LOGIN

ディアヘアの目利き。

メインとなる3種類のヘア

村島徳治=解説
「アクロポリス」で販売されているディアヘア。店内ではパッケージから出してボックスに入って販売されているので、手にとって質感を確かめやすくなっている

獣毛はドライフライを中心としたパターンに欠かせない素材だが、普段のタイイングでも「何となく」使うのは避けたいところ。使用頻度の高いマテリアルこそ明確な目的を持って巻くことで、フライはもっと美しくなる。今回は質のよいディアヘアの選び方を解説。
この記事は2014年2月号に掲載されたものを再編集しています。

《Profile》
村島 徳治(むらしま・のりはる)
群馬県前橋市在住。フライショップ「アクロポリス」店主。北関東の渓流をホームグラウンドとし、ドライフライやニンフの釣りで川をめぐる。バンブーロッドにも造詣が深い。
●アクロポリス www.bamboorod.jp/

ディアヘアについては、エルクヘアよりも中空度が高く、頭から尻側に近づくほどその傾向は強くなる。お尻に近い部分ほど太く、ヘアをフレアさせるフライパターンにも向いている。

通常、タイイングでよく使われるディアヘアといえば、「コンパラ・スパークルダン・ディア」、「スピニング・ディア」、そして「スティミュレーター・ディア」の3種類がメインになると思う。

「コンパラ・スパークルダン」は、文字どおりコンパラダンなどを巻くのに適したディアヘア。短く太いヘアが特徴で、毛の先端近くまで中空構造になっている。短いヘアほど、中空度は気にしたいところだ。なるべく、均一な太さのものが揃っているヘアを選びたい。

毛先の長さはヘアスタッカーで揃えればよいのだが、毛の太さに関しては、バラつきのあるものを後から揃えるのは難しく、そういった場合にはフライの出来栄えや浮力に差が出てしまうことになる。
コンパラダン・ディア  
短めのヘアが特徴で、コンパラダンのほかにも小さめのフライ全般に使用可能。毛先まで中空構造を維持しており、浮力も高い


コンパラダン・ディアのアップ

コンパラダンはハックルを巻かないので、短く太い(中空度の高い)ディアヘアが合う。コンパラダン・ディアはまさにそんな条件を満たしたヘアマテリアル

「スピニング」は、その名の示すように、回転(スピン)やフレアさせて、刈りこんで取り付ける目的に適したディアヘア。1本1本が太いものほどよく、刈り込んだ時の切り口が大きいもののほうが、少ない量でボリュームを出せるため、仕上がりも美しくなる。

この素材はスレッドで強く締め込んで使うことが多いため、乾燥しているものは使いにくい。そういう点では状態に一番気を遣うヘアではあるが、エルクヘア同様、手にした時のしっとりとした質感で判断したい。
スピニング・ディア
フレアさせて使用するタイイングに適している。その場合刈り込んだ時のことを考えて、毛足全体の癖よりも、その断面が太いものを選びたい


スピニング・ディアのアップ

フレアさせて刈り込んだボディーが特徴のゴダート・カディス。より少ない量のヘアでボリューム感を表現するためには、毛の密度が高く、太いものほどよい。ディアヘアはエルクヘアよりも浮力があるので、少ない量のヘアでも充分機能を発揮してくれる

「スティミュレーター」は、ズバリこの名前のフライを作るのに適したディアヘア。ほかのディアに比べて毛足が長く、細いのが特徴。カウ・エルクでは対応できない、大きいサイズのエルクヘア・カディスを巻く際などにも応用できる。
スティミュレーター・ディア
 
細く、長い毛足を持つ。長めのウイングなどに適した素材で、曲がりなどの癖のないものを選びたい。幅広いサイズのフライに対応する


スティミュレーター・ディアのアップ

テイルとウイングに長めのディアヘアを使用するスティミュレーター。ピンと張った曲がりの少ないヘアを選びたい。もちろん大きめのエルクヘア・カディスにも使える

2018/11/26

つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…
つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…

最新号 2021年12月号 Mid Autumn

【特集1】水中を釣る、15の視点
【特集2】シンキングラインカタログ

今号は「水中の釣り」の特集です。ウエットフライ、ニンフ、湖のストリーマーと14人の考え方と釣り方、そしてシンキングラインのカタログを掲載しています。
現在、単純に「ウエットフライの釣り」と使うフライの種類で釣り方をカテゴライズすることができなくなってきました。そこで、名手たちに実際に行っている釣り方とそれぞれの考え方をお聞きしたところ、「スイングの釣り」に対して「縦の釣り」と大きく2つに分けたほうがイメージしやすいことが見えてきました。さらには「縦の釣り」も「送り込みの釣り」「ナチュラルの釣り」「トレースの釣り」など微妙に違うメソッドが確立されているようです。
ニンフはルースニングとヨーロピアンニンフィングの考え方、そしてルースニングとアウトリガーのハイブリッドとも呼べるような「ヤッチーニンフ」、湖では、底ベタを釣るレイクトラウトフィッシングを取り上げました。
また、前号で反響が大きかっったゲーリー・ラフォンテーンの「The Dry Fly」についての各エキスパートの感想記事にもページを割いています。


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING