LOGIN

トーナメント生まれのキールパターン。

管理釣り場のフッキング率向上フライ

樋口智昭=解説
写真は管理釣り場で有効なキールパターン。左は「サボテンマラブー」で、右が今回紹介する「トラウトガム・パターン」

コツ、コツ……という管理釣り場の小さなアタリ。いつも見逃していたこんな反応も確実に捉えることができれば、釣果はもっと増えるはず。そんな悩ましい状況を打破するために考案された、ビーズヘッドの取り付け方を工夫したキールパターンを紹介。
この記事は2013年1月号に掲載されたものを再編集しています。

《Profile》
樋口 智昭(ひぐち・ともあき)
1970年生まれ。ティムコ社に勤務しながら、管理釣り場で開催されている各トーナメントヘ参加し、好成績を収めている。いかにしてスレた魚を掛けるかというテーマにも熱心で、そこから生まれた独創的なアイデアを、フライバターンに反映させている。

フォールで誘うシンプルで丈夫なバターン

「サボテンマラブー」と同じく、トーナメントで好釣果を出してくれるのが、樋口さん自身開発に携わったマテリアルである、『トラウトガム』を使用したパターン。

こちらも同じ溝の入ったビーズ(『TMCタングステンビーズプラス』)を用いてフォールの姿勢を安定させることで、シャンクにビーズを通したものよりも、よりよい反応を得られるという。

タイイングのポイントはビーズをシャンクの中央に取り付け、かつトラウトガムがなるべく直線状になるように留めるということ。そのため樋口さんは、ビーズを覆うようにマテリアルを取り付けるのではなく、トラウトガムに裂け目を作り、その間にビーズがはまるようすることで、全体がより直線的なシルエットになるように工夫している。

さらに、これによりビーズがシャンクの左右にずれるのを防ぐこともできる。「シンプルで、多くの魚を掛けても壊れにくいフライが理想」というこだわりも反映された1本だ。
トラウトガム・パターン
●フック……TMC2487G #10
●スレッド……6/0・ブラック
●ビーズヘッド……TMCタングステンビーズプラス (バッキングライン201bで固定)
●ボディー…トラウトガム(フラッシュスケールカラー)


おすすめの使い方は、おもにフォールで食わせるため、リーダー・ティペットを長め(全長で16~18フィート)に取って、フォールする角度を緩やかにして誘うというもの。インジケーターを付けてもよいが、支点ができることでフォール角度が急になってしまうため、樋口さんはフライライン先端の動きでアタリを取っている。

なお、リトリーブする時はできるだけゆっくり引くのがよい。引っ張った後にしばらくストップを入れるなどして、フォールと組み合わせて誘うのも効果的だ。

トラウトガム・パターン。タイイングの手順

フックにスレッドを巻きつけ、下巻きを施す。アイの後ろからゲイプ側のマテリアルを留める位置まで、密に巻いたら、バッキングラインを1本、シャンクの中ほどの位置に留める

シャンクに留めたバッキングラインにピーズを通す。ビーズは溝のあるほうを下側にすることで、シャンクにはまる形になる

ビーズのすぐ前の部分で、バッキングラインをシャンクに固定する。最初に緩くスレッドを掛けて端を引っ張れば、ラインが弛むことなく留めやすい

アイの手前までバッキングラインをスレッドで覆い、カット

トラウトガムを折り返し、中央に切れ目を入れる。切れ目の大きさはビーズが入るほどあれば問題ない。先端から1~1.5cmの場所に切れ目を作ればマテリアルを無駄にしない

切れ目を入れた状態

切れ目を入れたすぐ手前の部分で、トラウトガムをシャンクに留める。スレッドでしっかり固定したらスレッドをビーズの前に移動させておく

切れ目にビーズをはめたら、さらにそのすぐ前で再びマテリアルを固定。マテリアルを留めた部分には瞬間接着剤やヘッドセメントを塗り、壊れにくくする

フィニッシュしたら、アイ側のトラウトガムの余った部分と、ベンドから5cmほどの部分をカットして完成。横から見てねじれていなければOK

2018/12/7

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

最新号 2020年12月号 Mid Autumn

特集
共鳴するウエットフライ
エキスパートが実践していること

 今号の特集はウエットフライ。十人十色、という言葉がこれほどマッチするフライフィッシングはないかもしれません。エキスパートたちには「この釣りを始めたきっかけ」から、今実践しているテクニックまで、さまざまな質問をぶつけてみました。すると、実は似たような釣り方をしていることも少なくない、ということに気づかされました。
 先般22年ぶりの復刊となった、佐藤成史さん著『瀬戸際の渓魚たち』。Special Topicsと題しまして、阿武隈高地の天然イワナについて現状を取材してきました。日本列島形成の背景をもとに浮かび上がってきたのは、イワナたちの「山越え」という仮説。人類の営みと比べたら気の遠くなるような時間をかけて脈々と受け継がれてきたイワナたちの「血」。そんな歴史を感じることのできる幸福と、現状への警鐘があぶり出されています。
 巻末の長編特集は、来日も幾度となく果たし、「フライキャスティング」に大変革をもたらしたといってよい、メル・クリーガーさんを紹介しています。メルさんをよく知る5名に、知られざる側面を含めた彼の功績、人となりを語ってもらいました。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING