LOGIN
海人スタイル奄美

水中を見る、ヤッチーニンフ

ビーズヘッドを2つ使う、ニンフのメソッド

佐藤 渉=出演
※この動画は、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。


《Profile》
佐藤 渉(さとう・わたる) 青森県黒石市在住。フライフィッシングクラブYIS会員。温厚で親切な人柄で慕うフライフィッシャーも多数。ホームグラウンドは自宅からも近い浅瀬石川。



秋田県在住のフィッシングガイド、故・谷地田正志さんと試行錯誤をくりかえしてたどり着いた「ヤッチー式ダブルニンフ」、略して「ヤッチーニンフ」。

マーカーニンフィングなので一見ルースニングと呼べそうですが、重いタングステンビーズを使ったフライを2本結ぶことにより、ティペット部をできるだけ張り、底付近と中層を同時にねらうことができます。

また円錐ウキをヒントに作られたマーカーはより的確に水中の状態を把握することができるので、非常に効果的なメソッドといえるでしょう。

今回は2021年10月22日発売のFlyFisher MAGAZINE Mid Autumnにて掲載された「ヤッチー式ダブルニンフ」の記事の動画版です。


ひとつのポイントに対するキャストの回数や、「馴染んだ」時のマーカーの動きなどに注目してみてください。



佐藤渉さん。マーカーの形など、この釣りはまだまだ進化の余地があるのだそう。



この釣りで使うマーカー、通称「ワタルマーカー」。まるで円錐ウキ。



リードフライ。こちらはスリムかつ重量を持たせることで、底付近を漂わせます。



ドロッパー、もしくはトレーラーフライ。

リードフライのゲイプに結んだティペットで接続。リードよりも軽いものをセレクトし、中層を漂わせるイメージ。



小さく浅い渓流でも効果的に釣ることができます。



アベレージサイズのイワナ。

この釣りを始めた頃、佐藤さんはドライに反応しない魚がこんなにいるんだ、と驚いたそう。


出演:佐藤 渉
収録時間:12分18秒
(2021年12月公開)
※映像内の情報は、収録当時のものです。

2021/12/6

つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…
海人スタイル奄美
つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…
海人スタイル奄美

最新号 2023年12月号 Early Autumn

【特集】尖ってるドライフライ

今号では、編集部が「面白いな」と感じた渓流用のドライフライのタイイングと考え方を紹介します。取り上げるのは、パラシュートスパイダー、エルクファンタジィ、丹沢スペシャル、マジックバレット、里見パラシュート、ヨッパラ、特殊部隊の7本です。これらを並べてみると、みなさん気にかけているのは、耐久性、浮力の持続性だけでなく、「誘い」であることがわかります。水面の流れより遅く流れる、フライそのものが揺れる、マテリアルが揺れる、などさまざまですが、いわゆるナチュラルドリフト以上の効果を明確にねらっているものがほとんど。来シーズンに向け、ぜひ参考にしてください。
またウォルト&ウィニー・デッティ、ハリー&エルシー・ダービーに関するフライタイイングの歴史、そして、『The Curtis Creek Manifesto』(日本ではご存知、『フライフィッシング教書』として翻訳されています)の作者、シェリン・アンダーソンについても取り上げています。


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING