LOGIN
GOOSE FACTOR

どうすればノットの強度は上がる?

数値が教えてくれるフライとティペットの接続

ジャパンゲームフィッシュ協会=協力

よく使われるクインチノットを基本にした3つの結びを強度試験機にかけて数値化してみることにした。潤滑の有無や締め込み加減の違い、また瞬間接着剤の使用は強度に変化を与えるのかなどを試してみたら、興味深い数値が得られた。
この記事は2009年12月号に掲載されたものを再編集しています。

できるなら結びは簡単で強いほうがよい。とは誰もが思うこと。釣り場で使用頻度の多い結びであればあるほど、そう感じる。そこで今回はフライとティペットの接続に焦点を当て、いくつかの実験を試みることにした。

日頃協力をいただいている本誌筆者陣のアンケートで得た、最も多いインプルーブド・クリンチノットを基本に、アイに2回通してからインプルーブド・クリンチノットを行なうトライリーンノット、さらにインプルーブド・クリンチノットのベースともいえるクリンチノットの3種を中心に計測を行なった。

※ノットは全て強度試験機により計測。ティペットは5Xナイロン・モノフィラメントで統一。5Xナイロンの強度を測定し、その数値をMAXとする。2名によるノットで5回以上、計10回以上の計測による平均値を数値化することにした。

テスト1 各ノットの計測結果

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。
この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

2024/1/12

最新号 2024年9月号 Mid Summer

【特集】渓流ドライフライQ&A

Q.ドライフライのコツ、トップ3を教えてください。
Q.渓流に適したタックルを教えてください。
Q.釣れるフライ、釣れないフライというのはありますか。
Q.釣りの友だちって必要ですか。
Q.渇水と平水、フライパターンに変化はありますか。
Q.魚を見つけるコツはありますか。

など、今号では、基礎的なものから、渇水の釣り方、サイトフィッシングのコツなど、渓流のドライフライ・フィッシングについて、エキスパートに多数の質問をぶつけました。

「タイトループ」セクションはぶら下がりのパターンとして世界的に使われているクリンクハマー・スペシャルの生みの親、ハンス・ヴァン・クリンケンさんの寄稿とインタビュー。

そして、クロダイポッパーの釣りを10年以上前から大阪湾で実践しているパイオニア、筒井裕作さんが、最近注目が集まる、東京湾で初挑戦します。

今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。今号では、特別付録として来年のカレンダー「Beulah CALENDAR 2025」が付属します。


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING