LOGIN

重心を変えてフッキング率アップ!

管理釣り場で効くキールパターン。

樋口智昭=解説

コツ、コツ……という管理釣り場の小さなアタリ。いつも見逃していたこんな反応も確実に捉えることができれば、釣果はもっと増えるはず。今回は、そんな悩ましい状況を打破するために考案された、ビーズヘッドの取り付け方を工夫したキールパターンを紹介。
この記事は2013年1月号に掲載されたものを再編集しています。

《Profile》
樋口 智昭(ひぐち・ともあき)
1970年生まれ。ティムコ社に勤務しながら、管理釣り場で開催されている各トーナメントヘ参加し、好成績を収めている。いかにしてスレた魚を掛けるかというテーマにも熱心で、そこから生まれた独創的なアイデアを、フライバターンに反映させている。

ハリ先が立ちやすい重心構造

管理釣り場のニジマスは単発で細かいアタリが多く、ライン、もしくはインジケーターに反応があっても、なかなかのらない場合が多い。樋口智昭さんはそんな状況を、溝の入ったビーズへッドを使ったオリジナルパターンで打破しているという。

今回紹介するのは、ジグフックにビーズヘッドを組み合わせたオリジナルパターン「サボテンマラブー」。最大の特徴は、ビーズヘッドをシャンクに通さずに、バッキングラインを使用してシャンクの外側に取り付けてあるということ。

これによりフッキングがよくなるうえ、フォール時でもキール姿勢を安定させることができる。
サボテンマラブー
●フック……TMC108SP-BL#12
●スレッド……6/0・ブラyク
●ピーズヘッド……TMCタングステンビーズプラス(ババッキングライン201bで固定)
●テイル……プライムマラブー・ブラック
●ボディー……TMCサボテンシェニール・ブラック
重心をアイの下にもってきて、シャンクタイにすることにより、ティペットが垂れ下がった状態でもフライが水平姿勢に保たれる。このキール状態は、アクションを加えなくても、マラブーがなびいて魚を誘ってくれるうえ、フッキングもよい


「フォールする姿勢が安定していれば、着水した瞬間からフライが泳ぎ、魚を誘ってくれるので、常にアピールし続けることができます」

たとえばインジケーターを使用して水面から垂直方向にラインを垂らした状態でも、キール状態になってシャンクが水平姿勢に保たれているため、水面の波の動きでマラブーがなびいてアピールしてくれる。また、この状態で魚がフライをくわえると口にフックポイントが立ちやすくなり、事実、フッキング率もかなり向上したという。
溝の入ったビーズヘッド(TMCタングステンビーズプラス)を使用することで、シャンクの上に球状のビーズを乗せても左右にずれることがない。このビーズは光をより乱反射させるために、多面的にカット

さらにリトリーブで使うのも効果的で、ボトムについてもキールの姿勢を維持し、フライが横倒しになることがない。このほかもう―つのメリットとして、従来のストレートのシャンクにビーズヘッドを通したパターンより、魚がフライを吐き出しにくいと感じているという。

サボテンマラブー。タイイングの手順

フックをバイスに取り付け、シャンクが曲がっている手前に下巻きをする。スレッドはビーズを固定するバッキングラインを留める幅だけ巻けば問題ない

折り曲げてループ状にしたバッキングラインを、ループがアイ側になるように取り付ける。この後、バッキングラインにビーズを通すので、先端がループになっているほうが、この作業が簡単。2本のバッキングラインはシャンクの下側にまとめるように留める

バッキングラインにビーズヘッドを通す。この際、必ずビーズの溝がラインの先端側を向くような位置で通すこと

ビーズの溝を上向きにした状態で、バッキングラインをゲイプ側に折り返す。溝があることで、丸いビーズがシャンクに乗った時に、左右にずれるのを防いでくれる

折り返したバッキングラインをシャンクの両側に分けてスレッドで固定。この際、ビーズを通したバッキングラインがシャンクの両脇に分けられることにより、さらにビーズがずれるのを防げる

スレッドで固定したバッキングラインをカットしたら、瞬間接着剤を垂らし、耐久性をアップさせておく

瞬間接着剤が乾ききらないうちに、バッキングを隠すようにスレッドで覆う。この時、ビーズの溝がしっかり上を向いているかを確認しておく。これでビーズを留める工程は完成。この時点までフィニッシュしたものを量産しておくとタイイングがスムーズだ

上から見た状態

テイルとして、シャンクの1.5~2倍の長さのマラブーを留める。マラブーは動きのよいフェザーの下半分を使う。この際、根もとを指でつまんで全体をよじり、ファイバーの癖をランダムに混ぜることで、より水中で揺らめいてくれる

テイルの付け根にボディーとなるサボテンシェニールを留める。留める前に指で挟んでよじると、繊維が芯の周囲にまんべんなく散らばり、巻いた時により自然な雰囲気に仕上がる

シェニールをビーズの後ろぎりぎりまで巻いたら、フィニッシュ。ヘッドセメントをつけて完成

シャンクを水平に維持するノット

今回紹介したパターンは、水面から垂直方向に伸びたティペットに対して、シャンクが水平になる姿勢を維持させやすい。しかし、ここでノットも工夫すると、その姿勢をより安定させることができる。

樋口さんはアイの下側(キールタイプでは上側)からラインを通し、シャンクにティペットを結ぶ、いわゆるシャンクタイのノットを使っている。
(※写真は大きめのフックにバッキングラインで撮影)

アイの下側からラインを通す

通した後にユニノットでループを作る。ループの大きさはフライをくぐらせることのできる大きさであればよい

ループにフライをくぐらせる

アイの直前でループを絞り込む

余りのラインをカットし、アイに通したラインを引っ張れば完成。実際に使う際には写真のようにキール状態になる

2018/12/6

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2018年12月号 Fall

特集は「あの尺ヤマメを逃した理由」。
間違いなくドライフライをくわえたかに見えたのに、痛恨のすっぽ抜け……。誰もが一度はそんな経験をしているはずですが、その理由ははっきりしないことがほとんどです。今回はエキスパートたちが、これまで見聞きしてきたバラシの要因を考察。また、カメラがはっきりとらえたすっぽ抜けの瞬間を解析します。来シーズンに悔しい思いをしなくてすむために、じっくり読んでみてください。
そのほか、秋も楽しめる北海道の釣り場紹介も掲載。さらにぺゾンのバンブーロッドについても、たっぷり誌面を使って掘り下げています。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING