LOGIN

ディアヘアの目利き。

メインとなる3種類のヘア

村島徳治=解説
「アクロポリス」で販売されているディアヘア。店内ではパッケージから出してボックスに入って販売されているので、手にとって質感を確かめやすくなっている

獣毛はドライフライを中心としたパターンに欠かせない素材だが、普段のタイイングでも「何となく」使うのは避けたいところ。使用頻度の高いマテリアルこそ明確な目的を持って巻くことで、フライはもっと美しくなる。今回は質のよいディアヘアの選び方を解説。
この記事は2014年2月号に掲載されたものを再編集しています。

《Profile》
村島 徳治(むらしま・のりはる)
群馬県前橋市在住。フライショップ「アクロポリス」店主。北関東の渓流をホームグラウンドとし、ドライフライやニンフの釣りで川をめぐる。バンブーロッドにも造詣が深い。
●アクロポリス www.bamboorod.jp/

ディアヘアについては、エルクヘアよりも中空度が高く、頭から尻側に近づくほどその傾向は強くなる。お尻に近い部分ほど太く、ヘアをフレアさせるフライパターンにも向いている。

通常、タイイングでよく使われるディアヘアといえば、「コンパラ・スパークルダン・ディア」、「スピニング・ディア」、そして「スティミュレーター・ディア」の3種類がメインになると思う。

「コンパラ・スパークルダン」は、文字どおりコンパラダンなどを巻くのに適したディアヘア。短く太いヘアが特徴で、毛の先端近くまで中空構造になっている。短いヘアほど、中空度は気にしたいところだ。なるべく、均一な太さのものが揃っているヘアを選びたい。

毛先の長さはヘアスタッカーで揃えればよいのだが、毛の太さに関しては、バラつきのあるものを後から揃えるのは難しく、そういった場合にはフライの出来栄えや浮力に差が出てしまうことになる。
コンパラダン・ディア  
短めのヘアが特徴で、コンパラダンのほかにも小さめのフライ全般に使用可能。毛先まで中空構造を維持しており、浮力も高い


コンパラダン・ディアのアップ

コンパラダンはハックルを巻かないので、短く太い(中空度の高い)ディアヘアが合う。コンパラダン・ディアはまさにそんな条件を満たしたヘアマテリアル

「スピニング」は、その名の示すように、回転(スピン)やフレアさせて、刈りこんで取り付ける目的に適したディアヘア。1本1本が太いものほどよく、刈り込んだ時の切り口が大きいもののほうが、少ない量でボリュームを出せるため、仕上がりも美しくなる。

この素材はスレッドで強く締め込んで使うことが多いため、乾燥しているものは使いにくい。そういう点では状態に一番気を遣うヘアではあるが、エルクヘア同様、手にした時のしっとりとした質感で判断したい。
スピニング・ディア
フレアさせて使用するタイイングに適している。その場合刈り込んだ時のことを考えて、毛足全体の癖よりも、その断面が太いものを選びたい


スピニング・ディアのアップ

フレアさせて刈り込んだボディーが特徴のゴダート・カディス。より少ない量のヘアでボリューム感を表現するためには、毛の密度が高く、太いものほどよい。ディアヘアはエルクヘアよりも浮力があるので、少ない量のヘアでも充分機能を発揮してくれる

「スティミュレーター」は、ズバリこの名前のフライを作るのに適したディアヘア。ほかのディアに比べて毛足が長く、細いのが特徴。カウ・エルクでは対応できない、大きいサイズのエルクヘア・カディスを巻く際などにも応用できる。
スティミュレーター・ディア
 
細く、長い毛足を持つ。長めのウイングなどに適した素材で、曲がりなどの癖のないものを選びたい。幅広いサイズのフライに対応する


スティミュレーター・ディアのアップ

テイルとウイングに長めのディアヘアを使用するスティミュレーター。ピンと張った曲がりの少ないヘアを選びたい。もちろん大きめのエルクヘア・カディスにも使える

2018/11/26

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

最新号 2020年12月号 Mid Autumn

特集
共鳴するウエットフライ
エキスパートが実践していること

 今号の特集はウエットフライ。十人十色、という言葉がこれほどマッチするフライフィッシングはないかもしれません。エキスパートたちには「この釣りを始めたきっかけ」から、今実践しているテクニックまで、さまざまな質問をぶつけてみました。すると、実は似たような釣り方をしていることも少なくない、ということに気づかされました。
 先般22年ぶりの復刊となった、佐藤成史さん著『瀬戸際の渓魚たち』。Special Topicsと題しまして、阿武隈高地の天然イワナについて現状を取材してきました。日本列島形成の背景をもとに浮かび上がってきたのは、イワナたちの「山越え」という仮説。人類の営みと比べたら気の遠くなるような時間をかけて脈々と受け継がれてきたイワナたちの「血」。そんな歴史を感じることのできる幸福と、現状への警鐘があぶり出されています。
 巻末の長編特集は、来日も幾度となく果たし、「フライキャスティング」に大変革をもたらしたといってよい、メル・クリーガーさんを紹介しています。メルさんをよく知る5名に、知られざる側面を含めた彼の功績、人となりを語ってもらいました。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING