LOGIN

スイングフライのタイイング

2021年2月19日(金)、19時30分スタート

FlyFisher編集部=写真と文

『スイングフライのタイイング』

■開催日:2021年2月19日(金)
■時間:19時30分〜20時30分


どなたでも、こちらから視聴できます。

動画リンクはこちら

FlyFisherのフェイスブックページでも同時に配信します。

環境に合わせてお楽しみください。

また、映像は配信後アーカイブとしてFlyFisher ONLINEのMOVIEページで公開しますので、見逃した方(FlyFisher ONLINE会員限定です)もご覧いただけます。

《Profile》
仲野 靖(なかの・やすし) 1969年生まれ。スカジットキャストの考案者エド・ワードさんを中心に立ち上がったメーカーOPST唯一の日本人R&Dスタッフ。スティールヘッドだけでなく、アトランティックサーモンの釣りの経験も豊富。現在は製品開発はもとより、スクールも精力的に開催している。
●FML fmlec.com/


今回巻くフライはこちらです。



OPSTの仲野靖さんに「スイングフライ」と呼ばれるパターンを解説していただきます。

形状はどちらかというとストリーマーに近いのかもしれませんが、スイングさせて使うフライの総称として北米などでは存在感を高めています。

ストリップトラビットを使った、日本でも実績のある「スイングリーチ」を巻きながら



スイングの釣りとは?
(現在北米で注目されているトラウトスペイやマイクロスカジットについて)


対象魚の違い
(スティールヘッドとアトランティックサーモン、川に定着しているニジマスの違い)


それぞれの対象魚に向けて選ぶべきマテリアルの特徴


同じくフライ形状の違い
(形、大きさ、重さなど)

などを解説していただく予定です。


このタイプのフライとしては「イントゥルーダー」が有名ですが、これはウインタースティールヘッドを釣るために考案されたもので、そのまま日本のニジマスに有効なわけではありません。

対象魚の特性をふまえたフライの巻き方や使い方、考え方を徹底的にお聞きします!


2021/2/14

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 2,750円(税込) A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 2,750円(税込) A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

最新号 2021年3月号 Early Spring

今回はキャスティングとリールと大きく2つの特集を組みました。

 ご存知のとおり、フライキャスティングはキャスターそれぞれに
理論と動作が存在するといっても過言ではありません。
本特集では、さまざまな用語で語られるキャスティングを、海外とも深いコネクションを持ち、
インストラクタープログラムの日本定着にも大きく貢献した東知憲さんとともに、
渓流、湖、海、それぞれのエキスパートたちを訪ね、彼らとともにキャスティングを掘り下げました。
彼らの相違点と共通点、興味深い言葉を引き出すことができました。
読者の皆様のフライキャスティング上達へのヒントになれば幸いです。
 そして、もうひとつの特集はフライリール。70台以上が並びます。
日本におけるフライリールの歴史や、リールを愛しすぎて自分で作りはじめたガレージメーカーへのインタビューなど、
物欲を刺激するページが続きます。

[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING