LOGIN
TACKLE SHOP DUSK

忍野ノート2023

VOL.5 4月8日

佐々木岳大=文と写真
寒冷な忍野村も今年は季節の進行が例年よりも早そうだ

《Profile》

佐々木 岳大(ささき・たけひろ) 1974年生まれ。神奈川県南足柄市在住。ホームグラウンドは地元の丹沢など。C&Fデザイン社に勤務。マッチング・ザ・ハッチの釣りのほか、ドライフライ、ニンフを使った小渓流の釣りも得意としている。
 

正午過ぎに到着した忍野の気温は14℃、風も冷たく、インサレーション入りのジャケットを着込むことになった。
とはいえ、桜の開花が寒冷地の忍野村にも春が来たこと知らせてくれる。
自衛隊の敷地を囲むソメイヨシノも開花し、まもなく見ごろを迎えそうな雰囲気だ。

オオクママダラ

少々風の強さが気になるが、陽射しは心地よく、下流部にあたる通称:金田一エリアには多くの釣師の姿が見られる。
皆が「春の釣り日和」と実感しているのだろう、なかなかの密度だ。
お昼時ということもあり、ロッドをつなぎ準備していると、いくつかのポイントが空いた。


前回の釣行時は濁りで魚影を認められなかったので、[忍野フィッシングマップ:旧金田一]のようすを見に行くことにする。このエリアでもっとも川幅の狭まるポイントだ。

不用意なプレッシャーを与えることのないよう配慮し、ポイントまで気持ち遠い位置で立ち止まり、ようすを確認すると、あちらこちらでライズが確認できる。

日本のエゾシカをウイングにつかったオオクマパターンで釣りを始めた

つい数分前、通りかかった川岸に咲いた花を撮影しながら、「のんびり楽しもう」などと考えていた気持ちは一瞬でどこへやら!
風で流されてきたオオクママダラを食いそこねたマスが、2度3度と追い食いしている光景を目の当たりにし、あわててリーダーをセットしフライを結ぶ。

最初にねらうのは5mほど上流の流心。
流速があり、マスのフライに対する選球眼が甘く、もっともドラグフリーで流しやすいライズなのではないかと考えた。しかしマスはフライに鋭く反応はするものの、見事にフライを見切ってはライズを繰り返す…。
可愛げはないが、あまりにも忍野らしい展開だ。

幸い、同じ立ち位置から狙えるライズは複数あり、一度フライを見切られるごとにターゲットを変更してプレゼンテーションを繰り返す。
作戦が功を奏し、数尾のマスを釣ることができたが、流心の一見簡単そうなライズが徹底的に釣れない…。

いちばん簡単そうに思われたライズが手強かった…

ステージの違い

オオクママダラが捕食される瞬間を何度も目撃しているので、フライも大幅に違うことはないだろう…。
そう考えていたが、近くでライズしていた別のニジマスから、ヒントとなる捕食内容が確認できた。

フライ選択のヒントをくれたコンディションの良いニジマス

釣り上げたニジマスは、完全な偏食ではないものの、オオクママダラのフローティングニンフを捕食していた。
もし、釣れないライズの主がフローティングニンフに的を絞って捕食しているのであれば、私のコンパラダンに反応しない理由として納得ができる。
浮き方やフォルムが、明らかに本物とは異なるからだ。

スピナーと比較すればシェイプの違いは一目瞭然

恥ずかしながら、オオクママダラのフローティングニンフを模したパターンを巻いた記憶がない。
代用できるフライを探すと、デイパックの中に入っていたイワナ釣り用のフライボックスから、ヘア&カッパーのクリンクハマー(半沈パラシュート)が見つかった。グラブフックの#14に巻かれていて、あきらかに本物より小さいが、仕方がないと割り切り試してみることにする。

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

2023/7/19

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING