LOGIN

第21回 フェザントテイル・ニンフ

定番ニンフのマテリアル

嶋崎 了=解説

21回目となる今回から、ニンフの基本的なタイイングテクニックを紹介します。まずは汎用性の高いパターンとして知られるフェザントテイル・ニンフの巻き方を通じて、フェザントテイルの扱い方を解説します。

嶋崎了(しまざき・りょう)
1965年生まれ。江戸川区在住。フライ歴35年。
渓流を中心に、本流、湖もオールラウンドに楽しんでいる。
ティムコ社フライ用品開発担当として、『TMCバイス』、『TMCアジャスタブルマグネットボビン』、『Jストリーム』シリーズなど主要製品を数多く手がける。

フェザントテイルについて教えてください。

フェザントテイルはテイル、ボディーなどさまざまな部位に使える素材です。汎用性が高く、かつ手ごろな値段で入手しやすいのも魅力ですね。特にフェザントテイル・ニンフは巻き方も簡単で、よく釣れるパターンとして人気があります。
フェザントテイル。ナチュラルカラーのものでも、フェザーによって色や模様に特徴がある

まず、マテリアルを選ぶ場合は、ファイバーの長さが揃っている、きれいなフェザーのものを目安にするとよいと思います。巻き方で特に難しい点はありませんが、やはり良質なマテリアルほど巻きやすいと思います。

ちなみにフェザントテイル・ニンフに使用する場合は、特にファイバーの裏表を気にすることはないでしょう。また、強いマテリアルではないので、ニンフのボディーなどに使用する場合は、ワイヤーのリブと合わせてタイイングするのが無難です。

ナチュラルカラーが基本ですが、オリーブやオレンジなどのカラーもあり、ニンフに巻く場合はブラックもよく釣れます。
こちらはダイドオレンジ。ファイバーの長さが揃っているものが、良質なフェザントテイルの目安になる

フェザントテイル・ニンフのタイイング例

下巻き後、テイルを留める。今回はフェザントテイル3本を使用(使用フック:TMC3769 #14)。テイルに留めたフェザントテイルは、ウイングケースまで通しで使うため、長さの揃った、できるだけ長めのものを選んでおくとよい

次にリブとなるコパーワイヤ(ファイン)をシャンクに固定

テイル固定後のフェザントテイルで、そのままアブドメン部分を作成。3本のファイバーをねじらず、重ならないように巻き進める。この時、特にファイバーの表裏は気にしなくてもOK

ウイングケースを作るために、まずはアブドメンを巻いたフェザントテイルを、ループ状に固定。今回はソラックスをピーコックにするため、この時点でフェザントテイルの余りはカット

ソラックスにピーコックハールを取り付ける

アブドメン、ソラックスをとおしてリブのワイヤを巻く

ループ状にしておいたフェザントテイルをソラックスに被せるように折り返し、アイの付け根で固定

フェザントテイルの余りをカットすれば完成

ウイングケースをループ状にして被せることで、素材の本数が計6本になるため、マテリアルを足さずに、より幅の広いウイングケースを作ることができる

2018/8/6

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

最新号 2020年12月号 Mid Autumn

特集
共鳴するウエットフライ
エキスパートが実践していること

 今号の特集はウエットフライ。十人十色、という言葉がこれほどマッチするフライフィッシングはないかもしれません。エキスパートたちには「この釣りを始めたきっかけ」から、今実践しているテクニックまで、さまざまな質問をぶつけてみました。すると、実は似たような釣り方をしていることも少なくない、ということに気づかされました。
 先般22年ぶりの復刊となった、佐藤成史さん著『瀬戸際の渓魚たち』。Special Topicsと題しまして、阿武隈高地の天然イワナについて現状を取材してきました。日本列島形成の背景をもとに浮かび上がってきたのは、イワナたちの「山越え」という仮説。人類の営みと比べたら気の遠くなるような時間をかけて脈々と受け継がれてきたイワナたちの「血」。そんな歴史を感じることのできる幸福と、現状への警鐘があぶり出されています。
 巻末の長編特集は、来日も幾度となく果たし、「フライキャスティング」に大変革をもたらしたといってよい、メル・クリーガーさんを紹介しています。メルさんをよく知る5名に、知られざる側面を含めた彼の功績、人となりを語ってもらいました。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING