LOGIN

【魂の100投】山梨県・桂川 編

100投内で尺ヤマメをねらえ!

喜久川英仁=出演

※この動画は、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。


《Profile》
喜久川 英仁(きくかわ・ひでひと)
1969年生まれ。神奈川県海老名市在住。狩野川や桂川をホームグラウンドに、シーズン中は尺ヤマメ、尺アマゴにねらいを絞ったマッチング・ザ・ハッチの釣りをメインに楽しむ。一方でグラスロッドを使った釣りや、山岳渓流のイワナ釣りも好き。『FlyFisher ONLINE』では「尺まで届け!」にも登場。

魂の100投。1日にキャストできるのは100投限定。サイトでねらうのもよし、水中を探るのもよし。はたまた幅広いポイントを釣り回るのか、ここぞと決めた場所で粘るのか……。

普段の釣りではまず気にしないキャスト数を限定することによって、よりその日の作戦がより明確になる一方、予想外の展開になった途端に戦略が崩壊してしまう恐れも……。

今回はそんな企画に、マッチング・ザ・ハッチの釣りをメインに楽しんでいる喜久川英仁さんが挑戦。

舞台は解禁間もない人気河川・桂川。シーズン初期から良型ヤマメのライズが多い桂川ですが、限られた投数のなかで目標に設定した尺ヤマメを手にするために、どのように釣りを組み立てるのでしょうか。そして尺ヤマメは……そんな1日の釣りに密着した新しい形の実釣ドキュメントです。

出演:喜久川 英仁
収録時間:37分37秒
(2018年5月公開)
※映像内の情報は、収録当時のものです。

当日使用した、喜久川さんのギア情報はこちら!
喜久川流 渓流ギア





2018/5/2

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2018年12月号 Fall

特集は「あの尺ヤマメを逃した理由」。
間違いなくドライフライをくわえたかに見えたのに、痛恨のすっぽ抜け……。誰もが一度はそんな経験をしているはずですが、その理由ははっきりしないことがほとんどです。今回はエキスパートたちが、これまで見聞きしてきたバラシの要因を考察。また、カメラがはっきりとらえたすっぽ抜けの瞬間を解析します。来シーズンに悔しい思いをしなくてすむために、じっくり読んでみてください。
そのほか、秋も楽しめる北海道の釣り場紹介も掲載。さらにぺゾンのバンブーロッドについても、たっぷり誌面を使って掘り下げています。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING