LOGIN
フライフィッシングショップ ビギナーズ・マム

みんなで語ろう、ゲーリー・ラフォーンテーン2

2022年3月28日(月)20時〜ライブ配信!

FlyFisher編集部=写真と文


故ゲーリー・ラフォンテーンの著書、『The Dry Fly』の翻訳プロジェクトが、現在クラウドファンディングにて支援者を募集しています。

そこで日本のフライフィッシャーの方々に、ゲーリー・ラフォンテーンさんの「すごさ」を語っていただくトークライブを開催いたします。

今回は「そうはいっても、この本にはそもそも何が書かれているのか?」という多くの方の疑問にお応えするべく、渓流のエキスパート嶋崎了さんと、湖のエキスパート山口直哉さんにご登場いただき、彼らからの素朴な質問を翻訳者である東知憲さんにぶつけてみる、という内容でお送りいたします。

運営側も意外だったのは、中禅寺湖をホームグラウンドにする山口さんの食いつきぶり。

止水のドライフライは河川とはまた違ったシビアさが求められることも多く、『The Dry Fly』にはヒントになることが何か書かれていそうだ、とのことでした。

日時は3月28日(月)20〜21時。

前回とは違った角度から本書の魅力に迫ります!


クラウドファンディングサイトはこちら
https://camp-fire.jp/projects/view/556083

「The Dry Fly」特設サイトはこちら
https://the-dry-fly.tsuribito.co.jp/

今回もYouTubeとFacebookからご覧いただけます。

YouTube
https://youtu.be/yJG-8GzJbAE

Facebook
https://www.facebook.com/FlyFisherMagazine

ぜひお楽しみください!

2022/3/25

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING