LOGIN

ロングリーダー・システムの利点

「特集ラインシステム」補足編

小野光興=写真と文


※各ラインシステムのイラストは『FlyFishier MAGAZINE 2021 Mid Summer号』(2021年7月発売)をご覧ください。

ショートからロングレンジまで


釣りの対象は早春のヤマメ、アマゴの本流のライズの釣りからイワナの源流の釣りまでほぼ同じシステムを使用している。キャスティングレンジについては、ティペットだけのショートレンジの釣りからミドルレンジ、そして必要な場合ロングレンジまでこのシステムで行なっている。 


使用するフライは#8~#24までを主に使っているが、ティペットに7Xを使うため投射性を重視したフライを使うことが多い。

24フィートのリーダーシステム



全長24フィートの長めのリーダー、ティペットシステムはナチュラルに流すことが主な理由であるが、これまでフォルスキャストだけでスプークされる場面を見てきたことなどから、水面へのインパクトなどの点からも有利であると思っている。

また細めの長いバットセクションは、ティペットだけの釣りをする際に、手元へラインが落ちてくることを防ぐためでもある。


フォルスキャストでフライをポイントに置くのではなく、シュートを多用する釣りのため、ラインの滑りは重要となり、そのためにもラインのメンテナンスは、毎回行なうようにしている。

2021/10/20

つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…
つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…

最新号 2021年12月号 Mid Autumn

【特集1】水中を釣る、15の視点
【特集2】シンキングラインカタログ

今号は「水中の釣り」の特集です。ウエットフライ、ニンフ、湖のストリーマーと14人の考え方と釣り方、そしてシンキングラインのカタログを掲載しています。
現在、単純に「ウエットフライの釣り」と使うフライの種類で釣り方をカテゴライズすることができなくなってきました。そこで、名手たちに実際に行っている釣り方とそれぞれの考え方をお聞きしたところ、「スイングの釣り」に対して「縦の釣り」と大きく2つに分けたほうがイメージしやすいことが見えてきました。さらには「縦の釣り」も「送り込みの釣り」「ナチュラルの釣り」「トレースの釣り」など微妙に違うメソッドが確立されているようです。
ニンフはルースニングとヨーロピアンニンフィングの考え方、そしてルースニングとアウトリガーのハイブリッドとも呼べるような「ヤッチーニンフ」、湖では、底ベタを釣るレイクトラウトフィッシングを取り上げました。
また、前号で反響が大きかっったゲーリー・ラフォンテーンの「The Dry Fly」についての各エキスパートの感想記事にもページを割いています。


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING