LOGIN

LIFE IS FLY FISHING

第六話 毎日が釣り曜日

阪東幸成=写真と文

ヘンリーズ・レイクを見下ろす丘の中腹にあるコテージを1ヶ月間借りた。

ひたすらフライフィッシングだけをするつもりが、日本から来た友人やアメリカ人の友人たちが出たり入ったりして、ガイド役や通訳役やドライバー役やらで、あれやこれやとバタバタと賑やかな日がつづいた。

料理の上手な友人のD井さんが連日、朝食に目玉焼きとベーコン、ランチにはサンドウィッチ、ディナーにもあれこれと趣向を凝らしてくれるものだから、いつもの年とは逆に太ってしまった。

同様に釣りをつづけて実感したのが、鱒たちの連日の飽食ぶりで、ひと月間にわたし以上にでっぷりと太った。ギャラティンで40センチ前後の魚を#3バンブーで掛けると、結構ハラハラドキドキ感を愉しめる。


ひと月過ごしたコテージを引き払ってからは、いつものキャンプ&モーテルの組み合わせパターンに戻った。

昨夜三日ぶりにモーテルにチェックインして、シャワーを浴び、ベッドの上で寝た。

キャンプ用のパスタやレトルトは余っていたけれども、夕食はスーパーへ行ってフライドチキンとフルーツ盛り合わせに缶入り白ワインをおごった。

D井さんのディナーと比べるといかにも貧相ではあったが、3日間のキャンプの後のわたしの眼には合計10ドルちょっとのディナーが贅沢に映った。


「ひと月間も毎日釣りつづけて飽きないか?」と問われたら「飽きるどころか、ぜんぜん足りない」と答える。

ひと月連続して釣りつづけてみて実感するが、川は毎日驚くほど状況がちがう。毎日別なパズルが目の前に提示されてくるから、ついついのめり込んでしまい、飽きている暇がないのだ。

とはいうものの還暦の身体に疲れが溜まってきているのは事実で、今日はモーテルの部屋でまったりとしているのだが(もちろんイブニングは行くとしても)、疲れているのはマジソンの鱒たちも同様だ。

このひと月間、文字通り朝から晩まで、世界中から集まってくる釣り人たちに虐められすぎて、公園外のマジソン(ロウワー・マジソン)の魚たちの姿は痛々しい。大きさの割に引かず、すぐに寄ってくる魚も多い。

魚たちが可哀想だからといってフライフィッシングをやめるかというとそうもいかない。

やめるわけにはいかない。

せいぜいマジソンの魚たちを来年までそっとしておいてあげるくらいのことしかできない。

だからといってわたしが魚たちに親切かというと、そんなはずもない。他の川に行って別の魚を釣るだけのことである。




《Profile》
阪東幸成(ばんどう・ゆきなり)
アウトドア・ライター。バンブーロッドにのめりこみ、1999年に『アメリカの竹竿職人たち』(フライの雑誌社刊)を著す。2017年にふらい人書房を立ち上げ、以降『ウルトラライト・イエローストーン』『釣り人の理由』など、自身の著作を中心に出版活動を行なっている。最新刊は『ライフ・イズ・フライフィッシング シーズン1』。



ふらい人書房ホームページ
www.flybito.net

2019/7/25

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

おすすめ記事

最新号 2020年12月号 Mid Autumn

特集
共鳴するウエットフライ
エキスパートが実践していること

 今号の特集はウエットフライ。十人十色、という言葉がこれほどマッチするフライフィッシングはないかもしれません。エキスパートたちには「この釣りを始めたきっかけ」から、今実践しているテクニックまで、さまざまな質問をぶつけてみました。すると、実は似たような釣り方をしていることも少なくない、ということに気づかされました。
 先般22年ぶりの復刊となった、佐藤成史さん著『瀬戸際の渓魚たち』。Special Topicsと題しまして、阿武隈高地の天然イワナについて現状を取材してきました。日本列島形成の背景をもとに浮かび上がってきたのは、イワナたちの「山越え」という仮説。人類の営みと比べたら気の遠くなるような時間をかけて脈々と受け継がれてきたイワナたちの「血」。そんな歴史を感じることのできる幸福と、現状への警鐘があぶり出されています。
 巻末の長編特集は、来日も幾度となく果たし、「フライキャスティング」に大変革をもたらしたといってよい、メル・クリーガーさんを紹介しています。メルさんをよく知る5名に、知られざる側面を含めた彼の功績、人となりを語ってもらいました。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING