LOGIN
Bibury Court

旅に在りて知音を得る

パタゴニア ディーラーキャンプ2018

FlyFisher編集部=写真と文

patagonia

2018年6月。アメリカへのトリップの模様です。

動画の中から写真を数点切り出しました。
日本からの登場人物はパタゴニア日本支社から、野田喜平さん。


同じく、小倉隆平さん。


そして、牟田口崇さん。



WILD-1から、郡山店の曳地弘成さんと


高崎店の高橋雄一郎さん、の5名です。

動画ではこの旅の感想や、製品へのこだわりなどをみなさんに語っていただいてます。

フライフィッシングはいいなあ、と新ためて思う。






そして、この旅のホスト役がこの方、マーク・ハーバーさん。


フォール・リバー沿いの広大な敷地を所有しており、ヤギを育てています。


実際に訪れたのは、イエローストーン国立公園内を流れるファイヤーホール・リバー。





マークさんの敷地内を流れるフォール・リバー。





そして、ヘンリーズフォーク。

フライフィッシャーでよかった、と心底思える旅でした。動画もお楽しみください。



2018/12/12

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING