LOGIN

FLOWING LIKE A RIVER

春を感じる12曲

FlyFisher編集部=写真と文


【音楽とフライフィッシング】
今回の企画は「フライフィッシングに合う音楽」でひとつのシーンを作りたい! という発想から始まりました。あまりかまえずに、小さな連載として続けていき、読者の皆様とも感性を共有しながら作っていければと考えています。題して「Music for FlyFisher“FLOWING LIKE A RIVER”」。ただのドライブ・ミュージックではなく、季節ごとに、フライフィッシングの世界観をどことなく想起させるような楽曲を、編集部一音楽にうるさい? 編集部員Tがセレクトし、音楽ストリーミングサービスSpotifyのFlyFisherアカウントにてプレイリストを公開していきます! 今回のテーマはずばり「春」です!

ブログなどでの告知用の簡易プレーヤー。フルで聴く場合は上部のSpotifyロゴをクリックし、Spotifyアプリをダウンロード

<「JAZZ編」もあります!>

フォーク・ミュージックから、エレクトロニカ・ミュージックまで幅広いジャンルからの選曲となりました。アコースティックなサウンドの落ち着いた雰囲気のほうが合うかと思いましたが、選曲を始めると(こと今回の「春」のテーマにおいては)意外にも電子音がふんだんに使われた楽曲もイメージに近いと感じました。無機質な電子音の響きがまだ色味の少ない春の山々の映像と結びつくのでしょうか。この両者に親和性を見出したのはよい発見でした。

この記事を担当する編集部員T。つり人社編集部で勤務するかたわら、自身の参加するバンドではベーシストとしてライヴ活動など行なう。写真は都内ライヴハウスにて


この前誌面で「フライフィッシングは机の上から始まっている」というフレーズを見て、確かにそうだなと改めて考えさせられました。だからこそ、聴くだけでその情景や、釣り人にしか味わえない高揚感を思い起こさせるような音楽があれば、もっと別の方面から釣りを掘り下げられるんじゃないかと思います。そう考えると今回の試みも、フライフィッシングを通してもっと幸せになる方法のひとつとして生き生きしてくると思いませんか!? 是非、皆様のご意見もお待ちしております! 

<「JAZZ編」はこちら>



●選曲担当、編集部員Tがベーシストとして所属するバンド【Glimpse Group】の音源視聴はこちらから!●

2019/4/16

つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…
つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…

最新号 2021年6月号 Early Summer

渓流のドライフライ・フィッシング、ロングティペット・リーダーの名手として知られる渋谷直人さん。今号は彼の渓流フライフィッシングに対する、テクニックではなく、思考法を中心に語っていただきました。ここでいうテクニックとはほぼ運動能力と同義で、どうしても反復練習や経験が必要になります。しかし思考に関しては、知るだけで明日から役に立つはず。日本の渓流でヤマメ、イワナをねらうための金言、格言、ハッとさせられる言葉が並びます。
表紙にも入れましたが、いくつか例を以下に挙げます(これはほんの一部です)。
「ドライフライ・フィッシングとは水面で行なうエサ釣りである」
「尺ヤマメを釣りたかったら、まずは見つけること」
「遠くへ投げるよりも、魚に近づく技術を磨く」
「見えないフライは、勝負にならない」
「よい時間帯は午前10時〜午後4時と思い込んで間違いない」

このほか、小特集としてUVマテリアルについて名手たちの考え方を取り上げます。


[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING