LOGIN

【魂の100投】秋田県/嶋崎了 編

100投以内で尺イワナをねらえ!

嶋崎 了=出演
※この動画は、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。


オープニングはこちらからご覧いただけます!

《Profile》
嶋崎了(しまざき・りょう)
1965年生まれ。江戸川区在住。フライ歴35年。 渓流を中心に、本流、湖もオールラウンドに楽しんでいる。 ティムコ社フライ用品開発担当として、『TMCバイス』、『TMCアジャスタブルマグネットボビン』、『Jストリーム』シリーズなど主要製品を数多く手がける。 『FlyFisher ONLINE』では「嶋崎了のフライタイイングの基礎知識」を連載。

魂の100投。

今回挑戦するのは、嶋崎了さんです。

「魂の100投」とは、1日にキャストできるのは100投限定。自分で設定した目標をめざすドキュメント企画。

6月、秋田県の渓流にて嶋崎さんが立てた目標は……。

ドライフライの釣りで、100投とは、果たして多いのか少ないのか?
ねらうのは小場所なのか大場所なのか?
瀬なのか、巻き返しなのか?

そして、嶋崎さんは尺イワナを手にすることができるのか?

名手が苦労する姿を愛でるのが、この企画の楽しみ方です!

出演:嶋崎 了
収録時間:29分36秒
(2018年8月公開)
※映像内の情報は、収録当時のものです。



2018/8/27

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2018年12月号 Fall

特集は「あの尺ヤマメを逃した理由」。
間違いなくドライフライをくわえたかに見えたのに、痛恨のすっぽ抜け……。誰もが一度はそんな経験をしているはずですが、その理由ははっきりしないことがほとんどです。今回はエキスパートたちが、これまで見聞きしてきたバラシの要因を考察。また、カメラがはっきりとらえたすっぽ抜けの瞬間を解析します。来シーズンに悔しい思いをしなくてすむために、じっくり読んでみてください。
そのほか、秋も楽しめる北海道の釣り場紹介も掲載。さらにぺゾンのバンブーロッドについても、たっぷり誌面を使って掘り下げています。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING