LOGIN

嶋崎了のタイイングライブ02

第2回「ザ・実弾2!」編 2020年6月9日、19時30分スタート

FlyFisher編集部=写真と文

『嶋崎了のタイイングライブ02 ザ・実弾2!』

■開催日:2020年6月9日(火)
■時間:19時30分〜21時

終了いたしました。ご視聴ありがとうございました!
この動画のアーカイブは会員特典としてこちらからご覧いただけます。



嶋崎 了(しまざき・りょう) 1965年生まれ。江戸川区在住。フライ歴35年。
渓流を中心に、本流、湖もオールラウンドに楽しんでいる。
ティムコ社フライ用品開発担当として、『TMCバイス』、『TMCアジャスタブルマグネットボビン』、『Jストリーム』シリーズなど主要製品を数多く手がける。 フライフィッシャーONLINEでは「嶋崎了のフライタイイング基礎知識」、「嶋崎了のタイイング基礎講座」を連載


2020年6月9日(火)、嶋崎了さんによるタイイングのライブを行ないます。

今回は「ザ・実弾2」と題しまして、スタンダードスタイルに巻いたクイルゴードンと、トメダンというシンプルなドライフライをタイイングしていただきます。



クイルゴードン

(こちらの記事「嶋崎了のタイイング基礎講座03」の補足する内容も含みます)

【マテリアル】
●フック……TMC100B 10〜16番(スタンダード系フック全般)
●スレッド……ベネッキウルトラファインスレッド各色(今回は見やすいようにホワイトにしました)
●ウイング……レモン・ウッドダック
●テイル……コックネック・ブルーダン
●ボディー……ストリップト・ピーコックアイ
●ハックル……コックネック・ブルーダン



トメダン

【マテリアル】
●フック……TMC2312各サイズ
●スレッド……ベネッキ・ウルトラファインスレッド各色
●テイル&アブドメン……コックネック各色
●ハックル……コックネック各色
●ソラックス……スーパーファインダビング各色
●ウイング……CDC


です。


ライブ配信ですので、バイスを準備して一緒に巻いてみるのもよいですし、事前にタイイングに関するご質問をいただくことも可能です(すべての質問にお答えできない可能性があります)。

質問は件名に「嶋崎タイイングライブ質問」と明記し、以下のURLよりメールにてお送りください。
info@tsuribito.co.jp

今後予定しているライブ配信


田口清輝のバグトーーク メッセンジャーフロッグのタイイング
2020年6月13日(土) 19時30分〜21時 


「仲野靖のスカジットジャーニー」
2020年6月16日(火) 19時30分〜21時 


2020/6/6

つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…
つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…

最新号 2021年6月号 Early Summer

渓流のドライフライ・フィッシング、ロングティペット・リーダーの名手として知られる渋谷直人さん。今号は彼の渓流フライフィッシングに対する、テクニックではなく、思考法を中心に語っていただきました。ここでいうテクニックとはほぼ運動能力と同義で、どうしても反復練習や経験が必要になります。しかし思考に関しては、知るだけで明日から役に立つはず。日本の渓流でヤマメ、イワナをねらうための金言、格言、ハッとさせられる言葉が並びます。
表紙にも入れましたが、いくつか例を以下に挙げます(これはほんの一部です)。
「ドライフライ・フィッシングとは水面で行なうエサ釣りである」
「尺ヤマメを釣りたかったら、まずは見つけること」
「遠くへ投げるよりも、魚に近づく技術を磨く」
「見えないフライは、勝負にならない」
「よい時間帯は午前10時〜午後4時と思い込んで間違いない」

このほか、小特集としてUVマテリアルについて名手たちの考え方を取り上げます。


[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING