LOGIN
海人スタイル奄美

FLOWING LIKE A RIVER

春を感じる12曲

FlyFisher編集部=写真と文


【音楽とフライフィッシング】
今回の企画は「フライフィッシングに合う音楽」でひとつのシーンを作りたい! という発想から始まりました。あまりかまえずに、小さな連載として続けていき、読者の皆様とも感性を共有しながら作っていければと考えています。題して「Music for FlyFisher“FLOWING LIKE A RIVER”」。ただのドライブ・ミュージックではなく、季節ごとに、フライフィッシングの世界観をどことなく想起させるような楽曲を、編集部一音楽にうるさい? 編集部員Tがセレクトし、音楽ストリーミングサービスSpotifyのFlyFisherアカウントにてプレイリストを公開していきます! 今回のテーマはずばり「春」です!

spotify:user:q5eu6ks3yc49vldirlhrfdixx:playlist:2VaKoi9AJE20aBTi82zwR9
ブログなどでの告知用の簡易プレーヤー。フルで聴く場合は上部のSpotifyロゴをクリックし、Spotifyアプリをダウンロード

<「JAZZ編」もあります!>

フォーク・ミュージックから、エレクトロニカ・ミュージックまで幅広いジャンルからの選曲となりました。アコースティックなサウンドの落ち着いた雰囲気のほうが合うかと思いましたが、選曲を始めると(こと今回の「春」のテーマにおいては)意外にも電子音がふんだんに使われた楽曲もイメージに近いと感じました。無機質な電子音の響きがまだ色味の少ない春の山々の映像と結びつくのでしょうか。この両者に親和性を見出したのはよい発見でした。

この記事を担当する編集部員T。つり人社編集部で勤務するかたわら、自身の参加するバンドではベーシストとしてライヴ活動など行なう。写真は都内ライヴハウスにて


この前誌面で「フライフィッシングは机の上から始まっている」というフレーズを見て、確かにそうだなと改めて考えさせられました。だからこそ、聴くだけでその情景や、釣り人にしか味わえない高揚感を思い起こさせるような音楽があれば、もっと別の方面から釣りを掘り下げられるんじゃないかと思います。そう考えると今回の試みも、フライフィッシングを通してもっと幸せになる方法のひとつとして生き生きしてくると思いませんか!? 是非、皆様のご意見もお待ちしております! 

<「JAZZ編」はこちら>


spotify:user:q5eu6ks3yc49vldirlhrfdixx:playlist:2VaKoi9AJE20aBTi82zwR9


●選曲担当、編集部員Tがベーシストとして所属するバンド【Glimpse Group】の音源視聴はこちらから!● spotify:album:0lQWhfyolrEkMZKWBy5La3

2019/4/16

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING