LOGIN

犀川(早春)のロッド&ラインシステム

水深と距離で使い分ける6番と8番

杉浦雄三=解説

良型のニジマスやブラウンがねらえる本州でも貴重な本流フィールド、犀川。そんな川の解禁から3月中旬までに有効なタックルを紹介。シーズンが進むにつれて、タックルはライトになっていく。

《Profile》
杉浦雄三(すぎうら・ゆうぞう)
1972年生まれ。愛知県高浜市でフライフィッシングのトータルサポートを行なうショップ「TEAL」を運営。クロダイをねらう海のサイトフィッシングも得意だが、犀川、高原川など中部地方の本流釣りにも詳しい。ここ数年はカナダに足を運び、スティールヘッドをねらっている。
●TEAL www.teal-flyfishing.com

ロッド

沈めたい水深と距離で選んでいる。沈めたい時、飛ばしたいポイントでは8番(12フィート9インチ)を使う。解禁当初のメインは8番。ただ6番(11フィート)のほうが手返しがよいので、6番でカバーできる場合は、こちらをチョイスする。3月後半から4月になれば6番がメインになる。

フライライン

シンクティップを使うのは解禁当初から3月いっぱいくらいまで。
8番を使用する場合は、『TEALディープシンキングティップ』の4もしくは3がメイン。一方6番使用の場合は、『TEALディープシンキングライトティップ』1もしくは2を選択する。

リーダーシステム

リーダーは8番タックルでは0X、6番タックルでは1X。でいずれもナイロンの9フィートを使用。比較的細いティペットを結ぶので、伸縮性のあるナイロンを使い、ショックを吸収してくれることをねらっている。ティペットには0~2Xのフロロカーボンを接続。ストリーマーの場合は1.5m前後、ウエットフライの場合は60cm前後に調整している。

ハッチ&フライ

フライは、ストリーマーではチューブフライ(全長5cm)やツイストピーコック(#6)など比較的大型のパターンを使用。ウエットフライはそれよりも小型で#10前後のメイフライを使用している。
T-tube.S
水量が少なく、水深もあまりないポイントで使用。ラン後半のヒラキにかけて使う。魚の警戒心が高い時にもおすすめ


ダブルウイング・メイ
メイフライが出始めた時期の犀川や宮川など、各地の本流で使用。瀬の中の釣りも効果的



2018/3/1

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2019年3月号 Early Spring

解禁まで、あと少し。でもまだまだ寒さが厳しいこの時期。早く渓流で遊びたくて仕方がないフライフィッシャーにとっては、大切な準備期間です。今号では「名手の切り札パターン」を特集。手持ちのフライをあれこれ試しても、魚が見向きもしない……。そんな時、名手たちがティペットに結ぶフライは、何なのか? ボックスの隅にひっそりと入っている、いざという時のためのフライを集めてみました。
そのほか、前号に続いてペゾン・ロッドについて大ボリュームで掲載。解禁初期に知っておきたいミッジング&本流ウエットゲームの概論や、北海道の朱鞠内湖におけるイトウ釣りなど、今号もたくさんの記事を詰め込みました。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING