LOGIN

LIFE IS FLY FISHING

第三話 フライ寿命

阪東幸成=写真と文

現代はストレスフルな時代である。

イラつく気持ちを抑えるために、タバコの一本も吸いたくなるだろう。

「あんなアホな上司の下で、仕事やってられないしー」

わかる、その気持ち。

わたしだって、そんな上司の下で仕事をしたことがあるし、なによりも自分がそんな上司になったことさえあるから、よーくわかる。

だからって、フライフィッシングにそのハケ口を求めるのはまちがっている。

フライフィッシングはゴミ捨て場ではない。ストレス発散の場ではなく、魂を浄化させるための聖域であることを忘れてはいけない。

世俗的な社会で何が起こっていても、たとえばカルロス・ゴーンが逮捕されても、元号が変わっても、ブラックホールが撮影されても、フライフィッシングには一切関係がない。ストレス発散はブラックホールに向かってすればよい。まちがいなくストレスを激しく吸引してくれるはずだ。

ついでにアホな上司の背中を 押すとか。


わたしたち、ふらい人の身体はフライフィッシングをするためにある。

ひとりひとりが責任を持って、末長くフライフィッシングをつづけることが、ひいてはフライフィッシング世界全体のためになるのだ。

フライフィッシングをことさら神聖化するつもりはない。もしあなたがタバコの吸いすぎで、予定より一年早死にしてしまったら、一年分のリーダー、ティペット、マテリアル、あるいは買おうと決めていたバンブーロッドの消費が減り、日本経済にすくなからず影響を与えることにもなるのだ。

日本人の平均寿命は女性は87.26 歳、男性は81.09 歳で、総合で世界第 2 位。素晴らしい、とは思う。 しかしながら「病院や施設のベッドの上で、ただただ生き延びているだけでは生きている意味がない、健康寿命こそが重要なのだ」と言われて久しい。

健康寿命は女性 74.79 歳、男性が 72.14 歳である。10 歳 以上の差があるのだ。


わたしたち、ふらい人はフライフィッシングをするために生きている。

少なくともわたし自身について言えば、「足腰が立たなくなったらヘラ釣りでもやるか」なんて絶対に思わない。

わたしにとってはフライフィッシングだけが釣りで、フライフィッシングだけが人生で、フライフィッシングができなくなった時点ですべてが終わる。フライフィッシングをしないわたしは、すなわち廃人だ。

ふらい人にとって重要なのは健康寿命なんかではなく、ふらい寿命なのである。

いまからでも遅くはない、タバコを吸っているあなた、今すぐにヤメて、病院のベッドではなく、ともに水辺で朽ち果てようではないか!



《Profile》
阪東幸成(ばんどう・ゆきなり)
アウトドア・ライター。バンブーロッドにのめりこみ、1999年に『アメリカの竹竿職人たち』(フライの雑誌社刊)を著す。2017年にふらい人書房を立ち上げ、以降『ウルトラライト・イエローストーン』『釣り人の理由』など、自身の著作を中心に出版活動を行なっている。最新刊は『ライフ・イズ・フライフィッシング シーズン1』。



ふらい人書房ホームページ
www.flybito.net

2019/4/23

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

THE LATEST ISSUE

FlyFisher 2020年9月号Mid Summer

 フックにマテリアルを留めるというテクニックだけでも本が何冊もできてしまうほどの奥深さがありますが、今回は、フライの構造や素材の選び方など、編集部が「面白い!真似したい!」と感じたものを取材しました。渓流から海まで、フライフィッシングの広がりも味わえます。そのほか、国内主要メーカーのフック一覧や、ピーコックコンプリートの解説などもしました。  そして、水生昆虫研究家の刈田敏三さんによる「ドリフティング」も紹介しています。長年の水生昆虫研究にプラスして、水中カメラで渓流に泳ぐヤマメの行動研究を始めた刈田さんによる、より実践的な釣り方と考え方の提案です。  名前は知っていても、その実像はあまり触れられなかった、エンリコ・パグリシさんへのインタビューも実現しました。名前の正しい発音は「パグリシ」ではなく、「プッリージ」だったことが判明するなど、楽しくもヒントに溢れる内容です。したがって今後小誌では、エンリコ・プッリージさんと表記します。  大好評、備前貢さんの「オホーツク通信」では、今回もさまざまなタイイングの技が紹介されています。中でも、ピーコックハールをティンセルで挟んでねじるという、ボリュームと強度を同時に出せる手法を使った、豊満なプロポーションのロイヤルウルフは最高です!
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

おすすめ記事

THE LATEST ISSUE

FlyFisher 2020年9月号Mid Summer

 フックにマテリアルを留めるというテクニックだけでも本が何冊もできてしまうほどの奥深さがありますが、今回は、フライの構造や素材の選び方など、編集部が「面白い!真似したい!」と感じたものを取材しました。渓流から海まで、フライフィッシングの広がりも味わえます。そのほか、国内主要メーカーのフック一覧や、ピーコックコンプリートの解説などもしました。  そして、水生昆虫研究家の刈田敏三さんによる「ドリフティング」も紹介しています。長年の水生昆虫研究にプラスして、水中カメラで渓流に泳ぐヤマメの行動研究を始めた刈田さんによる、より実践的な釣り方と考え方の提案です。  名前は知っていても、その実像はあまり触れられなかった、エンリコ・パグリシさんへのインタビューも実現しました。名前の正しい発音は「パグリシ」ではなく、「プッリージ」だったことが判明するなど、楽しくもヒントに溢れる内容です。したがって今後小誌では、エンリコ・プッリージさんと表記します。  大好評、備前貢さんの「オホーツク通信」では、今回もさまざまなタイイングの技が紹介されています。中でも、ピーコックハールをティンセルで挟んでねじるという、ボリュームと強度を同時に出せる手法を使った、豊満なプロポーションのロイヤルウルフは最高です!

最新号 2020年9月号 Mid Summer

特集
晴釣雨巻
現場から生まれた、個性的タイイング

フックにマテリアルを留めるというテクニックだけでも本が何冊もできてしまうほどの奥深さがありますが、今回は、フライの構造や素材の選び方など、編集部が「面白い!真似したい!」と感じたものを取材しました。渓流から海まで、フライフィッシングの広がりも味わえます。そのほか、国内主要メーカーのフック一覧や、ピーコックコンプリートの解説などもしました。
 そして、水生昆虫研究家の刈田敏三さんによる「ドリフティング」も紹介しています。長年の水生昆虫研究にプラスして、水中カメラで渓流に泳ぐヤマメの行動研究を始めた刈田さんによる、より実践的な釣り方と考え方の提案です。
 名前は知っていても、その実像はあまり触れられなかった、エンリコ・パグリシさんへのインタビューも実現しました。名前の正しい発音は「パグリシ」ではなく、「プッリージ」だったことが判明するなど、楽しくもヒントに溢れる内容です。したがって今後小誌では、エンリコ・プッリージさんと表記します。
 大好評、備前貢さんの「オホーツク通信」では、今回もさまざまなタイイングの技が紹介されています。中でも、ピーコックハールをティンセルで挟んでねじるという、ボリュームと強度を同時に出せる手法を使った、豊満なプロポーションのロイヤルウルフは最高です!
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING