LOGIN

仲野靖のスカジットジャーニー

スカジットキャストの現在

FlyFisher編集部=写真と文

※この動画は、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。


※この動画は2020年6月16日に行なったライブ配信のアーカイブ動画です。


《Profile》
仲野 靖(なかの・やすし) 1969年生まれ。スカジットキャストの考案者エド・ワードさんを中心に立ち上がったメーカーOPST唯一の日本人R&Dスタッフ。スティールヘッドだけでなく、アトランティックサーモンの釣りの経験も豊富。現在は製品開発はもとより、スクールも精力的に開催している。
●FML fmlec.com/


日本に紹介されてから10年以上経過したスカジットキャストおよびその釣りですが、Dループを作るキャスティングの定義の複雑さもあり、特徴やメソッドは理解されきっていない感もあります。

そこで、今回はスカジットキャストの発信元であるOPSTスタッフの仲野靖さんにご出演いただき、詳しくお話を伺います。


1.スカジットキャストの特徴とは

2.ラインのデザインについて

3.キャスティングについて

4.スイングの釣りについて

といったメニューです。


キャスティングと、カナダや北海道で撮影したヒットシーンの動画も使いながら、できるだけ分かりやすく解説します。








配信内で流したヒットシーンの音声付き動画はこちらです。


01
スティールヘッドのヒットシーン@カナダ(6分35秒)


02
スティールヘッドのヒットシーン@カナダ(6分27秒)


03
ニジマスのヒットシーン@北海道(1分50秒)


04
マイクロスカジットでのニジマスのヒットシーン@北海道(56秒)


05
マイクロスカジットでのニジマスのヒットシーン@北海道(38秒)


06
マイクロスカジットでのニジマスのヒットシーン@北海道(38秒)


07
マイクロスカジットでのニジマスのヒットシーン@北海道(3分57秒)


08
マイクロスカジットでのニジマスのヒットシーン@北海道(33秒)


09
マイクロスカジットでのニジマスのヒットシーン@北海道(2分16秒)

出演:仲野靖
収録時間:2時間26分18秒
(2020年6月公開)
※映像内の情報は、収録当時のものです。

2020/7/23

つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…
つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…

最新号 2021年12月号 Mid Autumn

【特集1】水中を釣る、15の視点
【特集2】シンキングラインカタログ

今号は「水中の釣り」の特集です。ウエットフライ、ニンフ、湖のストリーマーと14人の考え方と釣り方、そしてシンキングラインのカタログを掲載しています。
現在、単純に「ウエットフライの釣り」と使うフライの種類で釣り方をカテゴライズすることができなくなってきました。そこで、名手たちに実際に行っている釣り方とそれぞれの考え方をお聞きしたところ、「スイングの釣り」に対して「縦の釣り」と大きく2つに分けたほうがイメージしやすいことが見えてきました。さらには「縦の釣り」も「送り込みの釣り」「ナチュラルの釣り」「トレースの釣り」など微妙に違うメソッドが確立されているようです。
ニンフはルースニングとヨーロピアンニンフィングの考え方、そしてルースニングとアウトリガーのハイブリッドとも呼べるような「ヤッチーニンフ」、湖では、底ベタを釣るレイクトラウトフィッシングを取り上げました。
また、前号で反響が大きかっったゲーリー・ラフォンテーンの「The Dry Fly」についての各エキスパートの感想記事にもページを割いています。


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING