LOGIN
TACKLE SHOP DUSK

チューブフライを巻く方法

チューブフライの仕組みを解説

滝元一=解説

動きがよく、バレにくく、フック交換も楽。そんなチューブフライを美しく巻くコツは、ウイングのボリュームをコントロールして、いかにヘッド部をコンバクトにするかにある。チューブ選びから、フライ全体のバランスまでを詳しく解説。
この記事は2013年2月号に掲載されたものを再編集しています。

《Profile》
滝元 一(たきもと・はじめ)
1972年生まれ。群馬県在住。シングルハンドやスイッチロッドを使った利根川や犀川といった本流の釣りを得意とし、チュープブライも多用。スペイキャスティングの釣りにも熱く、海外のサーモンリバーでも経験を積んでいる。

シンプルながら利点はたくさん

チューブフライは、プラスチック、コパー、アルミなどの素材でできたチューブに、シリコンや柔らかめのプラスチックでできたチューブを被せて、反対側にフックのアイ部分を差し込んで使う。

このような構造にすることによって、フライの大きさにかかわらず、魚の口に合ったフックサイズを選ぶことができる。またチューブ自体に重みがあるので、通常のフライフックより水中での姿勢が安定するという利点もある。

ティペットをチューブの内部に通してフックのアイに結ぶため、魚が掛かった際にフックがある程度自在に動く。すると魚が激しく暴れた際にもホールド性がありバレにくい。

さらに根掛かりでハリ先が廿くなってしまった場合にも、フックだけを交換できるので、フライそのものを長く使うことができる。

チューブにはさまざまなタイプがあるが、タイイング自体は至ってシンプルで、基本的にフライフックのシャンクと同じようにタイイングすることができる。

今回はチューブフライの基本構造について解説してみたい。

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。





2024/3/4

つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…
TACKLE SHOP DUSK
つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…
TACKLE SHOP DUSK

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING