LOGIN

LIFE IS FLY FISHING

第三話 フライ寿命

阪東幸成=写真と文

現代はストレスフルな時代である。

イラつく気持ちを抑えるために、タバコの一本も吸いたくなるだろう。

「あんなアホな上司の下で、仕事やってられないしー」

わかる、その気持ち。

わたしだって、そんな上司の下で仕事をしたことがあるし、なによりも自分がそんな上司になったことさえあるから、よーくわかる。

だからって、フライフィッシングにそのハケ口を求めるのはまちがっている。

フライフィッシングはゴミ捨て場ではない。ストレス発散の場ではなく、魂を浄化させるための聖域であることを忘れてはいけない。

世俗的な社会で何が起こっていても、たとえばカルロス・ゴーンが逮捕されても、元号が変わっても、ブラックホールが撮影されても、フライフィッシングには一切関係がない。ストレス発散はブラックホールに向かってすればよい。まちがいなくストレスを激しく吸引してくれるはずだ。

ついでにアホな上司の背中を 押すとか。


わたしたち、ふらい人の身体はフライフィッシングをするためにある。

ひとりひとりが責任を持って、末長くフライフィッシングをつづけることが、ひいてはフライフィッシング世界全体のためになるのだ。

フライフィッシングをことさら神聖化するつもりはない。もしあなたがタバコの吸いすぎで、予定より一年早死にしてしまったら、一年分のリーダー、ティペット、マテリアル、あるいは買おうと決めていたバンブーロッドの消費が減り、日本経済にすくなからず影響を与えることにもなるのだ。

日本人の平均寿命は女性は87.26 歳、男性は81.09 歳で、総合で世界第 2 位。素晴らしい、とは思う。 しかしながら「病院や施設のベッドの上で、ただただ生き延びているだけでは生きている意味がない、健康寿命こそが重要なのだ」と言われて久しい。

健康寿命は女性 74.79 歳、男性が 72.14 歳である。10 歳 以上の差があるのだ。


わたしたち、ふらい人はフライフィッシングをするために生きている。

少なくともわたし自身について言えば、「足腰が立たなくなったらヘラ釣りでもやるか」なんて絶対に思わない。

わたしにとってはフライフィッシングだけが釣りで、フライフィッシングだけが人生で、フライフィッシングができなくなった時点ですべてが終わる。フライフィッシングをしないわたしは、すなわち廃人だ。

ふらい人にとって重要なのは健康寿命なんかではなく、ふらい寿命なのである。

いまからでも遅くはない、タバコを吸っているあなた、今すぐにヤメて、病院のベッドではなく、ともに水辺で朽ち果てようではないか!



《Profile》
阪東幸成(ばんどう・ゆきなり)
アウトドア・ライター。バンブーロッドにのめりこみ、1999年に『アメリカの竹竿職人たち』(フライの雑誌社刊)を著す。2017年にふらい人書房を立ち上げ、以降『ウルトラライト・イエローストーン』『釣り人の理由』など、自身の著作を中心に出版活動を行なっている。最新刊は『ライフ・イズ・フライフィッシング シーズン1』。



ふらい人書房ホームページ
www.flybito.net

2019/4/23

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

おすすめ記事

最新号 2020年12月号 Mid Autumn

特集
共鳴するウエットフライ
エキスパートが実践していること

 今号の特集はウエットフライ。十人十色、という言葉がこれほどマッチするフライフィッシングはないかもしれません。エキスパートたちには「この釣りを始めたきっかけ」から、今実践しているテクニックまで、さまざまな質問をぶつけてみました。すると、実は似たような釣り方をしていることも少なくない、ということに気づかされました。
 先般22年ぶりの復刊となった、佐藤成史さん著『瀬戸際の渓魚たち』。Special Topicsと題しまして、阿武隈高地の天然イワナについて現状を取材してきました。日本列島形成の背景をもとに浮かび上がってきたのは、イワナたちの「山越え」という仮説。人類の営みと比べたら気の遠くなるような時間をかけて脈々と受け継がれてきたイワナたちの「血」。そんな歴史を感じることのできる幸福と、現状への警鐘があぶり出されています。
 巻末の長編特集は、来日も幾度となく果たし、「フライキャスティング」に大変革をもたらしたといってよい、メル・クリーガーさんを紹介しています。メルさんをよく知る5名に、知られざる側面を含めた彼の功績、人となりを語ってもらいました。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING