LOGIN

2月11日開催!FF EXPOブース内容3

トラウト&キング、モーリス、パタゴニア!

FlyFisher編集部=写真と文

「フライフィッシングの体験、知識のシェア」がコンセプトの
2月11日開催予定のイベント「FLY FISHING EXPO」。
出展社にはさまざまな情報をレクチャーをしていただきますが
各ブースの「出し物」発表第3弾です!

今回は
トラウトアンドキング
モーリス(バリバス)
パタゴニア
の発表です!

(内容は都合により変更になる可能性がございます)

FLY FISHING EXPO
フライフィッシング・エキスポ

開催日:2019年2月11日(月・祝)
時間:午前10~午後4時
会場:神奈川県川崎市TREX RIVER CAFE(トレックス・リバーカフェ)【MAP
募集人数:120名(定員になり次第締め切り)
参加費:4,000円+税(食事・ワンドリンク付)
中学生以下の参加は無料です!(食事が必要な場合は会場で別途ご注文ください)

▼お申し込みはこちらから!
申し込みフォーム
※お申し込みの確認後、主催者側からご招待メールをお送りいたします。
※ご招待メールが参加券になります。

各社の内容は以下です。トラウトアンドキング、モーリス、パタゴニアの3社をお知らせします。


トラウトアンドキング

ブースイベント内容:プロのパッキング、みせてもらいましょう!/夷谷元宏
遠征釣行で頭が痛いのは荷物のパッキングです。ウエーダーとウエーディングシューズを入れたらバッグが半分埋まった、なんていう経験も多いことでしょう。

そこで、「海を渡ってビッグファイト!」でおなじみの旅行代理店トラウトアンドキング。ロッドを片手に世界中を飛び回るスタッフのバックの中身をせてください、と同社社長、夷谷元宏さんお願いしたところ、「2泊3日で阿寒湖へ行くのも、1週間アマゾンへ行くのも、それほど荷物は変わりませんよ」とおっしゃります。

ならば見せていただきましょう、ということで、普段夷谷さんが使っているバッグやパッキング内容を当日ご披露いただきます。釣り旅のプロならではのノウハウもたくさん飛び出しそうです。

もちろん、世界各地の旅行先で撮影した写真や、パンフレットなども展示します。


モーリス(バリバス)

ブースイベント内容:本流&クロダイ、タイイング祭り/杉浦雄三
杉浦雄三さんといえば、本流のウエット&ストリーマーとクロダイのフラットフィッシング。これらの釣りで使うフライパターンをタイイングしていただきます。特にストリーマーやチューブフライは素材の進歩が早く、構造や特性が次々と変わっていきます。このあたりをじっくりと解説していただきましょう。

このほか、お客様のリクエストに応えてさまざまなフライをタイイングしていただいたり、うまく使えずに悩んでいるマテリアルがあれば、そのまま会場へお持ちください。解決法を一緒に考えましょう!

今回のFF EXPO会場であるTREXのすぐ裏手の多摩川は、キビレやクロダイが釣れる熱いスポットでもあります。実践的なお話が聞けそうです!


パタゴニア

ブースイベント内容:ウエーダーリペアの裏側/石川和也・中根淳一
同社リペア担当の石川和也さんが登壇。ウエーダーリペアの裏側を、パタゴニア・フライフィッシングアンバサダーの中根淳一さんとともに紹介していただきます。

本来のリペア作業をお見せしたいのですが、ウエーダー内に実際に水を入れるなど設備上問題もあるので、今回は簡単な修理法などを紹介していただくことになりました。

事前に少しお話を聞きましたが、自分で実践できるノウハウだけでなく、リペアへの情熱に触れるだけでも、ウエーダーの見方が変わります!いやあ、熱いです!


このほか、各社展示即売会も行なう予定です!


追加情報!FML

先日お伝えした、ニードルチューブに関しまして、しばらくはFF EXPOのみでの販売になるそうです。極細チューブをいち早く試したい、という方はぜひ足をお運びください。(数に限りがございますので、売り切れの場合はご了承ください)

追加情報!シマノ

安田龍司さんによる、アスキスのブランク解説も行なわれます。アスキスといえば同社の最新ロッド。アユ釣りなどで培われた技術が盛り込まれているため、感度などが従来のフライロッドよりも格段にアップしています。この「感度」とはどいうことなのか、特殊なブランクの構造についての解説を受けながら、実際に会場で体感していただけます。


このほかのメインステージでのイベントも企画中です!

現在発表ずみのイベント内容はこちら!
FML、がまかつ、キャナル
C&Fデザイン、シマノ、ティムコ
メインブース・イベント


会場はこちらです。

▼お申し込みはこちらから!
申し込みフォーム
※お申し込みの確認後、主催者側からご招待メールをお送りいたします。
※ご招待メールが参加券になります。

こちらの記事もどうぞ!
FLY FISHING EXPO 来年2月11日開催

【イベントに関するお問い合わせ】
主催:株式会社つり人社
TEL: 03-3294-0781
info@tsuribito.co.jp







2019/1/21

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

THE LATEST ISSUE

FlyFisher 2020年9月号Mid Summer

 フックにマテリアルを留めるというテクニックだけでも本が何冊もできてしまうほどの奥深さがありますが、今回は、フライの構造や素材の選び方など、編集部が「面白い!真似したい!」と感じたものを取材しました。渓流から海まで、フライフィッシングの広がりも味わえます。そのほか、国内主要メーカーのフック一覧や、ピーコックコンプリートの解説などもしました。  そして、水生昆虫研究家の刈田敏三さんによる「ドリフティング」も紹介しています。長年の水生昆虫研究にプラスして、水中カメラで渓流に泳ぐヤマメの行動研究を始めた刈田さんによる、より実践的な釣り方と考え方の提案です。  名前は知っていても、その実像はあまり触れられなかった、エンリコ・パグリシさんへのインタビューも実現しました。名前の正しい発音は「パグリシ」ではなく、「プッリージ」だったことが判明するなど、楽しくもヒントに溢れる内容です。したがって今後小誌では、エンリコ・プッリージさんと表記します。  大好評、備前貢さんの「オホーツク通信」では、今回もさまざまなタイイングの技が紹介されています。中でも、ピーコックハールをティンセルで挟んでねじるという、ボリュームと強度を同時に出せる手法を使った、豊満なプロポーションのロイヤルウルフは最高です!
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

THE LATEST ISSUE

FlyFisher 2020年9月号Mid Summer

 フックにマテリアルを留めるというテクニックだけでも本が何冊もできてしまうほどの奥深さがありますが、今回は、フライの構造や素材の選び方など、編集部が「面白い!真似したい!」と感じたものを取材しました。渓流から海まで、フライフィッシングの広がりも味わえます。そのほか、国内主要メーカーのフック一覧や、ピーコックコンプリートの解説などもしました。  そして、水生昆虫研究家の刈田敏三さんによる「ドリフティング」も紹介しています。長年の水生昆虫研究にプラスして、水中カメラで渓流に泳ぐヤマメの行動研究を始めた刈田さんによる、より実践的な釣り方と考え方の提案です。  名前は知っていても、その実像はあまり触れられなかった、エンリコ・パグリシさんへのインタビューも実現しました。名前の正しい発音は「パグリシ」ではなく、「プッリージ」だったことが判明するなど、楽しくもヒントに溢れる内容です。したがって今後小誌では、エンリコ・プッリージさんと表記します。  大好評、備前貢さんの「オホーツク通信」では、今回もさまざまなタイイングの技が紹介されています。中でも、ピーコックハールをティンセルで挟んでねじるという、ボリュームと強度を同時に出せる手法を使った、豊満なプロポーションのロイヤルウルフは最高です!

最新号 2020年9月号 Mid Summer

特集
晴釣雨巻
現場から生まれた、個性的タイイング

フックにマテリアルを留めるというテクニックだけでも本が何冊もできてしまうほどの奥深さがありますが、今回は、フライの構造や素材の選び方など、編集部が「面白い!真似したい!」と感じたものを取材しました。渓流から海まで、フライフィッシングの広がりも味わえます。そのほか、国内主要メーカーのフック一覧や、ピーコックコンプリートの解説などもしました。
 そして、水生昆虫研究家の刈田敏三さんによる「ドリフティング」も紹介しています。長年の水生昆虫研究にプラスして、水中カメラで渓流に泳ぐヤマメの行動研究を始めた刈田さんによる、より実践的な釣り方と考え方の提案です。
 名前は知っていても、その実像はあまり触れられなかった、エンリコ・パグリシさんへのインタビューも実現しました。名前の正しい発音は「パグリシ」ではなく、「プッリージ」だったことが判明するなど、楽しくもヒントに溢れる内容です。したがって今後小誌では、エンリコ・プッリージさんと表記します。
 大好評、備前貢さんの「オホーツク通信」では、今回もさまざまなタイイングの技が紹介されています。中でも、ピーコックハールをティンセルで挟んでねじるという、ボリュームと強度を同時に出せる手法を使った、豊満なプロポーションのロイヤルウルフは最高です!
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING