LOGIN

ウォルトンのショールームがオープン

セージ、レディントン、リオ製品が直接試せる

FlyFisher編集部=写真と文

セージやレディントン、リオを取り扱うウォルトンのショールームが2021年1月よりオープンしています。




営業時間は平日午前10〜午後6時まで。土日に訪問したい場合はHPより事前に連絡しておけば対応可能とのこと。



内部はざっくりとこんな感じです。

ロッドやラインのバリエーションが増え続ける昨今、やはり購入するなら直接振ってからにしたいですよね。ショールームの特徴は、同社が取り扱うほぼすべての商品を直接触れること。ここでは、セージのロッドなら番手違いも含めて56モデル、レディントン15モデル、リオのラインは40モデル以上を試すことができます。






ショールームの目の前を流れる浅川で試投をすることができますし、うれしいのは、もともと自分が持っている他社製のロッドやラインも持ち込み可能なこと。

ほか、ウエーダーの試着も可能。





現在は新型コロナの影響もあり、難しいところだが、手指消毒用アルコールの設置や換気など感染対策にも気を配っていいます。



営業担当の藏薗渓太さん。

「今は難しい情勢ですが、落ち着いたら積極的にロッドやラインに直接触っていただける機会を増やしていきたいです。直接来られない方のためにも出張いたします!」







2021/4/26

つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…
つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…

最新号 2021年6月号 Early Summer

渓流のドライフライ・フィッシング、ロングティペット・リーダーの名手として知られる渋谷直人さん。今号は彼の渓流フライフィッシングに対する、テクニックではなく、思考法を中心に語っていただきました。ここでいうテクニックとはほぼ運動能力と同義で、どうしても反復練習や経験が必要になります。しかし思考に関しては、知るだけで明日から役に立つはず。日本の渓流でヤマメ、イワナをねらうための金言、格言、ハッとさせられる言葉が並びます。
表紙にも入れましたが、いくつか例を以下に挙げます(これはほんの一部です)。
「ドライフライ・フィッシングとは水面で行なうエサ釣りである」
「尺ヤマメを釣りたかったら、まずは見つけること」
「遠くへ投げるよりも、魚に近づく技術を磨く」
「見えないフライは、勝負にならない」
「よい時間帯は午前10時〜午後4時と思い込んで間違いない」

このほか、小特集としてUVマテリアルについて名手たちの考え方を取り上げます。


[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING