LOGIN

ニジマスのためのマイクロスカジット

「特集ラインシステム」補足編

仲野靖=写真と文



※各ラインシステムのイラストは『FlyFishier MAGAZINE 2021 Mid Summer号』(2021年7月発売)をご覧ください。

マイクロスカジットとは?


そもそもマイクロスカジットとは、6番以上のスティールヘッドの釣りをピュアスカジットということに対して、5番以下のトラウトの釣りを対象にサイズダウンしたメソッドとなる。



基本的にフライラインはギリギリまで細く、そして軽くする。それはラインと水との抵抗に邪魔されたくないためで、それにより、入り・フッキング・ノリがよく、水の抵抗が少なくすむのでスイングの速度の調整もやりやすくなる。

それに対して、ランニングラインはその逆となり、太いものを使用するようにしている。ニジマスの釣りは、ねらうスポットが小さくなり、コンスタントに連続する。そしてニジマスは定位していることが多いので、細かくねら釣りとなる。そのためランニングラインは太いほうがメンディングしやすさ(メンダビリティー)がよくなるために50lbを使っている。



自分の基準を持つ


リーダーはノッテッドでテーパーを作っている。ウエットの時はちょっと違い、ティペットを80cmくらいに伸ばしている。

スイングリーチの際、シンクティップの種類は川によって違う。どれを使用するかは「これくらいの速度でラインが動いているなら釣れる」という自分なりの基準を持っていて、早い段階でラインがまっすぐになるような重さを選んでいる。遅すぎたらラインが沈んでしまうし、早すぎるのも魚の泳層に届かない可能性がある。



ニジマスをねらうときは単純に90度にキャストするのではなく、ポイントによって臨機応変にスイングさせる距離を変えていく。また、リーダーも決まっているわけでなく自分の経験値に照らし合わせてアジャストしていく。

ラインやフライが底に触るのがキャストの直後なのか、スイングの途中なのか、流しきった後(ダングル)なのかを常に意識してラインを選択しているが、ダングルで底に触れる状態をか基準になることが多い。

2021/10/20

つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…
つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…

最新号 2021年12月号 Mid Autumn

【特集1】水中を釣る、15の視点
【特集2】シンキングラインカタログ

今号は「水中の釣り」の特集です。ウエットフライ、ニンフ、湖のストリーマーと14人の考え方と釣り方、そしてシンキングラインのカタログを掲載しています。
現在、単純に「ウエットフライの釣り」と使うフライの種類で釣り方をカテゴライズすることができなくなってきました。そこで、名手たちに実際に行っている釣り方とそれぞれの考え方をお聞きしたところ、「スイングの釣り」に対して「縦の釣り」と大きく2つに分けたほうがイメージしやすいことが見えてきました。さらには「縦の釣り」も「送り込みの釣り」「ナチュラルの釣り」「トレースの釣り」など微妙に違うメソッドが確立されているようです。
ニンフはルースニングとヨーロピアンニンフィングの考え方、そしてルースニングとアウトリガーのハイブリッドとも呼べるような「ヤッチーニンフ」、湖では、底ベタを釣るレイクトラウトフィッシングを取り上げました。
また、前号で反響が大きかっったゲーリー・ラフォンテーンの「The Dry Fly」についての各エキスパートの感想記事にもページを割いています。


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING