LOGIN

本流ウエットフライの流し方

本流フィッシングをドローン撮影

杉浦雄三=出演

※この動画は、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。


《Profile》
杉浦雄三(すぎうら・ゆうぞう)
1972年生まれ。愛知県高浜市でフライフィッシングのトータルサポートを行なうショップ「TEAL」を運営。クロダイをねらう海のサイトフィッシングも得意だが、犀川、高原川など中部地方の本流釣りにも詳しい。ここ数年はカナダに足を運び、スティールヘッドをねらっている。
●TEAL www.teal-flyfishing.com


本流フライフィッシングのエキスパート、杉浦雄三さんの釣りをドローンで撮影、その映像を見ながら杉浦さんに解説していただきました。

杉浦さんがウエットフライを使う時に重要視しているのは、虫の流下を意識してフライを縦に送り込むために、メンディングを多用してラインの先端を常に流れと平行にしておくこと。

そして、フライを沈めるために、キャスト後、手もとにはある程度のラインを余らせておき、ラインが下流に流れるのに合わせて送り込むことも重要です。

ウエットフライで釣れるイメージを掴むためにも、ぜひ最後までご覧ください(楽しいことが起こります!)。

今回使用したタックル
ロッド:12フィート9インチ#8、11フィート#6
ライン:バリバス マスタースペック ヘビーDライン#8/9、#6/7
リーダー:ナイロン9フィート 0Xもしくは1X
ティペット:フロロ0〜2X 60cm前後


出演:杉浦雄三
収録時間:16分09秒

(2018年3月公開)
※映像内の情報は、収録当時のものです。

杉浦さんがウエットフライとストリーマーの違いを解説した記事はこちら!
WET OR STREAMER?





2018/3/20

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2019年3月号 Early Spring

解禁まで、あと少し。でもまだまだ寒さが厳しいこの時期。早く渓流で遊びたくて仕方がないフライフィッシャーにとっては、大切な準備期間です。今号では「名手の切り札パターン」を特集。手持ちのフライをあれこれ試しても、魚が見向きもしない……。そんな時、名手たちがティペットに結ぶフライは、何なのか? ボックスの隅にひっそりと入っている、いざという時のためのフライを集めてみました。
そのほか、前号に続いてペゾン・ロッドについて大ボリュームで掲載。解禁初期に知っておきたいミッジング&本流ウエットゲームの概論や、北海道の朱鞠内湖におけるイトウ釣りなど、今号もたくさんの記事を詰め込みました。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING