LOGIN

第23回 ヘアズイヤーニンフ編

ダビングとピックアップ

嶋崎 了=解説

今回は日本の渓流でも汎用性が高く、シーズンを通じて使える定番のニンフパターン「ヘアズイヤーニンフ」について。ダビング材の効果的な取り付け方を中心に解説します。

嶋崎了(しまざき・りょう)
1965年生まれ。江戸川区在住。フライ歴35年。
渓流を中心に、本流、湖もオールラウンドに楽しんでいる。
ティムコ社フライ用品開発担当として、『TMCバイス』、『TMCアジャスタブルマグネットボビン』、『Jストリーム』シリーズなど主要製品を数多く手がける。

ダビング材取り付けのキモは?

ヘアズイヤーニンフのタイイングでは、毛足の長いファーをいかに効果的にダビングするかがコツとなります。アブドメンとソラックスでは同じファーでもボリュームを変えて巻くことで、バランスのよいシルエットになります。

そこで、ソラックス部分はダビング後にファーをブラシなどで掻き出すことになるのですが、こうした場合は2段階でダビング材を巻くのがおすすめです。

まずは下地にかために撚り付けたファーをしっかりとダビング、その上から今後はやや緩めに撚り付けたファーを取り付けます。そして掻き出すのは2度目に巻いたダビング材です。

2度目のダビングはマテリアル量をやや多めに取り付けておき、掻き出しながらボリュームを調整していくと、ピックアップしすぎてシルエットが崩れてしまうなどの失敗が少ないと思います。

ちなみに、ダビング材をスレッドに撚り付ける時は、少量ずつ足すようにしましょう。最初から多めに取り付けてしまうと、巻きながらの成形が難しくなります。

ヘアズイヤーのタイイング手順

まずはシャンク、ソラックス部分にウエイト(レッドワイヤ)を巻き付け、瞬間接着剤を全体的に塗布

瞬間接着剤が乾かないうちに、ウエイト部分も含めてスレッドで下巻きを行なう

テイル(今回はフェザントテイル)をシャンクの真上に、リブとなるゴールドワイヤをシャンク手前側に取り付ける

アブドメンとなるヘアズイヤーをスレッドに撚り付ける。まずは少量を指に取ったら、人差し指の上に乗せたファーをスレッドで押さえつけるような状態にする

前の写真の状態から親指を上に被せ、2本の指でよじるようにスレッドにファーを撚り付ける

指を離すとこのような状態になる

さらにスレッドのボビンホルダー側を持って、スレッドをねじるように撚りを加えていくと、よりファーが細かくスレッドに撚り付けられる

ここでシャンクに巻き始めるが、スレッドに加えた撚りが戻らないよう、ボビンホルダーではなく、スレッドを保持した状態で巻き進める

アブドメンを巻き終えた状態。このパーツはファーをピックアップしないので、ソラックスに比べて細く硬めに仕上げている

リブを均等に巻いて固定

ウイングケースとなるクイルを取り付けたら、再びヘアズイヤーをダビング。まずはアブドメン同様、硬めに撚ったヘアズイヤーをダビング。そしてピックアップ用として、その上からファーを多めに、やや緩めに撚ったヘアズイヤーを巻き付ける
◆ウイングケースの取り付け方はこちら!
第22回 ニンフのウイングケース編

多めに巻き付けたファーをダビングブラシで掻き出す。あらかじめ多めに取り付けておけば、この段階でボリュームを調整しながら作業できる

ウイングケースを被せた後に、再び毛足の出具合を調整。やや下方にも伸びるように掻き出す

完成。上から見ても、ややサイドに広がるようなソラックスになっている



2018/9/3

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

THE LATEST ISSUE

FlyFisher 2020年9月号Mid Summer

 フックにマテリアルを留めるというテクニックだけでも本が何冊もできてしまうほどの奥深さがありますが、今回は、フライの構造や素材の選び方など、編集部が「面白い!真似したい!」と感じたものを取材しました。渓流から海まで、フライフィッシングの広がりも味わえます。そのほか、国内主要メーカーのフック一覧や、ピーコックコンプリートの解説などもしました。  そして、水生昆虫研究家の刈田敏三さんによる「ドリフティング」も紹介しています。長年の水生昆虫研究にプラスして、水中カメラで渓流に泳ぐヤマメの行動研究を始めた刈田さんによる、より実践的な釣り方と考え方の提案です。  名前は知っていても、その実像はあまり触れられなかった、エンリコ・パグリシさんへのインタビューも実現しました。名前の正しい発音は「パグリシ」ではなく、「プッリージ」だったことが判明するなど、楽しくもヒントに溢れる内容です。したがって今後小誌では、エンリコ・プッリージさんと表記します。  大好評、備前貢さんの「オホーツク通信」では、今回もさまざまなタイイングの技が紹介されています。中でも、ピーコックハールをティンセルで挟んでねじるという、ボリュームと強度を同時に出せる手法を使った、豊満なプロポーションのロイヤルウルフは最高です!
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

THE LATEST ISSUE

FlyFisher 2020年9月号Mid Summer

 フックにマテリアルを留めるというテクニックだけでも本が何冊もできてしまうほどの奥深さがありますが、今回は、フライの構造や素材の選び方など、編集部が「面白い!真似したい!」と感じたものを取材しました。渓流から海まで、フライフィッシングの広がりも味わえます。そのほか、国内主要メーカーのフック一覧や、ピーコックコンプリートの解説などもしました。  そして、水生昆虫研究家の刈田敏三さんによる「ドリフティング」も紹介しています。長年の水生昆虫研究にプラスして、水中カメラで渓流に泳ぐヤマメの行動研究を始めた刈田さんによる、より実践的な釣り方と考え方の提案です。  名前は知っていても、その実像はあまり触れられなかった、エンリコ・パグリシさんへのインタビューも実現しました。名前の正しい発音は「パグリシ」ではなく、「プッリージ」だったことが判明するなど、楽しくもヒントに溢れる内容です。したがって今後小誌では、エンリコ・プッリージさんと表記します。  大好評、備前貢さんの「オホーツク通信」では、今回もさまざまなタイイングの技が紹介されています。中でも、ピーコックハールをティンセルで挟んでねじるという、ボリュームと強度を同時に出せる手法を使った、豊満なプロポーションのロイヤルウルフは最高です!

最新号 2020年9月号 Mid Summer

特集
晴釣雨巻
現場から生まれた、個性的タイイング

フックにマテリアルを留めるというテクニックだけでも本が何冊もできてしまうほどの奥深さがありますが、今回は、フライの構造や素材の選び方など、編集部が「面白い!真似したい!」と感じたものを取材しました。渓流から海まで、フライフィッシングの広がりも味わえます。そのほか、国内主要メーカーのフック一覧や、ピーコックコンプリートの解説などもしました。
 そして、水生昆虫研究家の刈田敏三さんによる「ドリフティング」も紹介しています。長年の水生昆虫研究にプラスして、水中カメラで渓流に泳ぐヤマメの行動研究を始めた刈田さんによる、より実践的な釣り方と考え方の提案です。
 名前は知っていても、その実像はあまり触れられなかった、エンリコ・パグリシさんへのインタビューも実現しました。名前の正しい発音は「パグリシ」ではなく、「プッリージ」だったことが判明するなど、楽しくもヒントに溢れる内容です。したがって今後小誌では、エンリコ・プッリージさんと表記します。
 大好評、備前貢さんの「オホーツク通信」では、今回もさまざまなタイイングの技が紹介されています。中でも、ピーコックハールをティンセルで挟んでねじるという、ボリュームと強度を同時に出せる手法を使った、豊満なプロポーションのロイヤルウルフは最高です!
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING