LOGIN

「竹人たちの集まり」レポート 第3回

ロッドビルダーへインタビュー

FlyFisher編集部=写真と文

東京都の江東めぐみ幼稚園で11月18日、19日の2日間開催された「竹人たちの集まり」。バンブーロッドやハンドメイドリールを試投できるイベントとして当日も多くの竹ザオファンが来場しました。さらに今回は、珍しいソリッド・カーボンロッドのビルダーも出展。「Solid Octagon」、「RYUNO ROD CUSTOM」、「J.Yokota Rod Maker」のレポートをお伝えします。

Solid Octagon (丸山 聰さん)


DATA
工房所在地:東京都渋谷区桜丘町11-6
WEBサイト: http://solid-octa.com/
ビルダー歴:1年(ロッドを製作し始めたのは2009年~)
得意としている長さ:6フィート~8フィート6インチ
主なラインナップ:6フィート3番~8フィート6インチ10番
メインの価格帯:8万8000円~

クロダイやパーミットなど、国内外のソルトウオーターの釣りにも熱い丸山聰さん。
「新しいフィールドの開拓時に活躍してくれればうれしいですね」



【ビルダーコメント】
ソリッドのカーボンの削り出しによる8角ロッドです。

すべてNCで切削しているので、0.5mm単位で太さを調節できます。アクションを数値化できますね。

フェルールも一体成型で、ほかパーツも自作しているのが特徴です。ガイドはチタンに窒化処理をしています。

低番手もありますが、ソルトの釣りが好きですので、8番くらいのロッドが実は自信作です(笑)

グリップも八角形

フェルールも八角形に成型されており、これなら回転してしまうことがなさそう


2番ロッドのティップともなると、かなり細い。ボールペンと比べても、この繊細さ

ソルトでも使える8番ロッドもラインナップ

J.Yokota Rod maker (横田 純さん)


DATA
工房所在地:長野県長野市篠ノ井二ッ柳2290-3
WEBサイト: http://www.ngn.janis.or.jp/~yokota-j/
ビルダー歴:27年
得意としている長さ:6フィート6インチ~12フィート
主なラインナップ:6フィート6インチ1番~12フィート9番
メインの価格帯:12~13万円

源流のイワナ釣りと、本流のフライフィッシングが好きな横田純さん。
「バンブーロッドは飾りではないので、ガシガシ使っていただきたいです。オーバーホールすると、思い切り釣りに使ってもらっているのが分かり、そんな時はうれしくなります」



【ビルダーコメント】
素材はトンキンと矢竹です。矢竹は柔らかくてアクションが重く、ゆっくり振れるのですが、4番くらいまでが限界だと思っています。

釣りをしながらいろんなテーパーを作ってきました。30年近いビルダー歴なので、ソリッドも中空も作りましたが、やっぱりソリッドが好きです。

現在は、100本中90本はカスタムオーダーのサオを作っています。

ミディアムを中心にミディアムファースト、ミディアムスローのアクションです。固定のアクションでも15種類くらいあるので、そこから選んでいただいても大丈夫です。飾り物じゃないので、ガンガン使ってほしいですね。

こちらはスイッチロッドのグリップ


現在はソリッドが中心だというYokota Rod


釣り道具としての機能を第一に考えたバンブーロッド

RYUNO ROD CUSTOM (辻林 隆能さん)


DATA
工房所在地:東京都青梅市和田町2-118-3
WEBサイト: http://outdoor.geocities.jp/ryuno_rod_custom/
ビルダー歴:17年
得意としている長さ:ラインナップ全般
主なラインナップ:4フィート4インチ1/2番~11フィート7/8番
メインの価格帯:13万円前後

マッチング・ザ・ハッチのヤマメ釣り、本流のウエットフライ・フィッシングが好みの辻林隆能さん。
「低番手の渓流用モデルはもちろん、本流のウエットの釣りが好きな方にも使ってほしいロッドです」



【ビルダーコメント】
丈夫で使いやすいエレガントなサオを目指しています。素材は日本に自生する矢竹を使うことにこだわっています。

アクションはパラボリック系ではありますが、よりアメリカンというか、先端(ティップ)に寄ったものになっていると思います。

ロッドの軽さについては、軽いことがよいとばかりは言い切れないと思っているので、ソリッドで作っています。

自分は本流の釣りも好きなので、バンブーロッド特有のモゾモゾとしたアタリを楽しんでほしいと思っています。


軽さを重視するよりも、バンブーロッドの”重さ”も活かしたしたアクションを目指している

日本に自生する矢竹を使うことにこだわったブランク



2017/12/1

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

THE LATEST ISSUE

FlyFisher 2020年9月号Mid Summer

 フックにマテリアルを留めるというテクニックだけでも本が何冊もできてしまうほどの奥深さがありますが、今回は、フライの構造や素材の選び方など、編集部が「面白い!真似したい!」と感じたものを取材しました。渓流から海まで、フライフィッシングの広がりも味わえます。そのほか、国内主要メーカーのフック一覧や、ピーコックコンプリートの解説などもしました。  そして、水生昆虫研究家の刈田敏三さんによる「ドリフティング」も紹介しています。長年の水生昆虫研究にプラスして、水中カメラで渓流に泳ぐヤマメの行動研究を始めた刈田さんによる、より実践的な釣り方と考え方の提案です。  名前は知っていても、その実像はあまり触れられなかった、エンリコ・パグリシさんへのインタビューも実現しました。名前の正しい発音は「パグリシ」ではなく、「プッリージ」だったことが判明するなど、楽しくもヒントに溢れる内容です。したがって今後小誌では、エンリコ・プッリージさんと表記します。  大好評、備前貢さんの「オホーツク通信」では、今回もさまざまなタイイングの技が紹介されています。中でも、ピーコックハールをティンセルで挟んでねじるという、ボリュームと強度を同時に出せる手法を使った、豊満なプロポーションのロイヤルウルフは最高です!
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

THE LATEST ISSUE

FlyFisher 2020年9月号Mid Summer

 フックにマテリアルを留めるというテクニックだけでも本が何冊もできてしまうほどの奥深さがありますが、今回は、フライの構造や素材の選び方など、編集部が「面白い!真似したい!」と感じたものを取材しました。渓流から海まで、フライフィッシングの広がりも味わえます。そのほか、国内主要メーカーのフック一覧や、ピーコックコンプリートの解説などもしました。  そして、水生昆虫研究家の刈田敏三さんによる「ドリフティング」も紹介しています。長年の水生昆虫研究にプラスして、水中カメラで渓流に泳ぐヤマメの行動研究を始めた刈田さんによる、より実践的な釣り方と考え方の提案です。  名前は知っていても、その実像はあまり触れられなかった、エンリコ・パグリシさんへのインタビューも実現しました。名前の正しい発音は「パグリシ」ではなく、「プッリージ」だったことが判明するなど、楽しくもヒントに溢れる内容です。したがって今後小誌では、エンリコ・プッリージさんと表記します。  大好評、備前貢さんの「オホーツク通信」では、今回もさまざまなタイイングの技が紹介されています。中でも、ピーコックハールをティンセルで挟んでねじるという、ボリュームと強度を同時に出せる手法を使った、豊満なプロポーションのロイヤルウルフは最高です!

最新号 2020年9月号 Mid Summer

特集
晴釣雨巻
現場から生まれた、個性的タイイング

フックにマテリアルを留めるというテクニックだけでも本が何冊もできてしまうほどの奥深さがありますが、今回は、フライの構造や素材の選び方など、編集部が「面白い!真似したい!」と感じたものを取材しました。渓流から海まで、フライフィッシングの広がりも味わえます。そのほか、国内主要メーカーのフック一覧や、ピーコックコンプリートの解説などもしました。
 そして、水生昆虫研究家の刈田敏三さんによる「ドリフティング」も紹介しています。長年の水生昆虫研究にプラスして、水中カメラで渓流に泳ぐヤマメの行動研究を始めた刈田さんによる、より実践的な釣り方と考え方の提案です。
 名前は知っていても、その実像はあまり触れられなかった、エンリコ・パグリシさんへのインタビューも実現しました。名前の正しい発音は「パグリシ」ではなく、「プッリージ」だったことが判明するなど、楽しくもヒントに溢れる内容です。したがって今後小誌では、エンリコ・プッリージさんと表記します。
 大好評、備前貢さんの「オホーツク通信」では、今回もさまざまなタイイングの技が紹介されています。中でも、ピーコックハールをティンセルで挟んでねじるという、ボリュームと強度を同時に出せる手法を使った、豊満なプロポーションのロイヤルウルフは最高です!
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING