LOGIN

第2回 ターキーテイル

サーモンフライやウエットのボディーにも活用

岩崎 徹=解説

特徴的な模様のターキークイル。前回紹介したターキークイルはウエットフライのウイングに多用されますが、テイルにはどのような使い道があるのでしょうか。

岩崎 徹(いわさき・とおる)
1948年生まれ。タイイングマテリアルを取り扱う「キャナル」代表。羽根や獣毛など、希少種も含めて、これまでに数々のマテリアルを取り扱ってきた経験を持つ。各素材の効果的な利用方法はもちろん、世界のマテリアル事情にも詳しい。


ほとんどの羽根が、濃い茶色がベースカラー

ターキーテイルの色味には、どんなものがありますか?

前回のターキークイルに比べて、テイルは野生の鳥も飼育されている個体も、羽根の模様にはさほど差はありません。

ただしこちらも、ずっと飼育されているとクイルと同じように、全体が白っぽくなってくる傾向があります。やはりその過程でグレーやシルバー系のものも出てくることがあります。
ターキーテイルも個体差がある。基本的には茶色ベースのトラ模様だが、飼育されている鳥のものは、白っぽくなる傾向にある

日本でもけっこう飼われていますが、そうした鳥でターキークイルのようなモットルド系の模様は見たことはないですね。

基本的には、だいたい尻尾は濃い茶系のカラーで、先端が茶色い「シナモンティップ」と、先端が白い「ホワイトティップ」というタイプに、大まかに分かれます。野生のものについても、だいたい同じようなイメージです。
先端の色は茶色系と白系に分かれる。こちらは「ホワイトティップ」

クイルよりもバラけやすい

ターキーテイルには、主にどのような用途がありますか?

ターキークイルに比べてファイバーが長いので、ウエットフライのウイングとして巻くのには適していないのですが、サーモンフライ、とくにディーウイングのフライにはよく使われます。

テイルでもサイドに近い部分はファイバーが短いので、ウエットに使うことも可能ではあります。しかしテイルと比べると素材が厚く硬いので、巻きにくいかもしれませんね。ファイバーがバラけやすいという特徴もあります。

どんなテイルも、クイルに比べるとバラけやすいといえます。ウエットフライのウイングに使うには、ちょっと扱いが難しいかな……という感じです。色味はいろいろあって楽しいのですが。
飼われている過程では、グレーやシルバー系のテイルも見られる。ウエットフライのウイングにはやや大きい(長い)ファイバー

ちなみにホワイトティップなどは、サーモンフライの「ジョック・スコット」に使われるので、そういったフライを巻くタイヤ―には人気があります。先端がきれいな形に整っており、傷がないものは貴重です。先端は地面を擦るので、どうしても傷つきやすいんですね。
ホワイト系とブラウン系の模様のの差。どちらもホワイトティップ

基本的には茶色のトラ柄ですが、そうしたなかにもいろんな模様があるのは楽しいですね。ボディーに巻いても構いませんし、ニンフのウイングケースにも使えます。いろいろ使い道のあるマテリアルです。

次回
【隔週連載】タイイングマテリアル目利き図鑑
第3回「マラブー」は
2017年1月8日(月)公開予定です。

2017/12/26

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

最新号 2020年12月号 Mid Autumn

特集
共鳴するウエットフライ
エキスパートが実践していること

 今号の特集はウエットフライ。十人十色、という言葉がこれほどマッチするフライフィッシングはないかもしれません。エキスパートたちには「この釣りを始めたきっかけ」から、今実践しているテクニックまで、さまざまな質問をぶつけてみました。すると、実は似たような釣り方をしていることも少なくない、ということに気づかされました。
 先般22年ぶりの復刊となった、佐藤成史さん著『瀬戸際の渓魚たち』。Special Topicsと題しまして、阿武隈高地の天然イワナについて現状を取材してきました。日本列島形成の背景をもとに浮かび上がってきたのは、イワナたちの「山越え」という仮説。人類の営みと比べたら気の遠くなるような時間をかけて脈々と受け継がれてきたイワナたちの「血」。そんな歴史を感じることのできる幸福と、現状への警鐘があぶり出されています。
 巻末の長編特集は、来日も幾度となく果たし、「フライキャスティング」に大変革をもたらしたといってよい、メル・クリーガーさんを紹介しています。メルさんをよく知る5名に、知られざる側面を含めた彼の功績、人となりを語ってもらいました。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING