LOGIN

LIFE IS FLY FISHING

第二話 釣り人の手順

阪東幸成=写真と文

人には手順というものがある。朝起きたら顔を洗うし、寝る前には歯を磨く。

キスをする前にはデートに誘う。愛し合う前には服を脱ぐ。

でも手順が狂うときもある。服を脱ぐ前にコトに及ぶこともあるし、結婚式だというのに、すでにして大きなお腹が大儀そうな新婦もいる。

それが人の世というものだ。

釣り人にも手順がある。釣り場に着くと、なにはともあれ用を足す。

誰が決めたわけでもないのに男ならきっとそうする。

手順が狂うことはない。絶対にそうする。

それが釣り人というものだ。


しかし、女性のふらい人が登場してから、世界は変わった。その日、釣り場に着いて女は言った。

「いつもあなただけ用を足すなんてズルい。わたしは朝からなにも飲んでないのに」

「ズルいだなんて、心外だな。わかった、それなら今日は我慢する」

「そうよ、たまには女性の身になってみなさいよ」

男は歯を磨かずにベッドに入るような気分でウェーダーを履いた。その日、釣りをしている間中、男はなんでもない顔を装いながら、必死で耐えた。

「もうだめだ、これ以上我慢するとウェーダーが中から浸水してしまう」という状況にあっても、ゴアテックスの透湿性にすべてを委ねてしまおうとはしなかった。


日暮れが迫って来たとき、「今日はイブニングはやめておこう」と言い出した男に、女は驚いた。

いつもとっぷりと日が暮れるまで自分を付き合わせていることを、ようやく反省する気になったのだと思った。

「やっぱりわたしを愛しているんだわ。今夜は久しぶりにサービスしてあげようかしら」

車に戻った男は、女がウェーダーを脱ぎ始め、身動きが取れなくなったタイミングを見計らって、「あれっ、川にフォーセップを落としたみたいだ。ちょっと見てくるよ」と言い残して、土手の向こうに消えた。

「おぉー、ふぅー、はぁー」

男が全身を震わせて、河原に盛大に飛沫を飛ばしたとき、ふいにそこに虹がかかった。

男の消えた土手の方角を見ていた女の前に、素晴らしく大きな虹がかかった。

「おかしいわね、夕立なんて降らなかったのに。今夜は良いことがあるのかも」

それから8ヶ月後、結婚式の披露宴で膨れたお腹を愛おしそうに撫でるウエディングドレス姿の女を見つめながら、男は、「でもあの日、オレは昼間は漏らさなかった」と思いつつ、優しく新婦の手を握った。



《Profile》
阪東幸成(ばんどう・ゆきなり)
アウトドア・ライター。バンブーロッドにのめりこみ、1999年に『アメリカの竹竿職人たち』(フライの雑誌社刊)を著す。2017年にふらい人書房を立ち上げ、以降『ウルトラライト・イエローストーン』『釣り人の理由』など、自身の著作を中心に出版活動を行なっている。最新刊は『ライフ・イズ・フライフィッシング シーズン1』。



ふらい人書房ホームページ
www.flybito.net

2019/3/24

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

おすすめ記事

最新号 2020年12月号 Mid Autumn

特集
共鳴するウエットフライ
エキスパートが実践していること

 今号の特集はウエットフライ。十人十色、という言葉がこれほどマッチするフライフィッシングはないかもしれません。エキスパートたちには「この釣りを始めたきっかけ」から、今実践しているテクニックまで、さまざまな質問をぶつけてみました。すると、実は似たような釣り方をしていることも少なくない、ということに気づかされました。
 先般22年ぶりの復刊となった、佐藤成史さん著『瀬戸際の渓魚たち』。Special Topicsと題しまして、阿武隈高地の天然イワナについて現状を取材してきました。日本列島形成の背景をもとに浮かび上がってきたのは、イワナたちの「山越え」という仮説。人類の営みと比べたら気の遠くなるような時間をかけて脈々と受け継がれてきたイワナたちの「血」。そんな歴史を感じることのできる幸福と、現状への警鐘があぶり出されています。
 巻末の長編特集は、来日も幾度となく果たし、「フライキャスティング」に大変革をもたらしたといってよい、メル・クリーガーさんを紹介しています。メルさんをよく知る5名に、知られざる側面を含めた彼の功績、人となりを語ってもらいました。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING