LOGIN

喜久川流 渓流ギア

防水バッグとサコッシュに収納

喜久川英仁=解説
装備はコンパクトにまとめる。すぐに使うものはサコッシュに収納

桂川や狩野川をホームフィールルドにマッチング・ザ・ハッチの釣りを得意とする喜久川英仁さん。普段の渓流釣行で、主にライズの釣りを楽しむ時に使用しているギア類を紹介します。

《Profile》
喜久川 英仁(きくかわ・ひでひと)
1969年生まれ。神奈川県海老名市在住。狩野川や桂川をホームグラウンドに、シーズン中は尺ヤマメ、尺アマゴにねらいを絞った釣りに通う。グラスロッドを使った釣りも好き。

ウエーダーは2本をローテーションで。特に厚着をしたい時や暑い時など、胸から折り返せるSIMMS 『G3ガイド コンバーチブル ウェーダー』を愛用

ウエーダー、シューズ類はこちらに収納して車内に。サンダルとマットがあれば、着替え時に便利

愛用しているウエーディングシューズ。ステッチがほつれてきたら、アクアシールで補強

ライズを待ちながら、現場で準備

この日訪れた山梨県・桂川の装備。ネットを提げた防水パック(pagtagonia 『ストームフロント・ヒップ・パック』)と、よく使うアイテムを収納するサコッシュ(『銭湯サコッシュ』)という構成


防水パックの中身。頻繁には使わないが、「あると心強い」フライを収納したボックスのほか、カメラ、遊漁券、手ぬぐいなどを収納

こちらはウエットフライ。最近は本流へも行く機会が増えたが、いざという時には渓流でも活躍してくれる

マッチング・ザ・ハッチ用のボックス。シビアなライズにも対応するスペントパターンなどを収める

カメラも収納する防水パックは、テント用のマットを加工したクッションを内蔵。フォーム面に薄く切れ込みを入れておくことで、パックの形に合わせて折れるように工夫

アクセサリー類を取り付けたサコッシュは前面で使用。ちなみにストラップ部分についている小ポーチはティペットなどのゴミ入れとして使用

サコッシュの中身。フロータント剤、ティペット、リーダー、そしてメインに使用するフライボックスを収納。クリッパーやフォーセップなど、よく使うものは外付けにしている

春先の桂川で主に使用するフライを収めたボックス。ほとんどが水面に絡むスペントやクリップルパターン

増水時やライズのない時に活躍するのがニンフ。ドライフライに比べてパターンは少ないので、合わせて使用する粘土タイプのインジケーターやシンカーとセットにしている

常備するフロータント。ポストだけに塗布できるよう、ハケ付きのタイプも用意。右の2つはフライラインやリーダー用

クリッパー2種。特にラインクリーナーを使う時は、下のタイプを愛用

防水パックに取り付けるランディングネットはマグネットタイプのリリーサーで接続。バックアップコードは取り付けない


2018/4/12

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

THE LATEST ISSUE

FlyFisher 2020年9月号Mid Summer

 フックにマテリアルを留めるというテクニックだけでも本が何冊もできてしまうほどの奥深さがありますが、今回は、フライの構造や素材の選び方など、編集部が「面白い!真似したい!」と感じたものを取材しました。渓流から海まで、フライフィッシングの広がりも味わえます。そのほか、国内主要メーカーのフック一覧や、ピーコックコンプリートの解説などもしました。  そして、水生昆虫研究家の刈田敏三さんによる「ドリフティング」も紹介しています。長年の水生昆虫研究にプラスして、水中カメラで渓流に泳ぐヤマメの行動研究を始めた刈田さんによる、より実践的な釣り方と考え方の提案です。  名前は知っていても、その実像はあまり触れられなかった、エンリコ・パグリシさんへのインタビューも実現しました。名前の正しい発音は「パグリシ」ではなく、「プッリージ」だったことが判明するなど、楽しくもヒントに溢れる内容です。したがって今後小誌では、エンリコ・プッリージさんと表記します。  大好評、備前貢さんの「オホーツク通信」では、今回もさまざまなタイイングの技が紹介されています。中でも、ピーコックハールをティンセルで挟んでねじるという、ボリュームと強度を同時に出せる手法を使った、豊満なプロポーションのロイヤルウルフは最高です!
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

THE LATEST ISSUE

FlyFisher 2020年9月号Mid Summer

 フックにマテリアルを留めるというテクニックだけでも本が何冊もできてしまうほどの奥深さがありますが、今回は、フライの構造や素材の選び方など、編集部が「面白い!真似したい!」と感じたものを取材しました。渓流から海まで、フライフィッシングの広がりも味わえます。そのほか、国内主要メーカーのフック一覧や、ピーコックコンプリートの解説などもしました。  そして、水生昆虫研究家の刈田敏三さんによる「ドリフティング」も紹介しています。長年の水生昆虫研究にプラスして、水中カメラで渓流に泳ぐヤマメの行動研究を始めた刈田さんによる、より実践的な釣り方と考え方の提案です。  名前は知っていても、その実像はあまり触れられなかった、エンリコ・パグリシさんへのインタビューも実現しました。名前の正しい発音は「パグリシ」ではなく、「プッリージ」だったことが判明するなど、楽しくもヒントに溢れる内容です。したがって今後小誌では、エンリコ・プッリージさんと表記します。  大好評、備前貢さんの「オホーツク通信」では、今回もさまざまなタイイングの技が紹介されています。中でも、ピーコックハールをティンセルで挟んでねじるという、ボリュームと強度を同時に出せる手法を使った、豊満なプロポーションのロイヤルウルフは最高です!

最新号 2020年9月号 Mid Summer

特集
晴釣雨巻
現場から生まれた、個性的タイイング

フックにマテリアルを留めるというテクニックだけでも本が何冊もできてしまうほどの奥深さがありますが、今回は、フライの構造や素材の選び方など、編集部が「面白い!真似したい!」と感じたものを取材しました。渓流から海まで、フライフィッシングの広がりも味わえます。そのほか、国内主要メーカーのフック一覧や、ピーコックコンプリートの解説などもしました。
 そして、水生昆虫研究家の刈田敏三さんによる「ドリフティング」も紹介しています。長年の水生昆虫研究にプラスして、水中カメラで渓流に泳ぐヤマメの行動研究を始めた刈田さんによる、より実践的な釣り方と考え方の提案です。
 名前は知っていても、その実像はあまり触れられなかった、エンリコ・パグリシさんへのインタビューも実現しました。名前の正しい発音は「パグリシ」ではなく、「プッリージ」だったことが判明するなど、楽しくもヒントに溢れる内容です。したがって今後小誌では、エンリコ・プッリージさんと表記します。
 大好評、備前貢さんの「オホーツク通信」では、今回もさまざまなタイイングの技が紹介されています。中でも、ピーコックハールをティンセルで挟んでねじるという、ボリュームと強度を同時に出せる手法を使った、豊満なプロポーションのロイヤルウルフは最高です!
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING