LOGIN

第2回釣り人道具店ショップ周辺情報!

7月20日(金)、16時からです!

FlyFisher編集部=写真と文


みなさんこんにちは。釣り人道具店です。

以前からお知らせしているとおり、7月20日(金)、16時から第2回釣り人道具店ポップアップショップ+ガレージセールを行ないます!
第1回の模様はこちら!

場所は前回と同じ(株)つり人社本社ビル(東京都千代田区神田神保町1-30-13)の1階駐車場です。





今回は会社帰りに寄りたいとの声にお応えしての、平日開催。終了時間は20時となります。金曜日、20時終了となれば……、帰りに一杯、というお楽しみもあることでしょう。

そこで、つり人社周辺にある飲み屋、お食事どころを掲載します!

そう思い立ってカメラ片手にざっと一周しただけですが、改めて数えてみるとなんと25軒! すべて会場から半径300m以内、いや、200歩以内といってよいでしょう。毎日飲んでもコンプリートするには約1ヵ月かかります。

会場のお隣です。

ここは会場の向かい。カレー屋です。

斜め向かいくらいに位置する肉居酒屋(というジャンルがあればですが)。

小料理屋です。

餃子とワインがウリ。

中華ももちろんあります。

最近オープンした和食のお店。

こちらも最近オープン、イタリアン。ひふみんが来た!との貼り紙あり。

こちらもイタリアン。女子多め。

創作居酒屋。

映画やドラマの撮影を頻繁にやっています。

夏ですが、おでん屋です。

リーズナブルな焼き鳥屋。

寿司屋もあります。

こちらはうどんと酒。

ごく最近オープン。実力は未知数です。

カナダをイメージしたカフェ。スキーの映像など流してます。

新潟、へぎそばのお店。

流行りの古民家系。

ザ居酒屋。

ここも最近オープン。焼き鳥がメイン。

ビストロ系。昼間からビール飲んでいる人も少なくありません。

会場の左隣はイタリアン。

社員もよくお世話になる蕎麦屋です。

社内では「ホッピー」というコードネームで呼ばれています。


ご覧のように新しくて個性的なお店もあれば、老舗もあります。大抵のお店には足を運んでいますが、あえて評価はしません。みなさんの嗅覚でチョイスしてみてください!

もちろんあと100歩、200歩と範囲を広げれば、さらにたくさんの店があります。買い物帰りにぜひ、神保町飲みをお楽しみください!

また、今回もつり人社のガレージセールとして、古本を展示販売いたします!
たとえば一部を紹介すると……。








夕涼みがてら、一週間の疲れを癒しに神保町へお越しください! みなさまのお越しをお待ちしております!

第2回釣り人道具店ポップアップショップ+ガレージセール
日時:2018年7月20日(金) 16時〜20時
場所:(株)つり人社本社ビル(東京都千代田区神田神保町1-30-13)

2018/7/18

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

最新号 2020年12月号 Mid Autumn

特集
共鳴するウエットフライ
エキスパートが実践していること

 今号の特集はウエットフライ。十人十色、という言葉がこれほどマッチするフライフィッシングはないかもしれません。エキスパートたちには「この釣りを始めたきっかけ」から、今実践しているテクニックまで、さまざまな質問をぶつけてみました。すると、実は似たような釣り方をしていることも少なくない、ということに気づかされました。
 先般22年ぶりの復刊となった、佐藤成史さん著『瀬戸際の渓魚たち』。Special Topicsと題しまして、阿武隈高地の天然イワナについて現状を取材してきました。日本列島形成の背景をもとに浮かび上がってきたのは、イワナたちの「山越え」という仮説。人類の営みと比べたら気の遠くなるような時間をかけて脈々と受け継がれてきたイワナたちの「血」。そんな歴史を感じることのできる幸福と、現状への警鐘があぶり出されています。
 巻末の長編特集は、来日も幾度となく果たし、「フライキャスティング」に大変革をもたらしたといってよい、メル・クリーガーさんを紹介しています。メルさんをよく知る5名に、知られざる側面を含めた彼の功績、人となりを語ってもらいました。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING