LOGIN

トーナメント生まれのキールパターン。

管理釣り場のフッキング率向上フライ

樋口智昭=解説
写真は管理釣り場で有効なキールパターン。左は「サボテンマラブー」で、右が今回紹介する「トラウトガム・パターン」

コツ、コツ……という管理釣り場の小さなアタリ。いつも見逃していたこんな反応も確実に捉えることができれば、釣果はもっと増えるはず。そんな悩ましい状況を打破するために考案された、ビーズヘッドの取り付け方を工夫したキールパターンを紹介。
この記事は2013年1月号に掲載されたものを再編集しています。

《Profile》
樋口 智昭(ひぐち・ともあき)
1970年生まれ。ティムコ社に勤務しながら、管理釣り場で開催されている各トーナメントヘ参加し、好成績を収めている。いかにしてスレた魚を掛けるかというテーマにも熱心で、そこから生まれた独創的なアイデアを、フライバターンに反映させている。

フォールで誘うシンプルで丈夫なバターン

「サボテンマラブー」と同じく、トーナメントで好釣果を出してくれるのが、樋口さん自身開発に携わったマテリアルである、『トラウトガム』を使用したパターン。

こちらも同じ溝の入ったビーズ(『TMCタングステンビーズプラス』)を用いてフォールの姿勢を安定させることで、シャンクにビーズを通したものよりも、よりよい反応を得られるという。

タイイングのポイントはビーズをシャンクの中央に取り付け、かつトラウトガムがなるべく直線状になるように留めるということ。そのため樋口さんは、ビーズを覆うようにマテリアルを取り付けるのではなく、トラウトガムに裂け目を作り、その間にビーズがはまるようすることで、全体がより直線的なシルエットになるように工夫している。

さらに、これによりビーズがシャンクの左右にずれるのを防ぐこともできる。「シンプルで、多くの魚を掛けても壊れにくいフライが理想」というこだわりも反映された1本だ。
トラウトガム・パターン
●フック……TMC2487G #10
●スレッド……6/0・ブラック
●ビーズヘッド……TMCタングステンビーズプラス (バッキングライン201bで固定)
●ボディー…トラウトガム(フラッシュスケールカラー)


おすすめの使い方は、おもにフォールで食わせるため、リーダー・ティペットを長め(全長で16~18フィート)に取って、フォールする角度を緩やかにして誘うというもの。インジケーターを付けてもよいが、支点ができることでフォール角度が急になってしまうため、樋口さんはフライライン先端の動きでアタリを取っている。

なお、リトリーブする時はできるだけゆっくり引くのがよい。引っ張った後にしばらくストップを入れるなどして、フォールと組み合わせて誘うのも効果的だ。

トラウトガム・パターン。タイイングの手順

フックにスレッドを巻きつけ、下巻きを施す。アイの後ろからゲイプ側のマテリアルを留める位置まで、密に巻いたら、バッキングラインを1本、シャンクの中ほどの位置に留める

シャンクに留めたバッキングラインにピーズを通す。ビーズは溝のあるほうを下側にすることで、シャンクにはまる形になる

ビーズのすぐ前の部分で、バッキングラインをシャンクに固定する。最初に緩くスレッドを掛けて端を引っ張れば、ラインが弛むことなく留めやすい

アイの手前までバッキングラインをスレッドで覆い、カット

トラウトガムを折り返し、中央に切れ目を入れる。切れ目の大きさはビーズが入るほどあれば問題ない。先端から1~1.5cmの場所に切れ目を作ればマテリアルを無駄にしない

切れ目を入れた状態

切れ目を入れたすぐ手前の部分で、トラウトガムをシャンクに留める。スレッドでしっかり固定したらスレッドをビーズの前に移動させておく

切れ目にビーズをはめたら、さらにそのすぐ前で再びマテリアルを固定。マテリアルを留めた部分には瞬間接着剤やヘッドセメントを塗り、壊れにくくする

フィニッシュしたら、アイ側のトラウトガムの余った部分と、ベンドから5cmほどの部分をカットして完成。横から見てねじれていなければOK

2018/12/7

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2019年6月号 Early Summer

特集
侃々諤々 フライキャスティング論

フライフィッシャーにとって、フライキャスティングは永遠の課題、といってよいでしょう。「シングルハンドのキャスティング」だけ取り上げても、そのスタイルと考え方の多様さに舌を巻きます。つまり、「いろんな人がいろんなことを言っている」という状態に、見えます。ですが、本当にそうでしょうか? 今号では、多くの名手にご登場いただき、それぞれのキャスティング論について、実演、もしくはインタビューとして紹介しています。私たちはただ、フライを思ったところに、思った形で、美しく飛ばしたいだけなんです。なのに、この議論に終わりはあるのでしょうか……。ああ、楽しい!
このほか、九州の釣り旅、スカジットラインの選び方、セイシェルのGTなど、幅広く取り上げています。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING