LOGIN

田口清輝のバグトーークONLINE

2020年6月13日(土)、19時30分スタート

FlyFisher編集部=写真と文

終了いたしました。ご視聴ありがとうございました!

アーカイブはこちらから視聴できます(会員限定)。


配信中に告知したプレゼント(メッセンジャーフロッグとSalt & Warm FlyFisherステッカーのセット)の応募要項は以下です。

住所、氏名、年齢、感想、そして……、最後に田口さんがものまねをしたキャラをお書きのうえ、以下のアドレスへお送りください。

3名様にプレゼントいたします。

アドレス:info@tsuribito.co.jp 件名:田口さん最高!FlyFisher ONLINEプレゼント
応募締切:6月末日
当選者の発表は発送をもってかえさせていただきます。

たくさんのご応募お待ちしております!


また、映像は配信後アーカイブとしてFlyFisher ONLINEのMOVIEページで公開しますので、見逃した方(FlyFisher ONLINE会員限定です)もご覧いただけます。





FlyFisher ONLINEライブ配信開催!

『田口清輝のバグトーークONLINE』
メッセンジャーフロッグを巻いてみよう。


■出演:田口清輝
■開催日:2020年6月13日(土)
■時間:19時30分〜21時

田口清輝さんによる、メッセンジャーフロッグのタイイングデモンストレーションをオンラインで配信します!


映像はその後アーカイブとして保存しますので見逃した方も後から視聴できます。



《Profile》
田口清輝(たぐち・せいき) トラウト天国であるはずの北海道に住んでいるのに、なぜかバスバギングという不治の病に冒されてしまった。バス釣りのために本州へ「遠征」する熱い男。


メッセンジャーフロッグ
●フック……TMC8089 #6
●スレッド……ヴィーヴァス100D・ホワイト
●レッグ……バックテイル各色、補修糸、虫ピンなど
●ボディー……ディアベリー各色
●アイ……発泡シモリウキ



バスバグならではのワクワク感!


トラウト王国北海道に住みながら、バスバグに取り憑かれた田口さん。

さまざまなモチーフを「バグ化」して楽しんでいますが、そこには確かなテクニックがあります。

バスバグのタイイングには、ドライフライやウエットフライとはまた違ったテクニックが必要です。

田口さんのディアヘアのボディーの密度や、スレッドのテンションの掛け方などをぜひご覧ください。

実際にタイイングするのはジョー・メッセンジャーによる「メッセンジャーフロッグ」。

今回はオリジナルをリスペクトしつつ、現実的なマテリアルを使って巻いていただきます。

「バスバグって自由に巻けるところが楽しいのですが、ちゃんとレシピのあるバスバグもなかなかないと思います」と田口さん。

キャンバスに絵の具が広がるような、埋もれて入れいるものを掘り出すような、もしくは彫刻のような、ワクワク感をぜひ味わってください!



事前にご質問をいただくことも可能です(すべての質問にお答えできない可能性があります)。

質問は件名に「バグトーーク質問」と明記し、以下のURLよりメールにてお送りください。
info@tsuribito.co.jp

今後予定しているライブ配信


山口直哉の中禅寺湖白熱教室オンライン
2020年5月26日(火)19時30分〜21時


杉浦雄三の浜名湖クロダイ白熱教室オンライン
2020年6月5日(金) 19時30分〜21時


「仲野靖のスカジットジャーニー」
2020年6月16日(火) 19時30分〜21時 

2020/5/26

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

最新号 2020年12月号 Mid Autumn

特集
共鳴するウエットフライ
エキスパートが実践していること

 今号の特集はウエットフライ。十人十色、という言葉がこれほどマッチするフライフィッシングはないかもしれません。エキスパートたちには「この釣りを始めたきっかけ」から、今実践しているテクニックまで、さまざまな質問をぶつけてみました。すると、実は似たような釣り方をしていることも少なくない、ということに気づかされました。
 先般22年ぶりの復刊となった、佐藤成史さん著『瀬戸際の渓魚たち』。Special Topicsと題しまして、阿武隈高地の天然イワナについて現状を取材してきました。日本列島形成の背景をもとに浮かび上がってきたのは、イワナたちの「山越え」という仮説。人類の営みと比べたら気の遠くなるような時間をかけて脈々と受け継がれてきたイワナたちの「血」。そんな歴史を感じることのできる幸福と、現状への警鐘があぶり出されています。
 巻末の長編特集は、来日も幾度となく果たし、「フライキャスティング」に大変革をもたらしたといってよい、メル・クリーガーさんを紹介しています。メルさんをよく知る5名に、知られざる側面を含めた彼の功績、人となりを語ってもらいました。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING