LOGIN
GOOSE FACTOR

水中を見る、ヤッチーニンフ

ビーズヘッドを2つ使う、ニンフのメソッド

佐藤 渉=出演
※この動画は、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。


《Profile》
佐藤 渉(さとう・わたる) 青森県黒石市在住。フライフィッシングクラブYIS会員。温厚で親切な人柄で慕うフライフィッシャーも多数。ホームグラウンドは自宅からも近い浅瀬石川。



秋田県在住のフィッシングガイド、故・谷地田正志さんと試行錯誤をくりかえしてたどり着いた「ヤッチー式ダブルニンフ」、略して「ヤッチーニンフ」。

マーカーニンフィングなので一見ルースニングと呼べそうですが、重いタングステンビーズを使ったフライを2本結ぶことにより、ティペット部をできるだけ張り、底付近と中層を同時にねらうことができます。

また円錐ウキをヒントに作られたマーカーはより的確に水中の状態を把握することができるので、非常に効果的なメソッドといえるでしょう。

今回は2021年10月22日発売のFlyFisher MAGAZINE Mid Autumnにて掲載された「ヤッチー式ダブルニンフ」の記事の動画版です。


ひとつのポイントに対するキャストの回数や、「馴染んだ」時のマーカーの動きなどに注目してみてください。



佐藤渉さん。マーカーの形など、この釣りはまだまだ進化の余地があるのだそう。



この釣りで使うマーカー、通称「ワタルマーカー」。まるで円錐ウキ。



リードフライ。こちらはスリムかつ重量を持たせることで、底付近を漂わせます。



ドロッパー、もしくはトレーラーフライ。

リードフライのゲイプに結んだティペットで接続。リードよりも軽いものをセレクトし、中層を漂わせるイメージ。



小さく浅い渓流でも効果的に釣ることができます。



アベレージサイズのイワナ。

この釣りを始めた頃、佐藤さんはドライに反応しない魚がこんなにいるんだ、と驚いたそう。


出演:佐藤 渉
収録時間:12分18秒
(2021年12月公開)
※映像内の情報は、収録当時のものです。

2021/12/6

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING