンとライズするマスたちの鼻先が水面から出ることはなく、フライフィッシャーでなければ、そこでマスが何かを食べていることにすら気が付かないかもしれない。

フラッタリング

ライズフォームを観察すればするほど、捕食は水面直下のものに限定されているように見える。
しかし、これだけの頻度で、あれだけの数のマスがライズをしていれば「水面でも釣れるのではないか…?」という気が起こるのも無理はない?

ライズ頻度から、ユスリカ及び小さなメイフライスピナーの流下を疑ったが、マスたちはこれらの水面のパターンにまったく反応しない。
そうこうしているうちに、黒く見える小さなカディスが岸辺を群飛しているのが視界に入った。

試しにユスリカのイミテーションとして結んでいた#24のグリフィスナットを、ライズ地点でプルッ!と震わせてみると、いっせいに2尾のマスがフライを追った。
手応えを感じ、ライズ地点よりも奥にフライをプレゼンテーションし、小さく震わせながら引っ張ってきて、ライズ地点でフライを止め「喰わせの間」をあたえるアプローチで、2尾のマスをキャッチすることができた。

ブユを含む、黒っぽい小さなものが多く捕食されていた

マルツツと思われる、小さなブラックカディスのスペントが目につく捕食内容

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

2023/9/9

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING