LOGIN

FLOWING LIKE A RIVER

FFをイメージするプレイリスト、JAZZ編

文=FlyFisher編集部


「フライフィッシング×音楽」第2弾です! 今回は「Keep Swinging」と題して、選曲をジャズに絞ったプレイリストを公開しました。耳あたりがよく、心地よい10曲をお届けします!
選曲は、現役ジャズミュージシャンでフライフィッシャーの方にお願いしました。お楽しみください!

日本のCMやドラマで使われた曲もあるので、聴いたことのある曲もあるかもしれません!

<「春編」もあります>

クラシックなジャズ・スタンダードもありますが、全体的には現代ジャズ・シーンからの選曲となっており、普段ジャズになじみのない方でも聴きやすく楽しめると思います。また、演奏を聴かせるタイプの楽曲の次にハネたリズムの楽曲を置くなど、全体の構成が素晴らしく、まさに淀みなく流れる川のようで「FLOWING LIKE A RIVER」のタイトルにぴったりです。違和感なく「身体になじむ」10曲なので是非一度通して聴いていただきたいです。

今回のプレイリストの多くはオリジナルが存在するのですが、原曲のテーマはそのままに、あえてリズムを外した演奏を試みるなど、とても魅力的なアレンジとなっています。原曲とくらべて聴いてみるのもよいかもしれません。

選曲頂きました方より、「フライフィッシングとジャズ、両方とも伝統のある文化ですが、ある一定の様式の上に釣り人/プレイヤーが独自のスタイルを築いている。様式美と創造(タイイングやジャズのアドリブ)の合体に魅力があると思います。僕にとってはどちらもライフワークになりました。」というコメントをいただきました。

20代の私からすると、「ジャズ=大人の音楽」という印象は頭のどこかにありましたが、単にそこから「フライフィッシング」と結び付けてしまうことは短絡的かなと思いました。1曲に対する解釈が豊富にあるのと同じで、一尾に対するアプローチに様々な考え方があるのと、どこか通じるものがあるような気がしますね。

<「春編」はこちら>

2019/5/24

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2019年12月号 Mid Autumn

第1特集
フライライン大宇宙

第2特集
渓で夜を過ごすという冒険、リバーステイ


#3〜4の渓流用ラインを中心にフライラインを特集します。現在日本で入手可能なメーカーの解説や、38本の振り比べなど、どれを選べばよいか悩んでいるフライフィッシャーのための記事を作りました。記事をとおして感じるのは、メーカーがそれぞれにこだわりを持って作っていることと、ラインは「良し悪し」ではなく、「好き嫌い」で選んでよいのではないか、ということです。個人のキャスティングのクセ、使うフライやロッド、よく行くフィールドなどによって、評価基準は千差万別。あなたに合った1本を見つけてください!
第2特集では「リバーステイ」。源流へ行くのではなく、渓流で泊まる3つのストーリーをお届けします。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING